3分でわかる!iPad Proでマウス操作するための設定方法【右クリック・スクロールも対応】




 

iPad Proを使い始めてトライしたかったのが、

iPad Proでマウスを使うということ。

Magic Keyboardを導入したので、キーボードでiPadの文字を打てるようになりました。

もはや「マウス」さえ使えれば、iPad Proがノートパソコンになりそうではありませんか。

そこでiPad Proでマウスを使う方法を調べてみたところ、ちょっと設定をいじればマウスを操作できるようだったのです。

 

iPad Proでマウス操作するための準備

iPad Proでマウスを使うために必要なのは、次の3つのアイテム。

  • iPad Pro(iPadOS13.4以降)
  • マウス(有線でも無線でもOK)
  • USBタイプCのアダプター

僕の場合、iPad Proは2020年モデルの12.9インチ。

そして、使用するマウスは3年以上使っているトラックボールマウスの「M-XT1DR」です。

いわゆるBluetoothで無線通信できるタイプのもので、コネクターと呼ばれるUSBの端子(タイプA)をパソコンに挿すことで使えるタイプ。

ただ、このままではタイプCの身のiPad Proにさせませんので、タイプCの端子をタイプAに変換するアダプターが必要でした。

macbook pro usbハブ

こちらはMacBook Proで使っているアダプターと同じものを使用しましたが問題ありませんでしたよ。

 

要は、

iPad Proを準備してマウスをiPad Proにさせればいいんです。

 

 

 

iPad Proでマウスを使うための設定方法

準備が完了したら、いよいよ設定していきましょう。

iPad Proの設定から

アクセシビリティ>タッチ

へ進み、

「AssistiveTouch」をオン。

そして「デバイス」を選ぶと、

接続中のマウスが表示されるでしょう。

これだけで設定完了です。

iPad Proにマウスを接続した状態で、AssistiveTouchを「オン」にすりゃいいんですね。

 

ここで登場した「AssistiveTouch」とは、何らかの理由で画面をタップできない人でもiPad Proを操作できるようにしてくれる機能。

そのアクセシビリティの向上の一環として、iPad Proでもマウスでカーソルを動くようにしてくれたのです。

もちろん、マウスはキーボードと同時に使えます。

キーボードをBluetooth通信で接続し、マウスをUSBタイプC経由で接続すれば、マウスとキーボードを同時に使えます。

近年のiPad Proはもはやノートパソコンに近づいてきたと言えますね。

 

右クリックはどうなっているのか?

それでは、iPad Proはどこまでマウスで操作できるんでしょうか?

例えば、パソコンのマウスで操作できるドラッグや、右クリックはiPad Proでもできるんでしょうかね。

実際にトライしてみたところ、iPad Proでマウスの操作の自由度はなかなかに高かったです。

 

まずテキストをパソコンの操作と同じようにクリックし続けてカーソル動かすと、ドラッグして選択できます。

  • そして、そのテキストを選択した状態で右クリックすると、次のような選択肢が出てきます。
  • コピー
  • 調べる
  • ユーザー辞書
  • 共有

Image from Gyazo
また、アプリのアイコンで右クリックすると、アプリのアイコンを長押しして出てくるメニューと同じ選択肢が出てきます。

この検証結果から判明したのが、

iPad Proにおけるマウスの右クリックは、iPad Proにおける「長押し操作」と同じ

なのです。

 

iPad Proでマウス操作するための細かい設定

細かい設定ももちろんできます。

設定から

一般>トラックパッドとマウス

に進むと詳細な設定ができるのです。

 

カーソルの速さを調整する

まず1つ目がカーソルの速さの調整。

これは「軌道の速さ」という項目で調整できるようなもので、右のウサギに行くほど、カーソルの動きは早くなります。

ある一定のマウスの入力に対してカーソルが大きく動くようになるんですね。

素早いマウスのカーソル操作を必要とする時は、このタグをウサギに近づけるといいでしょう。

 

スクロールの方向を変える

そして、スクロールの方向も調整できます。

ナチュラルなスクロール

というタブをオン・オフにすることで、それは可能なんです。

 

こいつをオンにすると、

  • 上にスクロール → 画面は下に
  • 下にスクロール → 画面は上に

動きます。

 

 

こちらはmacOSと同じ動き方なので、Macユーザーの方はこちらをオンにしておくと良いでしょう。

 

逆にオフにすると、スクロールの動きが逆に。

  • 上にスクロール → 画面は上に
  • 下にスクロール → 画面は下に

この動きはWindows OSでのスクロールの動きと同じ。

 

 

Windowsユーザーの方は、「ナチュラルなスクロール」をオフにすると使いやすいかもしれません。

 

 

さあ、iPad Proでマウスを操作してみよう!

以上ですね。いや、素晴らしいです。

Macで使っていたトラックボールのBluetoothマウスをタイプCのアダプターごと、iPad Proにぶっさしただけだったんですが、ちょっと設定をいじるだけ使えました。

もう、感動です。

iPad Proをノートパソコンとして使いたいと考えている方はiPad Proでマウスを使ってみてくださいね。

 

それでは!

 

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。