Illustratorで分数をふくむ数式を入力する方法




Illustrator(イラレ)で数式を入力する方法は??

Adobe Illustratorでやりたかったのは「分数を含む数式の入力」。

WordPressでは「Simple MathJax」で数式を美しく表示できました。

 

ただ、記事中の「図」や「グラフ」にも、数式を挿入したいことが多々あり、

「Illustratorでも数式を入力できないかな・・・・!」

と思い調べてみました。

すると、Illustratorでは次の2つの方法で分数を表記できると気づいたのです。

 

OpenType パネルを使う

まずはOpenType パネルですね。

これは異体字の使用条件を決定できるパネル

「異体字」とは、同じ意味・読み方を持つけど字体が異なる字のこと。

例えば、「榮」と「栄」のように「同じ意味を持つ漢字だけど表記が異なる字」ってありますよね。

その異体字を調整できるのが「OpenTypeパネル」なのです。

 

それでは、どこにOpenTypeパネルが隠されているのでしょうか?

ウインドウズ>書式>OpenType

と進むと、OpenTypeパネルが出てくるでしょう。

Image from Gyazo

パネルが出てきたら、

スラッシュを用いた分数

をチェック。1/2とかかれたボタンですね。

Image from Gyazo

こちらをオンにすると「スラッシュ」を「分数の棒」として表記できるのです。
Image from Gyazo
が、しかし、これでも完璧な「分数の棒」になりません。

棒が斜めですから。

 

字形パネルを使う

続いては「字形パネル」。

特殊な字形を挿入する時に使うパネルです。

こいつを駆使すれば、分数を丸ごと挿入できると判明

 

字形パネルも同様、

ウインドウズ>書式>字形

で出てきますよ。

Image from Gyazo

 

そして、「表示」を「分数」にします。

Image from Gyazo

すると、いくつかIllustratorで表示できる分数が出てきますね。

しかし、これだと分数の棒は真っ直ぐになりましたが、分子と分母がいじれない問題が発生!

Image from Gyazo

運良く表示したい分数が一覧にあればいいですけどね。

それ以外の分数を表記したい場合、この方法は使えません。

く、クソが!!

 

Illustrator では数式を画像化するべし

たどり着いたのはこちらの方法です。

なんと、

数式を「画像」でイラレに挿入する荒技。

 

「latex2png」というサイトで数式をPNGの画像に変換します。

数式の表記はWordPressと同じく、LaTexの数式コマンドを使います。

意味 表記 表示
分数 \frac{分子}{分母} $\frac{分子}{分母}$
乗数 2^3 $2^3$
平方根 \sqrt{ 2 } $\sqrt{ 2 }$
合同 a \equiv b $a \equiv b$
連立方程式 \begin{eqnarray} \left\{ \begin{array}{l} x + y = 10 \\ 2x + 4y = 32 \end{array} \right.\end{eqnarray}
対数 \log x $\log x$
sin \sin x $\sin x$
cos \cos x $\cos x$
tan \tan x $\tan x$
行列 \begin{pmatrix} a & b \\ c & d \end{pmatrix}

 

分数の場合はこれですね。

\frac{分子}{分母}

数式を画像ファイルで出力し、それをコピー。

最後にIllustratorでペーストするのが早いと気づいたのです。

Image from Gyazo

これなら分数以外の複雑な数式も挿入できそうです。

Image from Gyazo

 

数式に色を付けたい場合は、画像出力する前に「Color」を変更しましょう。

 

それでは!

Lin

 

【参考記事】

 

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。