確定申告すると出てくる!復興特別所得税とは何もの??


復興特別所得税とはどんな税金??

どうも、Linです。モンブラン、仕入れました。

 

確定申告をすると、色々な税金を計算してみることになるので、

自分がいくら、どの税金に支払っているのか?

という細かい数値まで見ることができるのが一つの確定申告をするメリットだと思います。

そんな確定申告をしていると、まず目にすることになるのが

復興特別所得税

というものです。

こちらは確定申告書B の41番に記載された金額でありまして、諸々の計算結果を経て算出された「基準所得税額」という所得税の卵に、2.1%を掛けたものが復興特別所得税として計算されています。

 

そこで今日は、一旦立ち止まり、

復興特別所得税とは何者なんでしょうか??

今日は確定申告をしたついでにその正体を明らかにしておこうと思います。

 

 

復興特別所得税とは??

まずこちらの国税庁のページを見てみると、復興特別所得税とは次のように説明がされています。

平成23年12月2日に東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法(平成23年法律第117号)が公布され、「復興特別所得税」及び「復興特別法人税」が創設されました。

つまり、2011年3月11日に起きた東日本大震災の復興のために割り当てられる財源を確保するために設けられた比較的新しい税金ということになります。

 

課税対象は所得税を納める予定がある個人すべての人。

所得税を納めている全ての方はこのように復興特別所得税という形で震災からの復興に協力できているんですね。

会社員の方は源泉徴収で納めているみたいです

 

「震災からの復興」という目的で設けられた税金のため、永続的に存在しているものではなく、

平成25年から平成49年まで

の24年間にかけて払い続けることになっています。

平成49年を西暦に置き換えてみると2037年なので、まだまだ払い続けることになりそうな税金ということがわかります。

 

 

復興特別所得税の計算方法

それではこの復興特別所得税の計算方法を見ていきましょう。

 

計算式

こちらの国税庁のページによると

復興特別所得税額 = 基準所得税額 × 2.1%

という計算式で算出できると書いてあります。

 

復興所得税 計算方法

 

1円以上の端数の切り捨てなどは行わず、1円単位まで計算することになっています。ただし、1円未満は全て切り捨てみたいですが

 

基準所得税額とは??

ということで、復興特別所得税とは基準所得税というやつに2.1%をかければ計算できることはわかりました。

ここで新しく出てきたのが、

基準所得税額。

こいつは

課税所得に所得税率をかけた金額

のことでありまして、復興特別所得税が出て来る前はこの基準所得税にあたるものを確定申告して所得税として払っていたのです。

復興所得税 計算方法

基準所得税額の計算は簡単で、

  1. 売上から経費を引いて所得を計算
  2. 所得から控除を引いて課税所得を計算
  3. 課税所得に所得税率をかけて基準所得税を計算

という3ステップで計算できますよ。

 

復興所得税 計算方法

 

詳しくはこちらの所得税の計算方法を参考にしてみてくださいね。

 

所得税+復興所得税を一度に払う

基準所得税額に2.1%をかければいいだけなので、復興特別所得税額自体の計算は楽勝ですね。

 

で、この「復興所得税額」を「基準所得税額」に上乗せして合計した金額が、その年度の確定申告後に支払う納税額になります。

だから、確定申告後に所得税を支払うというより、もっと正式に言えば、

「所得税及び復興所得税」を納税する

と言ったほうがいいですね。

 

復興所得税 計算方法

 

現に、確定申告書Bにも「所得税」単独の記載はなされておらず、確定申告後に支払う税金のことを

所得税及び復興所得

と呼んでいます。

復興所得税 計算方法

 

具体的な計算例

ここまでで大体復興所得税の計算方法はわかったので、ちょっと具体的な計算例を見ていきましょう。

例えば、

  • 売上500万円
  • 経費200万円
  • 控除100万円

のプレイヤーがいたとしましょう。

売上から経費を引いた金額が所得になるので、所得は300万円。

そして、控除が100万円なので、所得から100万円を引いた200万円が課税所得になります。

で、所得が200万円の場合の所得税率は10%パーセントになりますので(こちらの国税庁のページを参考)、所得税を計算してみると、

200万 × 10% – 97,500

= ¥102,500

になります。

これが先ほどちらっと出てきたが基準所得税になりますね。

 

そして、さらにこの基準所得税に2.1%をかけた金額が復興特別所得税になりますので計算してみるとまると、

¥102,500 × 2.1%

= 2152.5

= ¥2,152(1円未満切り捨て)

になりますね。

したがって、このプレイヤーが確定申告後に納める「所得税及び復興所得税」はこいつにさっきの基準所得税額を足したものになるので、

(基準所得税額)+(復興特別所得税額)

= ¥102,500 + ¥2,152

= ¥104,652

になるのです。

 

 

復興特別所得税の計算もfreeeな楽勝!

という感じで、この復興特別所得税の計算は2.1%という微妙なパーセンテージをかけて計算するのでちょっと計算が面倒くさくなってしまいます。

1円未満は切り捨てですが、1円まできっちり計算しないといけないのでミスにも気を付けたいところですね。

僕はクラウド会計ソフトfreeeで確定申告したのですが、freeeなら取引を登録しておけば、復興特別所得税の計算も自動で行ってくれて書く場所にも困らないで済みましたよ。

良かったら使ってみてください。

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる