勘定科目は何??個人事業税を経費で仕訳する方法


個人事業税は経費にならぬものかね・・・?

どうも、Linです。尿、ガチ勢です。

 

フリーランスになると様々な税金がのしかかってきますよね。もうほんと、税金で埋もれて死にそうになりますよ。

そんなフリーランスの税金のうちの1つに

個人事業税というものがあります。

 

これはお住まいの都道府県に納める県税。

1年間の事業所得および不動産所得の合計が290万円以上あると納めなければならない税金になりますね。

この「事業所得および不動産所得」は青色控除などの控除適用前の金額ですので、えぐいえぐい。

所得税、住民税国民健康保険国民年金予定納税に続いて、個人事業主を苦しめてくる個人事業税 ですが、ただ一点だけ救いがあるのです。

それは、

個人事業税は経費になる

ということです。

 

 

個人事業税は経費になるってほんと??

こちらの国税庁のページの「必要経費に算入する場合の注意事項」に、

事業税は全額必要経費になりますが、固定資産税は業務用の部分に限って必要経費になります。

と書いてあります。

つまり、個人事業税の支払いは「事業を成長させるために使った金」とみなされるので、経費として計上していいことになりますね。

 

気になる勘定科目はというと、

租税公課(そぜいこうか)

になるみたいですよ。

映画「ユージュアル・サスペクツ」のカイザー・ソぜを思い出しますね

 

租税公課とは、

住民税・所得税以外の各種税金の支払いなど

に当てはまる経費のことで、こちらの国税庁のページによると、

必要経費になる租税公課は、

1 事業税、固定資産税、自動車税、不動産取得税、登録免許税、印紙税などの税金や
2 商工会議所、商工会、協同組合、同業者組合、商店会などの会費、組合費又は賦課金

などです

と書いてあるではありませんか。

ちなみに、フリーランスの税金として筆頭に挙げられる、

  • 住民税
  • 所得税

は経費になりませんので、個人事業税との仕訳混同に注意が必要です。

 

 

個人事業税を仕訳する方法はfreeeでも簡単

このように個人事業税は経費扱いできるのが唯一の救い。

税金の支払いは手痛いですが、まるまる100%ダメージを受けることは避けることができそうです。

 

この勘定科目「租税公課」はもちろん会計ソフトfreeeでもデフォルトで登録されているものでしたね。

税・保険・手数料

というカテゴリの中に「租税公課」を発見できました。

個人事業税 勘定科目 仕訳

個人事業税は経費になるので、支払いが終わったら会計ソフトfreeeでも忘れずに取引を登録しておきましょう。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる