速度はどれくらい?iPad Proを有線LAN接続する方法【ハブ活用法】




 

先日、USBタイプCのハブ「DST-C09WH」を用いてMacBook Proを有線LAN接続してみました。

その結果、

無線LANと比較して、有線LANは「26倍」の回線速度を叩き出す

という衝撃的な結果が得られました。

 

 

 

有線LAN接続の回線速度に味をしめ、いっそのこと、

「iPad Pro」でも有線LAN接続してみたい

という想いが芽生えたのです。

ってことで、試しにiPad Proも有線接続してみました。

 

ハブを準備する

まずハブの準備から。

iPad Proの差し込み口を確認し、タイプCならばタイプCのアダプター、LightningならばLightningアダプターを用意します。

そしてそのアダプターには「LANのさし込み口」が必要です。

わたしのiPadは「タイプCのみ」でしたので、MacBook Proと同じ「DST-C09WH」を採用しました。

 

アダプターを接続

アダプターをiPad Proに接続。

アダプターのLAN差し込み口に、LANケーブルを差しましょう。

 

家庭用ルーターの場合、ルーターのLAN口にLANケーブルをつなげばオッケー。

以下、ソフトバンク光の接続例です。

すると、画面の右上が変化します。

無線マークの隣に、有線LANのマークが現れるんです。

しばらくすると、無線LANマークが消失。

このままかと思いきや、やがて有線LANのマークも消え、充電の残りのパーセンテージしか表示されなくなります。

この状態になると、有線LAN接続は完了です。

 

接続チェック

念のため、有線LAN接続できているか確認しましょう。

iPadの「設定」に、

Ethernet

が出ていて「インターフェイス」が

USB 10/100/1000 LAN

となっていれば、接続は完了。

やりましたね。

 

有線LANにすると、回線速度ははやくなる?

さて、有線LAN接続の回線速度はいかほどでしょうか?

無線と有線の2パターンで測定してみました。

なんとその結果、

有線LAN接続が「11.25倍」も回線速度がパワーアップしていたんです。

しかも「レイテンシ」のロード済みの時間は大幅に短縮され、アップロードスピードも上がっているではありませんか。

 

こりゃ、すごいです。

MacBook Proと同様、iPad Proでも「有線接続の圧倒的な強さ」を見せつけられました。

こうなってくると、

iPad Pro、MacBook Pro、スマートフォン、すべての電子機器を有線LAN接続したいですね。

無線LANが普及したため、わざわざ有線接続する機会は減りましたが、

無線よりも「リアルの線」でつないだほうがネットは速いです。

iPad Proをお持ちの方は、有線LAN接続で回線速度を上げてみてください。

 

それでは!

Lin




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。