フリーランスになると「友達ができにくい」って本当??


フリーランスになると大きな変化が・・・!

フリーランスになると、

どの組織にも属していない状態になります。

軌道を外さずに生きてきた人にとって「無所属になる」というハプニングはそうそうありません。

  • 幼稚園
  • 小学校
  • 中学校
  • 高校
  • 大学
  • 会社

など、順風満帆に生きてくると、ステージは異なれど、常時いずれかの組織に属してきたのではないでしょうか。

 

それゆえ、フリーランスになってみると、

どこの組織に属していないがゆえに起こる変化

がたくさんあると思います。

 

その中の1つに、

友達ができにくくなる

があります。

ちょっと湿っぽくいうと、

出会いがない

と形容できるかもしれません。

 

これは一体どういうことなのでしょうか?

僕自身、元から友達が少ないやつでしたが、フリーランスになると、

友達のできにくさが加速。

今は限りなくゼロに近い状態になっていますね。

 

 

フリーランスになると「友達ができにくい」理由

その理由の1つとして考えられるのが、

フリーランスになると「同列」がいなくなるから

です。

組織に属すると、ヒエラルキー的に自分と同じ人物がいたはず。

小学校ならクラスメート、中学校の部活の仲間、大学ならば同じサークルの友人、とかですかね。

 

組織に属しているならば、「トップの責任者」にならない限り、同列の人間は必ずいるはずです。

会社でいうと、平社員なら平社員、係長なら係長、専務なら専務、と、トップのCEOにならない限り、同じ階級の人が自分以外にもいるでしょう。

「同列がいない状態」はよほど昇進しなければ起こり得ないのですね。

 

しかしながら、フリーランスになってしまうと、

昇進しなくてもいきなり「同列がいない孤独」を味わえます。

なにせ「自分がボス」になってしまうからですね。

個人事業主だけど「主が2人」なんて奇跡は起こらないのです。

 

それじゃあ、

「同じフリーランス同士なら友達になれるんじゃないか?」

と思うかもしれませんが、これもまぁ友達になりにくいです。

なぜなら、属している組織が異なるので、

簡単に手の内を明かせくなるからです。

つまりは、隠し事が増えるのです。

 

これは何もフリーランスだけではなく、起業した人、生徒会長になった生徒、校長など

組織にたった1人しかいないポジション

についた人はフリーランスと同様に「同列がいない孤独」を味わうことになり、まず友達はできにくいでしょう。

この状態になると、

内にも外にも友達ができにくくなります。

 

これからフリーになろうと思っている方は「同列がいない孤独」に耐える覚悟を持った上で決断してみましょう。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる