アドオンで一発!Google Analyticsデータをスプレッドシートに自動で取得する方法


Google Analyticsのデータをスプレッドシートに取得したいんだけど

どうも、Linです。隅、占拠してます。

 

Web サイトのアクセス数を把握するために便利なGoogle Analytics。

ある一定期間のアクセスを確認するため、手作業でデータをスプレッドシートにコピー&ペーストをしていませんか?

はい、まさに僕がそうでした笑

月初になると、先月のアクセス状況を月単位で振り返るために、わざわざ アナリティクスの画面からデータをコピー&ペーストしてアホのように貼り付けていたのです。

 

が、2019年は心機一転生まれ変わることを決意しました。

このオペレーショナルな作業を一切しないために、

Google アナリティクスのデータを自動でスプレッドシートに取得する方法

を探してみたのです。

すると、神の力も相まって、こちらの素晴らしい記事に遭遇↓

 

どうやら、

スプレッドシートのアドオン機能を使えばGoogle Analyticsのデータをスプレッドシートに自動で取得できる

みたいだったのです。

今日は数時間にも及ぶ格闘の末、この方法をマスターしたので忘れないうちにメモしておきます。

 

 

Google Analyticsのデータをスプレッドシートに自動で取得する方法

Google Analyticsのデータをスプレッドシートに自動で取得したい時は次のステップを踏むといいでしょうね。

 

Step1. スプレッドシートを作成する

まずは アナリティクスのデータを取得するためのスプレッドシートを作成します。

今回は「Google Analytics 練習」というタイトルにしてみました。

 

 

Step2. アドオンを取得

アドオンを取得していきます。

アドオンとは、拡張機能のようなもので、スプレッドシートに自分で追加できる機能のことみたいですね。

今回はGoogle Analyticsのアドオンを追加していきますよ。

 

スプレッドシートのメニューから

ツール>アドオン取得

と進んで、

その中から

Google Analytics

を選択してください。

すると、追加(無料)と出てきますので、追加しちゃいましょう。

これでアナリティクスのデータをスプレッドシートに取得する準備ができました。

 

Step3. レポート作成

Google Analytics から取得したいデータを指定してあげましょう。

Google Analyticsのアドオンを使うと、「レポート」という単位でデータを呼び寄せられるようになっています。

1つのレポートに対して1つのViewデータを取得できることになりますよ。

 

ってことで、早速レポートを作成していきましょう。

スプレッドシートのメニューから

アドオン> Google Analytics

と進むと、「Create new report」というコマンドが出てくるはずです。

 

 

そちらをクリックすると、右側にウィンドウが出現し、ここでレポートの詳細設定していくことになりますよ。

 

 

具体的にどういう項目を入力するかというと、

  1. Name
  2. Select a View
  3. Choose a configuration option

の3つ。

 

まずはNameですが、レポートにつける名前なので自由に設定していいでしょう。

今回は「毎日の PV数」を取得したかったので「Daily-PV」とでもしておきましょうか。

Select a viewでは、データを取得したい Google Analytics のビューを選択していきます。

Google Analyticsの構造は、

アカウント>プロパティ>ビュー

となっていましたよね?

ここではデータを取得するビューを指定するために、アカウント、プロパティ、ビューの3項目を指定していくことになります。

最後はどのようにデータを取得するのか?を「Choose a configuration option」で設定していきますよ。

まずMetricsですが、これは

Google Analytics からどの値を引っ張ってくるか

を指定していきます。

例えば

  • PageView
  • User
  • Bounce Rate(直帰率)

などのGoogle Analytics で普段確認している指標になりますね。

 

また、Dimensionsでは、

どういう区切り・単位でデータを集計していくか?

を指定していきます。

例えば、日ごとのデータを集計したかったら「Date」に、月ごとだったら「Month of Year」になるわけです。

 

最後のSegmentsは、

どんなトラフィックのデータを集計するか?

を決めるところです。

例えば、このセグメントを使えば、

  • リターンユーザーのみ
  • 新規ユーザーのみ
  • 検索流入ユーザーのみ

とデータを絞ることができます。

こちらは必須の項目ではないので、空欄にしておくと「すべてのユーザー」に対してデータを集めることができます。

 

ここまでの設定が終わり「Create Report」をクリックしてやると、

Report Configuration

というシートが誕生します。

このシートでさらにレポートの細かい設定ができるようになっているのですね。

 

Step4. データを取得する日付を指定する

後はデータの取得期間を設定していきます。

先ほど誕生した「Report Configuration」というシートの

  • Start Date
  • End Date

という2つのセルに注目してください。

 

 

ここはお察しの通り、「Start Date」はデータの取得開始日、「End Date」はデータの取得の最後の日になります。

つまり、

Start DateからEnd Dateまでのデータを取得してくれ

ってことになるのです。

デフォルトでは

  • Start Date:30daysAgo
  • End Date:yesterday

になっていて「30日前から昨日まで」という期間でデータを取得してくれます。

 

Step5. レポート実行

ここまでの設定が終わりましたら、後はレポートを実行するだけです。

スプレッドシートのメニューから

アドオン> Google Analytics

と進んで、今回は「Run reports」を選択しましょう。

 

 

すると、レポート名のシートが生まれ、自動的にスプレッドシートにデータが記載されていくことになります。

今回は「Daily-PV」 というレポート名でしたので、「Daily-PV」 というシートが誕生し、日ごとのPV数が昨日から過去30日間のデータが取得されることになります。

 

 

Step6. スケジュール設定

この時点ですでにGoogle Analytics のデータをスプレッドシートに取得できています。

が、なんと、Google Analyticsのアドオンを使えば

スケジュールを組んで自動でGoogle Analyticsのデータを取得できるようになります。

寝ている間に自動的にデータをスプレッドシートに記録してもらえるのですね。

 

メニューから

アドオン>Google Analytics >Schedule reports

と進み、

 

Enable reports to run automatically.

にチェックを入れると、

 

 

「頻度」と「レポートを実行する時間帯」の選択肢が出てくると思います。

 

 

ここで例えば、

  • every week
  • Monday
  • 4am- 5am

と設定してやれば、

毎週月曜日の4~5amにレポート実行します

と設定できるわけですね。

自動でGoogle Analytics のデータを取得してもらえるので、わざわざレポートを実行する手間すら省けます。

 

 

僕が Google Analytics のデータをスプレッドシートに取得した方法

以上がアナリティクスのデータをスプレッドシートに自動で取得する方法でした。

最後に僕がどのようにこの機能を使ったのか書いておきましょう。

 

僕は月初になると、先月のアクセス数を振り返るため、各サイトの

  • PV 数
  • ユーザー数
  • PV / ユーザー数
  • 直帰率

などをスプレッドシートに記録しておりました。

が、しかし、もちろんこれまでは完全に手作業。

毎月死にそうになっていたのですが、今年は生まれ変わってスプレッドシートのアドオンを使って自動ですることにしました。

 

そのため、今回設定した項目は次の通りになります↓

Metrics PageView, User, PV/User, Bounce Rate
Dimension year of Month
Start Date 先月の月初 [ =EOMONTH(TODAY(), -2) + 1]
End Date 先月の月末[ =EOMONTH(TODAY(), -1) ]
Schedule every month, 1st, 4am-5am

 

 

一番難しかったのがデータ取得の期間設定ですね。

  • 先月の1日
  • 先月の月末

を数式で表現せねばならず、格闘すること2時間。

ようやくEOMONTH関数で表現できるようになりました。

 

 

EOMONTH関数とは、

第1引数に指定した日付の月を基準に、何ヶ月足した、もしくは引いた月末の日にちを取得するもの

なのです。

「先月の月初の日付」を表すには、

先々月の月末+1日

と表せばいいので「EOMONTH(TODAY(), -2) + 1」。

先月の月末はそのまま第二引数を-1にしておけば先月になるので、「EOMONTH(TODAY(), -1) 」となりました。

 

スケジュールは月初で先月のGoogle Analyticsのデータを取得したかったので、

  • 頻度:every month
  • 日付:1st
  • 時間帯:4~5am

に設定しました。

これならば月初で先月のデータを自動で取得してくれますので、わざわざ Google アナリティクスのデータをコピーアンドペーストしなくて済みそうです。

2019年はこれまでやっていたオペレーショナルなだるい作業をどんどんテクノロジーを使って自動化していきたいと思います。

よかったらAdsenseのデータをスプレッドシートに自動取得する方法も読んでみてくださいね。

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる