還付はいつになる??ふるさと納税の所得税控除分の計算方法


ふるさと納税の所得税控除分の計算方法は??

ふるさと納税といえば、実質2000円で返礼品が受け取れるお得な制度。

前回、ふるさと納税の控除額のうち「住民税控除」を解説してきたんですが、今日はもう1つの

所得税控除額の計算方法を掘り下げてみようと思います。

 

 

ズバリ、所得税控除額の計算式は次のようになっています。

(寄付金-2000円)× 所得税率

 

ふるさと納税 所得税

 

なぜなら、ふるさと納税では、寄付金から2000円を引いた金額を課税所得から控除できるからですね。

この控除額を「ふるさと納税の所得税控除」と呼んでいます。

 

 

所得が大きいほどふるさと納税の所得税控除は大きくなる

先ほどの計算式を見てお気づきの方もいると思うんですが、

所得税控除額は所得税率が大きいほど控除額が大きくなります。

 

ふるさと納税 所得税

 

ご存知の通り、所得税率は「累進課税制度」になっていて、所得が大きい人ほど税率が大きくなっているからですね。

こちらの国税庁のページによると、次のような表になっています↓

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円
ただ、所得税控除は所得が大きいほど大きくなりますが、住民税控除の特例分は逆に小さくなってしまうのでプラスマイナスゼロって感じですね

 

例えば、所得180万円のプレイヤーが、ふるさと納税で2万円を寄付したとしましょう。

先ほどの所得税率の表を見てみると、180万円の所得の所得税率は5%。

したがって、このプレイヤーは

(20,000-2,000)× 5%

=900円

の所得税控除分が還付されるのです。

 

 

ふるさと納税の所得税控除額はいつ還付されるの?

ふるさと納税の所得税控除額の計算方法はだいたいわかりました。

あとは、

ふるさと納税の所得税控除が還付されるタイミング

が気になりますよね?

ズバリ言ってしまうと、

確定申告後です。

 

毎年1〜12月を1つの会計年度として、その1年で発生した所得を申告して、所得税を納める行為を「確定申告」と呼んでいます。

この確定申告は毎年2月16日〜3月15日ぐらい。

そして、確定申告を終えて、所得税を納める2月・3月に所得税控除分の還付金が返ってくることになります。

 

1月〜12月という会計年度に対して確定申告するため、手っ取り早く還付金を受け取りたいなら、

年度がしまる直前の12月にふるさと納税するのがおすすめです。

ふるさと納税に興味が出てきた方は「ふるさと納税のやり方」を読んでみてくださいね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる