Herokuで独自ドメインを使う方法【ついでにSSLにも対応】




 

HerokuでRailsアプリをデプロイするのは簡単です。

の3行を打ち込めばいいですから。

しかしながら、Herokuアプリのドメインははちょっとイケてませんね?

アプリ名.herokuapp.com

なので、全世界にHerokuユーザーであることがバレちゃいます。

あと、ちょっとドメイン名が長いですよね。

できればHeroku仕様のドメインではなく、自分で取得したオリジナルの独自ドメインを使いたいところです。

 

Herokuで独自ドメインを使う方法

実際に調べてトライしたところ、そこまで難しいことはなく、Heroku初心者の僕でもできたのでその方法を紹介しましょう。

 

ドメインを取得

まずはドメイン管理サービスで独自ドメインを取得しましょう。

僕はブログでもお世話になっているお名前.comを使いましたよ。

ドメイン選びをコツは、取得料だけやなく、更新料も見ておくということ。

一見安いドメインに見えても、1年間の更新料がバカに高いものがありますので要注意。

>>詳しくは「ドメインの選び方」へ

 

Herokuでドメイン設定

Herokuでドメイン設定していきます。

トップページからHerokuアプリを選んで、

Settings

から

Domains

へと進み、

Add Domain

をクリック。

そこでドメイン名を記入して

 

 

「Next」へ進めばオッケーです。

そうすると「DNS Target」という項目ができますので、そちらをコピーしておきましょう。

 

DNSレコードを設定する

お次はドメイン側の設定です。

お名前.comのドメイン一覧から「DNS設定」を選んで、

DNSレコードを利用

をクリック。

そこで次の3つの項目を記入してきます。

  • ホスト名:www
  • VALUE:DNS Target(さっきコピーしたやつ)
  • TYPE:CNAME

このように設定したら追加して保存。

これでHerokuアプリに独自ドメインの設定完了です。

反映までちょっと時間をかかるので少々お待ちを。

 

SSL化

ただし、これだけではhttpのサイトになってしまいます。

なんとかしてセキュアな「https」に変更できないでしょうか?

実はHerokuならそのSSL化が簡単です。

ただし金はかかりますけどね。

 

無料プランのHerokuではSSL化に対応しておらず、有料プランの「Hobby以上の会員」にならないとSSL化はできません。

ちなみに、HerokuのHobby会員は月額7ドル。

これまで無料会員で粘ってきましたが、SSL化を実証するために試しにHobby会員になってみました。

 

その上で独自ドメインの設定をしていきます。

同じアプリ画面から

Settings

と進み、

SSL Certificates

Configure SSL

をクリック。

その中の

Automatic Cetificate Management

にチェックを入れてNextへ進みます。

たったこれだけでSSL化ができちゃうのですね。

 

いやー素晴らしいです。

Herokuアプリに独自ドメイン適応なんて遠い先の未来のことかと思っていましたが、こんなにあっさりもできるとは驚きです。

Herokuにアプリをデプロイしてみた方はぜひ独自ドメインの設定、ついでにSSL化まででチャレンジしてみてください。

 

それでは!

Lin

 

【参考記事】

 

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。