フリーランスは風邪を引きにくい4つの理由




フリーランスは風邪を引きにくい・・・!?

フリーランスになってから早くも4度目の冬を迎えようとしていますが、

「そういえばフリーになってから風邪を引いていないなぁ」

と気づいたのです。

会社員の頃は頻繁に体調を崩してゴホゴホしていた身なのですが、フリーランスになってから「小さなウイルス」にかかり体調不良に陥ることがなくなりました。

街を歩いていても、カフェに入っても、体調を崩して咳払いをしたり、くしゃみを連発したりしているプレイヤーが多いにもかかわらず、です。

それでは、

なぜフリーランスになってから健康体になったのでしょうか。

今日はその「フリーランスになると風邪を引きにくくなる理由」をひもといてみました。

 

 

フリーランスになると風邪を引きにくくなる理由

その理由は、次の4つです。

 

感染源と接触回数が減るから

風邪などの小さい病気でも原因はなんだかんだウイルスで、

人を媒介として感染することが多いですよね。

フリーランスになってから幸か不幸か、「強制的に人が多く集まる場所」に行かなくなったので、感染源に触れる回数が減りました。

その結果、ウイルスと出会いにくくなったのでは、と思います。

感染源が多く潜伏している場所といえば、

  • 満員電車
  • 会社のフロア

とかですかね。

人が多いということはそれだけ「ウイルスを持っている人」の母数も多いのは当然のこと。

このような環境に日々身を置いていては、風邪をひきやすいに決まっています。

 

あと、僕の場合、

人と話をしながら仕事するわけではない「黙々系のフリーランス」なので、

発話回数が減って「鼻呼吸」になっていることも要因の1つかもしれません。

 

鼻呼吸になると、鼻の粘膜でウイルスや細菌などを一旦ブロックできるので、口呼吸よりも感染確率が減ってますね。

また、「人から発話される回数」も減っているので、

他人の口から出てくるウイルスにも接触しなくなりました。

書いていて悲しくなってきましたが、このように

「場所の自由」と「発話回数の低下」から、フリーランスになってから健康力がアップしちゃっています。

 

不健康のメリットがなくなった

会社員や学生など組織に属している時は、風邪をひいて不健康になるメリットが若干ありました。

例えば、

  • 嫌な仕事をしなくて済む
  • 職場まで通勤しなくて済む
  • 周囲から若干心配される
  • 学校を合法的に休める

などですかね。

 

しかしながら、無所属のフリーランスになってから、

不健康のメリットが完全に消失。

風邪を引いて不健康になると、

ただ、ただ、辛いだけ。

生産性は下がるし、誰も心配してくれないし、損しかありません。

 

ゆえに、フリーランスになると健康への関心が高めざるを得なくなり、健康体を目指して行動するようになります。

食事に気を遣い、運動をするようになります。

健康体でいなければならないプレッシャーもあるので、メンタル面からウイルスが侵入する余地もありません。

 

身体感覚が鋭くなった

フリーランスになると、自分のパフォーマンスに意識を集中させることになり、

意識を自分に向けることが増えます。

それゆえ、長期間フリーランスでいると嘘のように聞こえるかもしれませんが、

身体感覚が鋭くなっていきます。

 

身体感覚とは、身体のどこの筋肉が今動いている、など細かい自分の身体の状態を感じる能力ですね。

この身体感覚の高まりにより、

体調不良の前兆を察知しやすくなりました。

例えば、朝起きてから

  • 今日は胃が重いなぁ
  • 喉がカラカラするなら
  • 首が重いなぁ

など、定常状態との差異を感じ取り、病気の発症前に対処できるようになります。

会社員の時はタスクに忙殺されていて、体調の異変を感じ取る余裕なんてありませんでしたね。

 

柔軟に休憩できる

フリーランスは自分がボスなので、好きなタイミングで休息できます。

先ほどの「体調不良を察知する能力」にも繋がってくるのですが、

体調不良の前兆を察知したらスケジュール調整できます。

自分の好きなように休みが取れるのがいいですよね。

 

たとえば、疲れた時は早く寝るようにスケジュールを調整してやればいいのです。

フリーランスは会社員のように誰かに労働を強制されることがないので、健康を犠牲にしてまでも無理しなくなります。

丑三つ時丑までパワポ資料を作らされたり、目標の売上を達成するために昼夜奔走する必要はありません。

フリーランスは発病しそうだったら休めばいいのですね。

 

 

フリーランスは本当に健康なのか・・・・?

こうやって「フリーランスの健康」について書いていると、

フリーランスになれば健康体になることが約束されている

なんて、いかにもおいしいことばかりのように思いますね。

 

しかしながら、フリーランスになるとフィジカルのヘルスは高まるかもしれませんが、僕が思うのに、

メンタルヘルスは危うくなる

ということです。

 

風邪をひきにくくなる代わりに、

孤独と向き合って乗り越えていくことを求められます。

 

フリーランスの孤独を飼いならさなければ、フリーで継続的に活動を続けることはまずできないでしょう。

このように、フリーランスと会社員ではメリット、デメリットは大きく異なるので、フリーランスに興味がある方は「フリーランスの向き・不向きの記事」も読んでみてくださいね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。