【口コミ・評判】疲れ目を癒そう!蒸気でホットアイマスクを使ってみた




パソコン画面を見続けて疲れるのは当たり前!

近年増えてきたパソコンによるデスクワーク。

画面を凝視し続けるため、目の負担は大きく、疲れるのは当然のことです。

 

ぼく自身、ブログを始めた時にぶち当たったのがこの「目の疲れ問題」でした。

ブログを書く前は、これほどパソコンに向き合わなかったですから。

 

今回、「目の疲れ対策」として導入してみたのが、

めぐりズムの蒸気でホットアイマスクです。

 

こちらは簡単にいうと、

空気にあてるとあったかくなるパッド。

パッドを両目に当てて目元をほぐすのです。

コンビニでも購入できるので、目が疲れたらすぐに試せますね。

 

蒸気でホットアイマスクの使い方

使い方は意外に簡単。

 

取り出す

封を切って中身を取り出しましょう。

袋から出した瞬間、温度は上昇します。

まさにカイロですね。

 

広げる

しかしながら、そのままでは使えません。

広げる必要があるのです。

具体的にいうと、白い面の「ミシン目」を切り取ります。

すると、耳にかける部分が、ぱらっと降りてくるはず。

そちらを耳にかけましょう。

 

かける

マスクの要領で、耳にかけるだけ。

輪っかを耳にかけて、白いパッドが目に当たるようにします。

パッドを目にガッツリ当てるので、女性はメイクが落ちることもあるようです。

用法要領を守ってお使いくださいませ。

 

くつろぐ

マスクをつけたらくつろぐだけ。

くつろぐ様子はパッケージのお姉さんのようになりますね。

ちょうどアイマスクで目を隠しているような格好。

 

パッド部が40度ほど熱さになり、ホットの継続時間は20分ほどです。

実際にやってみましたが、15~20分ほどで温度はピークに達し、そこから減衰する温度変化でした。

利用時間は20分をみておけばいいでしょう。

 

 

蒸気でホットアイマスクの感想

感想も書いておきます。

 

意識的に目を閉じられる

よかったのが意識的に目を閉じられたことです。

普通に生活すると、目を閉じてくつろぐ時間はありません。

瞑想するか寝る時しか目を閉じないでしょう。

常時目を開けていると、そりゃあ、疲れます。

蒸気でホットアイマスクならば、マスクの効力が続く20分間、半強制的に目を閉じられるのです。

 

アイディアが浮かんできやすい

アイディアが浮かびやすくなります

アイマスクで視界を遮ると、視力のエネルギーが力を持て余し、別の所へ注がれるようです。

ぼくの場合、意識というか、脳にエネルギーが行き始めました。

アイマスクをつけ始めてから、色々なアイデアが浮かんできたのです。

 

おそらく、目の近く、つまり、「脳の近く」をあっためているので、脳に良い刺激があったからかもしれません。

アイディアに行き詰まった時にも、蒸気でホットアイマスクをつけましょう。

 

目を合法的にあっためられる

目を温めるのは、目の健康にも良いようです

先日読んだ『世界最高医が教える目がよくなる32の方法』で「目を温める効力」が触れらていました。

主な効果は次の2つ。

  1. 目の調整力をつかさどる「毛様体の筋肉」の血流を増やして眼精疲労を防ぐ
  2. ドライアイ原因となるマイボーム腺を正常化

毎日あっためたいところですが「目を温める」のは簡単ではありません。

あったかいおしぼりぐらいしかできません。

 

ただ、喫茶店で配られるおしぼりで目を温めるのは、衛生的にも社会的にもアウト。

あったかいおしぼりを自分で作らなければなりません。

蒸気でホットアイマスクはもはや「目を温めるための製品」なので後ろめたさはゼロです。

 

新しく生まれたような感覚

マスクを外して現実世界に戻ると、不思議な感覚に包まれました。

それは、

「今、この瞬間」に生まれたような感覚です。

胎児がようやく母胎から飛び出し、目が初めて見えるようになった瞬間と言えばいいのでしょうか。

生まれた瞬間の記憶はありませんが、覚えていないはずの記憶が蘇ってきたのです。

蒸気でホットアイマスクを使って、現実世界から逃避してみましょう。

 

以上、蒸気でホットアイマスクを使ってみた感想でした。

目が疲れている方は目をスリープ状態にしてはいかがですか。

きっと、新たな発見があるはずです。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。