InDesign(インデザイン)の使い方がわかる本・書籍まとめ4選




InDesign(インデザイン)の使い方は本で学ぼう

電子書籍制作で使えるソフトは多種多様です。ぶっちゃけ、文書作成ツールならなんでもいいので、WindowsならWordでもいいですし、MacならPagesで作れます。

ぼく自身、しばらくPagesで書籍を作ってきましたが、画像や表の挿入で限界を感じました。

思った通りに表示されず、最終的には電子書籍ファイルEPUBの中身を弄らねばならないのです。

自由度が小さくて思った通りに書籍が作れない事態に陥りました。

 

そこで

「もっと細かく自分の裁量でコントロールできる書籍ツールはないものだろうか・・・・」

と思っていたところ、やはり候補に上がってきたのがAdobeのInDesignです。

 

このソフトはテキストのみならず、写真、イラスト、図などを美しく配置し、印刷物を制作できるソフト。

その活躍範囲は書籍のみならず、雑誌、カタログなど幅広く用いられていますね。

そのためあってか、InDesignの使い方をマスターすることは「出版社へのパスポート」と称されるほど。

これまでAdobeソフトを多々使ってきましたが、InDesignは初めて。未経験です。

0ベースから使い方を学ばなければならなかったので、InDesignに関する参考書を片っ端から読んでみることにしました。

 

InDesignの使い方がわかる書籍まとめ

その中で僕が読んできたInDesignの勉強本たちを紹介しますね。

 

これからはじめるInDesignの本

手を動かしてサンプルの印刷物を作れる練習帳のような書籍です。

パンフレット、小説(縦書き)、ポスターなど現実世界でありそうな印刷物を合計5つ作っていきます。

制作に用いる素材は公式サイトからダウンロードできるようになっていて、パソコンさえあれば、InDesignデビューできる書籍。

とにかく手を動かせるので、習うより慣れろ的なコンテンツで身を以てInDesignの概要を学べました。

 

よくわかるInDesignの教科書

まさにInDesignの教科書。

出版物製作で登場する専門用語をゼロベースで分かりやすくまとめてくれていて出版初心者の僕にとってありがたい手厚さです。

例えば、

  • 天アキ
  • ノドアキ
  • 小口アキ
  • 地アキ
  • ノンブル
  • 段組み

の用語の意味とか、

なぜ長さの単位が「Q」とか「H」なのか?

など InDesignを使っていく中で疑問に思っていたことを丁寧に解説してくれました。

また、実践的にもサンプルファイルを作れるようになっていて手を動かしながら学べるのも良いですね。

個人的には、電子書籍ファイルEPUB での書き出し方法にも触れてくれていて、僕が知りたかった電子書籍出版へのInDesign活用方法の手がかりも見せてもらえました。

 

InDesign クリエイター養成講座

この本で勉強していて、

「あれ、『よくわかるInDesignの教科書』と大体一緒じゃね・・・・・・・?」

と思ったら著者が同じでした。だいたい学ぶことも一緒でサンプルも似ていたので『よくわかるInDesignの教科書』を読んだ方はあまり吸収できることが少ないかもしれません。

ただ、最後に取り組めたサンプルの「取扱説明書」。

これまで色々なサンプル印刷物を作ってきましたが、製品の説明書をつくるのは初めて。製品(この場合はドライヤー)の特徴を図で説明する表現を学べたのが収穫でした。InDesign中のシェイプ機能でも十分に図解で説明できるのですね。

また、Kindle Unlimitedなら無料で読める本なので手軽に試せるのもいいです。

 

世界一わかりやすいInDesign操作とデザインの教科書

InDesignの使い方を幅広く網羅してくれているので、リファレンス的に使いたい一冊。

ただ、僕はこれまで3冊のInDesign本を読んできて、若干お腹いっぱいになっていたので飛ばし飛ばし読ませてもらいました。

やはり一番良かったのが冒頭でのイントロダクション。

InDesignとイラストレーターの違いを分かりやすく説明してくれていて、イラストレーターを使えるならばInDesignはそんなに難しくない、とのこと。

解説に手厚かったのがグラフィックスですね。

ベジェ曲線の使い方から丁寧に解説してくれていて、初心者でも出版物にイラストを挿入できそうです。

さらに、写真や図表などの文章以外のオブジェクトの挿入方法まで詳しく書いてくれています。

 

よかったのが練習問題形式でしょう。

学んだ知識をそのままにせず、アウトプットして終われる構成は良いと思いました。

ただ、残念だったのが書籍の中に書いてある図が小さいこと。ちょっと見にくいではありませんか。

僕は電子書籍のバージョンを買わせてもらったんですが、ちょっと図をいちいち拡大しなければならずだるかったですね。

しかも、拡大しても見えないところもあった(笑)

 

それから、電子書籍のEPUBの書き出しにもついて手厚く触れてくれています。

リフロー型で書き出すためにはInDesignであっても書き出しの設定、コードの手直しが必要になってくるみたいですね。

今後InDesignでEPUBファイルを書き出す時に参考にしたい書籍。

 

 

InDesignの勉強本は3冊ぐらいがちょうどいい

以上、僕が読んできたInDesignの勉強本たちでした。

3冊目あたりからお腹いっぱいになってきていて、4冊目のテキストを読んでいるときに、

あ、俺もう読む必要ないな・・・

と悟りました。

あとは実践で手を動かして体感値として実践で学ぶんでいくしかないなと悟ったのです。

ぜひ読者の方もお腹いっぱいになるまでInDesignの本を読んでみてはいかがですか?

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。