短時間で無難な格好が作れる!フリーランスにおすすめの服装【メンズ編】


フリーランスはどんな服装で仕事すればいい??

フリーランスは自分がボスなので、好きな服装で仕事が出来るのが魅力ですよね。

ただ、それだけ服装の自由度が高いだけあって、

仕事の時にどんな服装すればいいのか?

を迷ってしまうかもしれませんね。

 

僕自身は打ち合わせや面談などがなく、一人で黙々とやるタイプのフリーランスですので、

いかに無難な格好を、いかに少ない意思決定数で作るか?

を基準に日々服装を選んで生きてきました。

今日は丸3年黙々系フリーランスをやってきてわかってきた

効率の良いフリーランスの服装の選び方(メンズ編)を紹介していきたいと思います。

 

 

フリーランスの服装は効率重視

ズバリ言ってしまうと、

下は黒ズボンに黒い靴、上は自由

というスタイルです。

これならば、下半身の服装が決まっているので、服を選ぶ時は

上の服装だけを考えればいいのです。

決定数が減りエネルギーを節約して服を選べます。

 

このヒントは MBさんというファッション理論を作ってくれた方の本「幸服論」を読んで習得しました。

 

 

彼のファッション理論によると、現代のメンズの無難なファッションは

  • I型
  • Y型
  • A型

の3タイプあるみたいです。

 

I 型は上下ともにスキニーな細身の格好。

V 型は上だけ緩めの服を着て、下はタイトなスキニー。

A型は逆に、上はタイトにして、下は崩すスタイルになります。

 

この状況において、下半身に細身の黒長ズボンを固定するだけで、

何をきても「I型」「V型」のファッションが完成します。

上半身もタイトな格好にすれば「I型」になりますし、上半身をダボっとカジュアルにすれば「V型」になります。

つまり、下をスキニーというかすらっと系にしてやれば、どの服を選んでも無難に服を着こなせることになるのですね。

 

そして、この「黒ズボン」と「黒い靴」という組み合わせによって、下半身のズボンと黒い靴が繋がっているように見えるので、

若干、足が長く見える

というおまけの現象もついてきます。

これは僕のように足が短めのフリーランスの方に嬉しいニュースですね。

 

 

僕自身この理論で服を着てみたところ、

ある程度無難な最低限のマナーのある服装を短時間で作れるようになりました。

服にかける時間や意思決定数が減り、快適に過ごせるようになりフリーランスとして生活できるようになりました。

 

このスタイルで生活するために、僕は黒いスキニーのズボンを H & M とユニクロで5着ほど購入。

そして、黒い靴を2足購入しました。

残りの上半身は季節によってシャツを着たり、 T シャツを着たり、コートを羽織ったりするだけでいいので、圧倒的に服選びが楽になりましたね。

僕と同じように人に合わさない系のフリーランスで、かつ、メンズの方には黒いスキニーのパンツがおすすめです。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる