ファビコンが必須に!Google検索結果の進化への対策3つ


ぐ、Googleの検索画面が進化してる?!

もう、お気付きかと思いますが、

最近、グーグルの検索結果の画面が変わろうとしていますね?

これまで検索結果の画面では、各ページの情報が

  • タイトル
  • URL > 構造化データ
  • ディスクリプション

の順番で表示されてきました。

 

 

一方、いま現在テストされている最新の検索結果画面では、

  • ファビコン
  • ドメイン > 構造化データ
  • タイトル
  • ディスクリプション

という順番になっています。

これはまだ百パーセントの変化じゃなくてABテストテスト段階ですが、最近、後者の最新バージョンが増えてきている気がします。

後者に切り替えるのは時間の問題だと思いますね。

 

この検索結果画面の変化により、何が変わったかというと、

  1. ファビコンが検索結果に表示されるようになった
  2. ドメインと構造化の情報が優先的に表示されるようになった
  3. https対応は当然とみなされるようになった

の3点ですね。

 

僕はこの変化で

サイトの権威性が重視されるようになったことの現れだと考えます。

要は、そのサイトがちゃんとしてるか、っていうことが重要になってきてる訳です。

ちゃんとしていないサイトだとファビコンを設定していないかもしれませんし、構造化データーの設定も行っていない可能性もあります。

また、ゴミみたいなドメインが採用している恐れもありますね。

そして、今まではちゃんとしているサイトの証拠でもあった「https化」の要素が省かれ、単純にhttps以下のドメイン名だけ表示されるようになりました。

近頃、コンテンツ投稿サイトのnoteが「note.mu」から「note.com」にドメイン移管したことがニュースになりましたが、もしかしたらこれは、

サイトの権威性を高める

という流れでの施策だったのかもしれません。

 

 

新しいGoogle検索結果画面への対応

ということで、サイトを運営しているブロガーやアフィリエイターは私い検索結果画面への対応せねばなりませんね。

対応策としては次の3つが考えられますよ。

 

ファビコンを設定する

まずファビコン設定するところから始めましょう。

ファビコンとは、「サイトのアイコン」のようなもので、今まではウェブブラウザーのタブに表示される程度でした。

あとはお気に入りに追加した時に表示されるぐらい。

 

何と、ウェブ制作において若干サブキャラだったファビコンが検索結果の1面に出てくるようになったんです。

これは大事件!

何もファビコンを設定していなかったりエラーが出てしまうと、地球マークがファビコンとして代わりに表示されるようになっちゃってますね。

WordPressでのファビコン設定はわりと簡単。

ファビコン設定機能がテーマに内蔵されているものならば、カスタマイズから。

内臓されていないならプラグインの「All One Favicon」が便利です。

「ファビコンとか作れないんだけどどうしたらいいかなー」

と迷っている方は、こちらの記事を読んで参考にしてみて作ってみてください。

どうしてもファビコンが思い浮かばない時はサイトの頭文字だけでいいと思います。

 

パンくずリスト設定する

また、ファビコンの台頭に加え、

URLと構造化データが優先表示されるようになりましたね。

どのウェブサイトでもURLは持っていますが、問題は後ろの「構造化データ」。

どのカテゴリーの記事にあたるかなどのサイト上の構造のデータのことですね。

例えば、

「プログラミング」カテゴリーの「Rails」カテゴリーの記事ならば、

プログラミング > Rails

という構造化データになります。

 

検索結果画面にサイトの構造化データを表示させるためには「パンくずリスト」を設定すれば大丈夫。

詳しくは「Breadcrumb NavXTでパンくずリストを設定する方法」を読んで設定してみてくださいね。

 

 

もし、ウェブ制作の初心者で

「パンくずリストの設定とかわからんわ・・・」

という方は、

あらかじめパンくずリストが実装されている有料テーマを使いましょう。

例えば、OPEN CAGEさんの有料テーマはすでにパンくずリスト実装済みなので、何もせずとも記事にカテゴリーを設定するだけで構造化データ対策終了。

例えば、

などのテーマがありますね。

わざわざ自分でパンくずリストを作る必要はないので圧倒的に時短です。

 

ちゃんとしたドメインに変える

ますますドメインの権威性が重視されるようになってきましたね。

つまり、まあ、

ちゃんとしたドメインを選ぶことが大事になってきています。

対策としては、

「.com」や「.net」などめちゃくちゃメジャーどころのドメインを選ぶのがいいかもしれませんね。

それに加えて、短い文字のドメインがベストです。

 

ただ、

短い文字

かつ、

メジャーどころのドメイン

はかなりのお値段がすることがしばしば。

もしくは、あらかじめ誰かに取られていることが多いので、もう、そこは妥協点を探すしかないです。

ただ、この対応策は金も労力もかかるので、noteのようにどでかいサイトを運営している方以外は一旦脇においておきましょう。

僕のような世界の片隅系ブロガーは現状ではこだわらなくてもいいかもしれません。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる