3ステップでOK!イラレで斜線の塗りつぶしを作る方法




 

イラストレーターで図をかいていると、たまに

斜線入りの図形

をかきたくなる時、ありますよね。

例えばこのような図形です。

数学の教科書に出てきそうな図形ですが、このような「斜線を含む図形」はイラストレーターでどう描くのでしょうか?

 

イラレで斜線の塗りつぶしを作る方法

調べてみたところ、デフォルト機能で「斜線の塗り」を作れる、と判明。

 

図をかく

斜線にしたい図をかきましょう。

例えば、こんな感じ。

 

 

ペンツールでベジェ曲線を使ってもいいですし、シェイプツールで四角や丸をかいても構いません。

 

塗りを変更する

お次は、図の塗りを変更します。

ただ色を塗るのではなく「パターン」を塗りにするのです。

先程の図形を選択して、

スウォッチライブラリ>パターン>ベーシック>ベーシック_ライン

を選びます。
Image from Gyazo
いくつかパターンが表示されますので、好みのラインを選んじゃってください。

Image from Gyazo

これで図形の塗りが直線になるでしょう。

 

塗りを回転させる

これでは線が水平に展開されているので、まだまだ斜線とは言えません。

直線を斜線にするため、塗り自体を回転させます。

図形を選択した状態で、右クリックし、

変形>回転

で角度をつけてみてください。
Image from Gyazo

パターンを変形

にチェックを入れて、角度をいじりましょう。

Image from Gyazo

直線に角度がつくと斜線になるはず。

 

斜線に色をつける

この時点で、斜線の図形は完成しています。

ただ時には、斜線に色をつけたいですよね?

そういう時は、図形を選択した状態で

オブジェクトを再配色

を選びます。
Image from Gyazo
「配色オプション」を選んで、

保持:ブラック

のチェックを外します。
Image from Gyazo

その後、色の彩度(S)、明度(B)、色相(H)を調整すれば、斜線に黒以外の色がつくでしょう。

Image from Gyazo

その際、左下の

オブジェクトを再配色

のチェックもお忘れなく。

 

以上のステップを踏めば、一苦労ではありますが、斜線の図形を作り出せます。

斜線が必要になったら、AdobeのIllustratorの出番ですね。

 

それでは!

Lin

 

【参考記事】




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。