なぜ個人事業主の接待交際費は上限がないのか?


個人事業主の接待交際費は上限がない!?

どうも、Linです。カリフラワー、探してます。

 

税金の勉強するために数々の確定申告やフリーランスの税金の本を読んできましたが、多くの本でふられていたのが

個人事業主の接待交際費は法人と比べて優遇されていること

です。

じつは、

個人事業主の接待交際費は上限がなく無制限になっているのです。

 

最近読んだ「確定申告の裏ワザ」という本にも

個人事業主にとって「接待交際費」というのはとても有利にできています。

というのも、個人事業主、フリーランサーは、税務上、接待交際費の上限がないのです。つまり、個人事業主、フリーランサーは、原則として交際費をいくら使っても経費にすることができるのです。

と書かれていて、

「ええええ、そうなんだ」

と思った覚えがあります。

法人の場合、

大企業:接待交際費のうち飲食費は50%まで

中小企業:800万円までの接待交際費、または接待交際費のうち飲食費は50%までのどちらか選べる

というように接待交際費の上限が定められてますからね。

この接待交際費という勘定科目において、圧倒的に個人が優遇されていて、法人化しないメリットとも言えるのです。

 

全く関係のない飲食費用の経費計上はだめですが、ちょっとでも仕事に関係のある会食ならば経費に算入してもいいですね。(1人ではなく2人以上)

もらったレシートの裏に

  • 会食の概要
  • 目的
  • 登場人物

を書いておけば万事オッケー。

税務調査が入った場合でもうまく説明して切り抜けられると思います。

いやあ、ありがたい。

 

 

なぜ、個人事業主の接待交際費はなぜ上限がないのか?

接待交際費の点で個人が優遇されているのはなぜでしょうか?

これは1個人のフリーランスのぼくが知る由もありませんが、おそらく、

ぼっちになるな。ビジネスチャンスは人との交流から生まれるんだ

という政府からのメッセージなのかもしれません。

 

特に、僕のようにただパソコンに向き合って仕事をしているフリーランスは、なかなか会食する機会がありません。

あまりにも喋らなすぎて声が気づいたら死んでいることもあります。

そのため、ぼくはそんなに接待交際費を計上できていません、残念ながら。会食自体がないので上限ないよって言われても嬉しくないのです笑

 

ただ、この「接待交際費」は個人事業主が優遇されているポイントなので、

「まあ、もっと外に出て人と関わってみるか」

という気にはなりますよね。

おそらくこれが政府の狙いで、この勘定科目をフルに活かしてビジネスチャンスを作っていくべきなんでしょう。

フリーランスよ、 PC を捨てて繁華街に出よ

と。

 

とはいえ、普通に考えてそんなに外食がばんばんあるわけでもないので、僕個人としては、

誰かと食事する機会があったら接待交際費で計上ができないかと考えるようにしよう

と思います。

ちょっとでも仕事につながるストーリーがあれば接待交際費に計上できるみたいなので、チャンスを伺って街に繰り出してみようと思います。

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる