電子書籍「ICL手術記:目にレンズを入れてみた」を出版しました




 

先日、5冊目の電子書籍「ICL手術:目にレンズを入れてみた」を出版しました。

この本は僕が2年前に受けた視力回復治療ICLの体験談をまとめたものです。

ICLとは、

Implantable Collamer Lens

の略で、日本語でいうと

移植可能なコラマー素材のレンズ

です。

このICLレンズを目の中の「虹彩」と「水晶体」の間に入れる手術のことを指します。

 

 

その結果、物心ついてから近視に悩まされてきた僕の視力は一気に回復しました。

その結果手術前は左0.07右0.08だった視力が左右2.0まで見えるようになったです。

結果的に、今やメガネ、コンタクトなしで生活できるようになって確実に生活のクオリティはありましたね。

 

ただし、良いこともあれば悪いこともあるのが世の常です。

ICLを受けてから「ハロー・グレア」という今までなかった現象が発生したり、遠くは見えるものの近くが見えづらくなったり、目が疲れやすくなったりするデメリットもあります。

そして、極めつけはICL手術を受けたクリニックが突如閉鎖した事件が起きたことです。

これによって定期検診してもらえなくなり、クソ動揺したことを覚えています。

 

そんなICLのいいところも悪いところも当事者としてすべて見てきて、その情報を一冊の本にしました。

視力回復治療に興味がある方はよかったら参考にしてみてください。

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。