Herokuデプロイ後にデータベースの中身を確認する方法【Dataclipsの使い方】




Herokuにデプロイしたらデータベースはいずこへ?

ローカルで温めできたRailsアプリをHerokuにデプロイした後に、やりたいことがありました。

それはデータベースの中身を確認することです。

Railsアプリをローカル環境で作っていた時は、SQLiteというデータベースの管理システムを使っていましたね。

ぼくはデータベースを確認するときにはDB Browser for SQLiteにお世話になっていました。

 

 

しかしながら、です。

HerokuではSQLiteではなく、PostgreSQLという別のデータベース管理システムを利用するので、DB Browser for SQLiteは使えなくなってしまったのですね。

さあ、困ったもんです。

 

試しにググってみたところ、こちらの神記事に遭遇。

どうやらHerokuのDataclipsという機能を使うと、データベースの中身を確認できるようdした。

今日はなんとかはこちらの方法をマスターしたので忘れないうちにメモしておきます。

 

 

データベースDataclipを作成する

まずHerokuのトップページにログインしておきましょう。

そのメニューの中からデータCLIPSを選択します

 

Dataclipを作る

そして、メニューから

「Dataclip」と進んで

新しいDataclipを作ります。

 

Dataclipのタイトルを記入

このDataclipに名前を付けてあげましょう。何でも構いませんよ。

 

 

データベースを選ぶ

Herokuで作ってきたデーターベストを選びましょう。

データベース名だけを見てもよくわからないと思うのでアプリのIDで探すといいですね。

 

SQLを書いてデータベースを表示

最後に、SQLを書いてデータベースを表示します。

「えっ、SQL触ったことねーぞ!やべえ」

と思ってググってみたところこちらの神記事を発見。

 

この記事によると、

SELECT カラム名 FROM テーブル名

でデータベースを表示できるようです。

例えば、「usersテーブル」の「nameカラム」だけ表示させたい場合、

と書きます。

また、複数のカラーも同時に表示させたい場合はカンマで区切って、

のように書きます。

 

もし、テーブルが持っているすべてのカラムを一斉に表示させたい場合、「*(アスタリスクマーク)」を代わりに書きます。

テーブルのカラム全てを表示できるので、まぁ困ったらアスタリスクでいいですね。

SQLを書き終わったら、「Save&Run」でデータベースを表示してみましょう。

 

データベースをダウンロード

表示させたデータはダウンロードすることも可能です。

Download / Export

と進んで、

CSV

を選ぶと、csvファイルでダウンロードできます。

または便利なのがスプレッドシートの活用する方法。

スプレッドシートのインテグレーションという計算式を、Googleのスプレッドシートの1つのセルにぶち込めばDONE。

シート内でデータベースの値を取得できます。

いやあ、すごいっすね。HerokuのDataclip。

Dataclipを使うためにはSQLのコマンドが必要になってきますが、初心者でもデータベースを最低限表示できました。

SQLが必要となってくるとは想定してなかったので、ちょっとプロゲートとかで勉強してみようかなと思った次第です。

やはりアプリ開発はローカル環境を飛び出して本番環境に移って、初めて戦いが始まるんだなと痛感し始めました。

ふう、先は長いぜ・・・・・

 

 

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。