VoiceInで仕事効率化!パソコンでもGmailで音声入力を使う方法


PCからも Gmail で音声入力を使いたいんだけど!

どうも、Linです。芋に、なりましたね。

 

ビジネスパーソンの間で大活躍の Gmail。

取引先や社内の連絡で Gmail のシステムを使っている方が多いのではないでしょうか。

僕も会社員の時は Gmailを使っていて、1日1回はメールチェックのタスクがあったと思います。

しかしながら、ビジネスパーソンは忙しい。

毎日大量のメールが届き、返信がむちゃくちゃ大変。

返信するためにタイピングしなければならず、メールが届きすぎたら腱鞘炎になってしまう可能性だってあります。

 

そんな骨の折れるメールの作成で使いたいのが

音声入力

です。

今までPCからGmail 上で音声入力したい時はやむを得ず、

  1. Google ドキュメントの音声入力で入力した文字をコピー&ペースト
  2. スマホの音声入力でGmail のアプリを立ち上げて音声入力で吹き込む

という方法がありましたが、パソコンで Gmail にダイレクトで音声入力する方法はこれまでにありませんでした。

 

しかし今日、この勝間さんの記事を読んで「VoiceIn」というプラグインの存在を知りました。

VoiceInというプラグインを Chrome に追加してやれば、

パソコンからでも Gmail の文章を音声入力で書くことができる

という奇跡に気がついたのです。

今日はその方法をまとめておきますね。

 

 

パソコンで Gmail の返信音声入力で行う方法

PCからGmailの返信を音声入力で行う場合には次の条件を満たしている必要があります。

  1. Web ブラウザが Chrome
  2. VoiceInというプラグインを追加しておく

 

特にVoiceInというプラグインを導入している方は少ないと思いますので、下記リンクから追加してみてくださいね↓

 

Step1. 右上のマイクマークをクリックする

Chrome の右上に表示されたマイクのアイコンをクリックします。

gmail pc パソコン 音声入力

VoiceInというプラグインを導入すると、マイクマークが出現するのでそちらをクリックしてみましょう。

無事クリックに成功すると赤色になるはずです↓

gmail pc パソコン 音声入力

 

Step2. 本文にカーソルを合わせる

パソコンで Gmail を開き、本文にカーソルを合わせましょう。

 

gmail pc パソコン 音声入力

 

返信画面でもいいですし、新規メールを作成する本文でもいいです。

ただし、このVoiceInというプラグインは本文にしか使えないようになっていて、それ以外の件名などには使えないので注意してくださいね。

 

Step3. しゃべる

マイクマークが赤色になった状態、

かつ、

メールの本文にカーソルがある状態

ならば準備完了で、後は文章をしゃべるだけですね。

 

灰色の背景で自分が喋った文章が表示され、ちょっと時間をおいて文章がGmailの本文に現れます。

 

Image from Gyazo

 

 

今回は新規メールの作成を例にとりましたが、もちろん返信でもOK。

 

 

Image from Gyazo

 

 

これを使えば何回でも「お世話になっています」とか「引き続きよろしくお願いします」を生成できますので筋力の節約になります。

どんなに気が重い詰めメールでもさっさと音声で返信。

もうね、ちょろいです。

VoiceInを使えば日本中、いや、世界中のビジネスパーソンの腱鞘炎を防止できるでしょうね。

Gmail を使っている方はVoiceInを Chrome に追加してみてくださいね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる