【Googleアナリティクス】平均セッション時間と平均ページ滞在時間の違いとは?


Google アナリティクスの指標には滞在時間が2つある?

Google アナリティクスの滞在時間についての指標のうち、

  • 平均セッション時間
  • 平均ページ滞在時間

の2種類があります。

ぶっちゃけ、

「Google アナリティクス初心者の方はこの2つが一体どう違うのか?」

「どっちを参考にしてサイトを分析すればいいのか?」

と迷ってしまいますよね。

今日はこの2つのアナリティクスの滞在時間の指標の違いをまとめてみました。

 

 

「平均セッション時間」と「平均ページ滞在時間」の違い

ズバリ言ってしまうと、「平均セッション時間」と「平均ページ滞在時間」は

ユーザーの行動で重視しているもの

が違います。

「平均セッション時間」の場合、

ユーザーの操作が行われた時間の長さ

を表していて、

ユーザーがアクション・操作をした時間の長さ

が重視されています。

 

一方、「平均ページ滞在時間」の場合、

サイト内のページを閲覧した時間

なので、

ユーザーがスクリーンを眺めた時間の長さ

が重視されています。

 

そのため、ユーザーに何らかのアクションを起こしてほしいウェブサイト、例えば、

  • Webアプリ
  •  SNS
  • 企業やサービスのホームページ

などは、平均セッション時間が重視されます。

 

一方、どれだけ読まれたかを重視する読み物系のサイト、例えば、

  • ニュース記事
  • ブログ記事

の場合、「平均ページ滞在時間」を重視すればいいですね。

 

 

ブログは平均ページ滞在時間を参考にしよう

という感じで、「平均セッション時間」と「平均ページ滞在時間」は滞在時間の基準が異なるので、

両者はバリバリ違います。

 

平均セッション時間の場合、直帰ユーザーは0秒扱いとなってしまいますので、

ブログの指標としては当てにならないですね。

なぜなら、実際に記事を読んでくれたけど、ページをめくらずに離脱したユーザーが0秒としてカウントされてしまうからです。

>>詳しくは「平均セッション時間の計算式」へ

 

そのため、ブログでは、

どれだけページを読んでくれたかという「平均ページ滞在時間」の指標を見てページの良し悪しを判断するようにしましょう。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる