タクシーデリバリーアプリ GO Dineでウルフギャングのステーキ弁当を注文してみた




 

コロナの影響もあり、日々参入と退場が相次ぐフードデリバリー業界

いま最もアツいこの業界に、斬新な切り口で切り込む猛者が登場しました。

その名も、

GO Dine

です。

 

タクシーデリバリーアプリ 「GO Dine」とは?

タクシーアプリGOでおなじみの株式会社Mobility Technologiesがてがけるデリバリーアプリです。

 

際立った特徴はお察しの通り、

「タクシードライバー」が配達する点にございます。

Uber EatsDiDiフードWoltフードパンダをはじめとする従来のデリバリーアプリ では、

「自転車・バイク」に乗った個人事業主が食事を運んでくれました。

 

一方で、GO Dineは「タクシードライバー」が食事を運びます。

つまりは、黒ずくめの、白い手袋をはめた、スーパードライバーが運んでくれるわけ、です。

 

GO Dineはサービスを開始したばかり。

対応エリアは東京の一部に限れます(2021年9月13日時点)。

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、豊島区、中野区、墨田区

今日は実体験をもとに、GO Dineの使い方と感想を赤裸々に紹介します。

 

 

タクシーデリバリーアプリGO Dineの使い方

まずは使い方から。

 

アプリをダウンロードする

GO Dineアプリをダウンロードしましょう。

GO Dine(ゴーダイン)|プレミアム・フードデリバリー
GO Dine(ゴーダイン)|プレミアム・フードデリバリー
posted withアプリーチ

 

アカウントを登録する

GO Dineのアカウントを登録します。

タクシーアプリGOユーザーの方は、同アカウントでログインできますよ。

アカウントがない方はお手数ですが、新GOアカウントを作りましょう。

 

 

必要なのは「携帯電話番号」と「メールアドレス」と「名前(偽名もOK)」です。

 

日時と時間を指定する

オーダーしたい時間を設定。

  • 注文したい日付
  • 食事の時間帯(ランチ or ディナー)

すると、食事を提供できるレストランが絞られ、一覧で表示されるはず。

今回は良質なタンパク質を摂取するため、ウルフウルフギャングのステーキ弁当を注文することに。

 

届け先を指定する

食事を届けてほしい住所を入力。

残念ながら、現時点ではGPS機能に対応していません。

郵便番号を打ち込み、住所を確定しましょう。

住所確定後、タクシーの駐車スペースも指定できます。

マップ上でピンを調整し、タクシーがとまれる場所を決めればOK。

 

メニューを選ぶ

具体的なメニューを選んでいきます。

 

 

個人の好みによりけりですが、わたしは今回大奮発し、

  1. サーロインステーキ弁当
  2. ウルフギャングサラダ

の2品を注文。

1万円を超えてしまいましたが、人生、トライ・エヴリシング・ワンス。

「何事もやってみなきゃわからない」と言い聞かせ、震える手で先に進めました。

 

配達日時を指定する

具体的な配達時間を指定します。

ただし、すぐすぐに注文できないことがありますのでご注意ください。

 

 

わたしが注文したウルフギャングでは「予約時間の2時間前」が期限でした。

したがって、2時間後の注文からしかオーダーできません。

わたしがGO Dineを立ち上げた時は、すでに午後2時半を回っていましたので、昼食は断食を決行。

5時半にディナー弁当を配達してもらうことに路線変更したのです。

ランチ注文を考えている方は、午前中の段階に(2時間前)予約しましょうね。

 

支払い方法を決める

この時点で金額が確定します。

なんと配達料は3,330円。

合計13,393円の請求金額が確定しました。

本来ならばこれに加えて「手配料」を支払わねばなりません。

現在はキャンペーン中なので免れましたが、それにしても従来のデリバリーアプリと比べると高価な配達料金です。

 

支払い方法は非常に限られていまして「クレジットカードのみ」対応です。

お手持ちのクレジットカード情報を入力しましょう。

 

支払い方法が決まれば、あとは料理を待つだけ。

 

 

確定すると、

注文をお届け前

という一覧に注文情報が組み込まれるはず。

 

 

食事を受け取る

今回わたしは17〜17時半に注文しましたが、17時の20分前(16時40分)からアプリに変化が発生し、

配達中

という通知が来ました。

 

 

この時点で

  • タクシー会社
  • ドライバー名
  • ナンバープレート

が表示され、具体的な予測到着時間がはじき出されます。

 

 

少し残念だったのは、ドライバーの位置はわからないこと。

ぶっちゃけタクシーがどこにいるかわからず、そわそわして待たねばなりません。

 

料理を受け取る

きました、17時ぴったりにタクシーが!

ナンバーを確認し、タクシー間違いがないと確認し、車両に近づいていきました。

「こんにちは、飯橋です」

と、自ら名乗り出ると、トランクを開けてくださり、赤い紙袋を手渡してくれました。

「ありがとうございました」

「ありがとうございました」

という挨拶を交わして、タクシーは走り去っていきました、とさ。

 

食べる

さて、後は食事をいただくだけ。

弁当とサラダは大きめの紙袋に包まれていました。

念のために計測したところ、

縦 30 cm 横 40 cm 高さ 30 cm

の紙袋に収納されていました。

はやる気持ちを抑え、紙袋をオープンしてみると、

白い袋が登場。

出ました、3種類のプレート。

  • ステーキ本体
  • 各種アパタイザー
  • サラダ

という3層構造ではありませんか。

いやー、素晴らしい。

しかも、フォークとナイフが銀色じゃないですか!

肉を切る時点で「プラスチック製」と判明しましたが、見た目が金属製だけでも高級感を演出できる、という学びがありました。

 

いやーそれにしても、美味しい。美食。

質素なテーブルが、まるで(1度しか行ったことがない)ウルフギャングに1人舞い込んだ錯覚に陥りました。

 

ただ、追加サラダは多かったかもしれませんね。

弁当は1人前と書いてありましたが、2人前近くありまして、こんなに食ったのはおよそ6年ぶり。

いやー、質・量ともに大満足の食事でした。

 

ちなみに、GO Dineに評価システムはありません。

食べたらそこで試合終了。

これで1人ウルフギャングも無事に幕を閉じました。

 

タクシーデリバリーアプリGO Dineを使ってみた感想

感想を率直に書いておきます。

 

配達料は高め

お店との距離にもよりますが、配送料は覚悟しておきましょう。

目安としては、

「お店から現在地までタクシーを呼び寄せる料金」を覚悟をしておくといいでしょう。

タクシーが持ち運ぶのが人間ではなくフードだからと言って、運賃は安くなりません。

 

わたしの場合、六本木から新宿までで3360円の配送料がかかりました。

これは従来のデリバリーサービスと比べると10倍の配送料です。

 

満足度は高い

総合金額は膨らみましたが、満足度は高いです。

超高級ステーキ弁当とサラダまでつけて、タクシードライバーに配送してもらって、1万3000円。

注文時は手が震えましたが、食事を終えた今となっては、

「そりゃ、それぐらいするわな」

と納得している自分がいます。

料理は一人前にしては多いですし、全ての品々に手抜かりがなく、配送ドライバーは全身黒ずくめ。

安心感や高級感リッチ感があり、総合的に見て値段相応のサービスでした。

 

1人には向かない

とはいえ、です。

1人で味わうにはもったいなさすぎる、そして寂しい。

1人で注文したわたしがいうのもなんですが、

複数人で活用するとより生きるでしょう。

 

配送料も人数分で割れるのでお得感が出てきます。

また、サービス提供側としても複数人利用を想定しているためか1人前メニューは少なかったです。

ぶっちゃけ、2人前以上がデフォルト。

これらの事実を鑑みるに、従来のデリバリーサービスとは異なる「特別なシチュエーション」で使えるデリバリーと言えましょう。

バースデー、勝負デート、還暦祝い、冠婚葬祭、およびその他の儀式、でご活用ください。

 

ドライバーの位置は分からない

少し残念だったのが、ドライバーの位置がわからないこと。

到着直前はソワソワしてしまったのです。

待ち合わせ場所に早い時間に出向き、到着を待たねばなりませんでした。

 

タクシーに宅配してもらう意義

高額料金を支払い、タクシードライバーに配達してもらいました。

そうなると、

タクシードライバーにデリバリーを頼む意義を問いたくなります。

 

今回気付いたメリットは「トランクの広さ」です。

複数人で注文すると、それだけ配達物も大きくなります。

大量のディッシュを注文するならば、Uber Eats配達パートナーのバックには収まりきりません。

2〜3人に分担して運んでもらうケースもあるでしょう。

 

そこで登場するのがタクシーのトランクです。

タクシーのトランクは大型のスーツケースが楽勝で入る規模感です。

大きめのディッシュ?

そんなのスーツケースに比べれば可愛いもんです。

 

今回、1人分にしては大きめのサイズの食事を運んでもらえました。

なんせ、1つのプレートが「縦 30 cm 横 40 cm」あり、それが3段重ねでしたからね。

とてもじゃないですが、配達バックには収まりきりません。

大きめの食事も楽勝で運んでもらえるのが、タクシーデリバリーのメリットです。

 

それから、忘れちゃいけないのが高級感。

黒ずくめ白手袋のドライバーに運んでもらうと、専属のドライバーを抱えている錯覚を起こし、気分はまるでビジネスエグゼクティブ。

そうです。

これは1泊5万円以上の高級ホテルに泊まる体験と同じく、身銭を切らないと体験できない世界だったのです。

 

あと、これは書いている途中に気付いたのですが、

輸送距離も1つのメリット。

タクシーは自動車の一種なので、走行距離が多かろうが苦労なく配達してもらえます。

今回、六本木から新宿まで運んでもらえましたが、これ、自転車だと遠すぎて敬遠される案件になりそうです。

店までの距離を超越できるのが、タクシーデリバリーの1つのメリットであります。

 

 

以上、です。

GO Dineはタクシーデリバリーということもあり、従来のデリバリーサービスとは異なります。

  • 価格
  • 高級感
  • メニュー構成
  • おすすめのシチュエーション

ここぞというタイミングで活用してみてください。

GO Dine(ゴーダイン)|プレミアム・フードデリバリー
GO Dine(ゴーダイン)|プレミアム・フードデリバリー
posted withアプリーチ

 

それでは!

Lin

 




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。