「会計を知らずにフリーランス」は「点数計算を知らずに麻雀」と一緒




 

フリーランスになってから4度目の確定申告に挑んでいますが、4回目と言えどもなかなか慣れません。

そして、

つらい

です。

 

年度によって新しいイベントが発生し、その都度調べて自分の書類を作らねばなりません。

昨年度でいうと、株の売買の損失が発生。その株の損失にまつわる確定申告をする必要が出てきました。

確定申告する前はてっきり、事業所得と株の損失を損益通算できると思っていたのですが、調べてみると、

株の損は事業の黒字で打ち消せないようです。その逆の、

事業の赤字は、株の黒字で打ち消せるみたいですけどね。

しかも、損益通算できる所得の種類がグループ分けされていて、そのグループ内で損益通算をしてもいいけど、違うグループ同士はまた話が別、とか、もうほんとややこしい。

そこに、なぜか配当所得が絡んできて、配当所得を分離申告すれば、配当の所得を株の譲渡損失と打ち消せるようでした。

いやあ、ほんと、むり。

 

書いててよく分からなくなっていますが、本当確定申告は奥が深いなぁとしみじみ思います。

そんなことを身をもって体験していたら、ふと、

学生時代にやっていた麻雀

を思い出しました。

麻雀といえば4人であそぶ遊戯。

13の牌を組み合わせて役を作って点棒を奪い合うゲームです。

じつは、この麻雀も確定申告と同様に、奥が深い点数計算のルールになっているのです。

 

13の牌で作った役の「翻数(はんすう)」と呼ばれる強さだけではなく、「符数(ふすう)」という得点に絡む2つ目の要素が存在しているのです。

「符数」とは言ってしまえば、上がりにくさを点数に反映するシステムなのですが、この「翻数」と「符数」の組み合わせで点数計算するので、

割と麻雀の点数計算は複雑。

例えば、2翻の上がり役でも、

20符2翻なのか?30符2翻なのか?

によって点数が異なってくるんです。

しかも、自分が親の場合とか、子のケースで点数が異なってくる複雑さも兼ね揃えています。

麻雀の点数計算はさらっと覚えられるものでなく、実際に意識的に勉強して暗記しないといけません。

正直言って、麻雀の点数計算は初心者には荷が重すぎるのです。

 

麻雀の点数計算が複雑であることから、点数計算を覚えずに麻雀する人が多いこと。

僕もそのうちの1人だったのですが、やはり麻雀の仲間でうっていても、点数計算をしっかり覚えている奴が強かったです。

計算ができればオーラスでトップをまくるための計算もできますし、それを見越して手を作っていけるのでやはり強いです。

自然と勝率は上がります。

 

もし、点数計算を覚えていないと雰囲気で役を作って、あがってから点数は計算できる奴に聞く、ということになってしまいます。

これではなかなか勝つ手を作りにくくなってしまいますね。

 

僕も学生生活の途中で点数計算の必要に気付き、ググって猛スピードで点数計算を勉強していきました。

確かググって出てきたサイトページを印刷までしちゃっていたと思います。

 

その勉強の成果も出て、なんとかで麻雀の点数計算を覚えられるようになり、計算を知らないプレイヤーから

「ねえ、おれの点数って何点?」

と聞かれるようになったほどです。

 

さて、点数計算を覚えて勝率が上がったかはさておき、

まさに「麻雀の点数計算」は「フリーランスにとっての会計」だと気付いたのです。

別に会計を知らなくても売上さえあがっていればフリーランスを続けられます。これは点数計算できなくても役と基本的なルールさえ分かっていればいいのと同じこと。

 

しかし、点数計算ができないと、雰囲気でフリーランスとして生きてしまうことになります。

どうしても点数計算を覚えたくないなら、点数計算に詳しいやつ(税理士etc)に質問するか、もしくは、点数計算ごと丸投げしたりすることに。

ただ、やはり点数計算を知らずに麻雀を打っていては、オーラスでトップをまくる手をつくれません。

結果的に勝率も上がらないでしょう。

 

僕も今まで会計知識なしでいきなりフリーランスになってしまって、クラウド会計ソフトという点数計算ソフトに頼って麻雀を打ってきました。

しかし、4回目の確定申告を経て、ようやく、

フリーランスで生きるためには点数計算ができないとダメだ

と悟ったのです。

今年度はフリーランスとして生きながら、1人の会社(マイクロ法人)を作ってみて、法人のことを勉強しながら、点数計算をも同時に身をもって学び、麻雀を打っていこうと誓ったのでした。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。