Illustrator(イラレ)で数式を入力する方法




Illustrator(イラレ)で数式を入力する方法 は??

Illustratorでやりたかったのが分数を含む数式の入力です。

WordPressでは「Simple MathJax」というプラグインを使って数式を美しく表示できるようになりました。

しかし、記事中に挿入するIllustratorで作った図やグラフにも、分数を含む数式を挿入したいことが多々あり、

「なんとかIllustratorでも数式を入力できないか・・・・!」

と思い調べてみました。

すると、Illustratorでは次の2つの方法で分数を表記できることに気がついたのです。

 

OpenType パネルを使う

まずはOpenType パネルですね。

これは異体字を使用する条件を決定できるパネル。

異体字とは、同じ意味・読み方を持つけど字体が異なるケースのことで、その異体字を調整できるのがOpenTypeパネルなんですね。

 

それじゃあ一体どこにOpenTypeパネルが隠されてるのでしょうか?

そういう時は

ウインドウズ>書式>OpenType

と進むと、ウィンドウが出てくるでしょう。

Image from Gyazo

OpenTypeパネルが出てきたら、

スラッシュを用いた分数

をチェック。1/2とかかれたボタンですね。

Image from Gyazo

こちらをオンにすると「スラッシュ」を「分数の棒」として表記できるのです。
Image from Gyazo
が、しかし、これでも完璧な「分数の棒」にならず、棒が斜めになってしまう限界がありました。

 

字形パネルを使う

続いては字形パネル。

特集記号などの特殊な字形を挿入する時に使うパネルです。

こいつを駆使すれば、分数を丸ごと挿入できると判明。

この字形パネルも同様、

ウインドウズ>書式>字形

と進むと出てきますよ。

Image from Gyazo

そして、「表示」を「分数」にします。

Image from Gyazo

すると、いくつかIllustratorで表示できる分数が出てきますね。

しかし、これだと分数の棒は真っ直ぐになりましたが、分子と分母がいじれない問題が発生!

Image from Gyazo

運良く表示したい分数が一覧にあればいいですが、それ以外の分数を表記したい場合はこの方法は使えないことになりますね。

く、クソが!!

 

Illustrator では数式を画像化するべし

たどり着いたのはこちらの方法です。

なんと、

数式を画像形式でイラレに挿入する荒技。

 

まず「latex2png」というサイトを使って数式をPNGの画像に変換。

数式の表記はWordPressと同じく、LaTexの数式コマンドを使います。

意味 表記 表示
分数 \frac{分子}{分母} $\frac{分子}{分母}$
乗数 2^3 $2^3$
平方根 \sqrt{ 2 } $\sqrt{ 2 }$
合同 a \equiv b $a \equiv b$
連立方程式 \begin{eqnarray} \left\{ \begin{array}{l} x + y = 10 \\ 2x + 4y = 32 \end{array} \right.\end{eqnarray}
対数 \log x $\log x$
sin \sin x $\sin x$
cos \cos x $\cos x$
tan \tan x $\tan x$
行列 \begin{pmatrix} a & b \\ c & d \end{pmatrix}

 

分数の場合はこれですね。

\frac{分子}{分母}

このサイトで数式を画像ファイルで出力し、それをコピーしてIllustrator内でペーストするのが一番早いことに気づいたのです。
Image from Gyazo
これなら分数以外でも複雑な数式もIllustratorに挿入できそうです。
Image from Gyazo

ただし、あくまでも画像ファイルなので、数式の色は変えられませんが。

 

Illustratorでも数式を挿入したい方は数式を画像化してみてくださいね。

 

それでは!

Lin

 

【参考記事】

 

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。