iPad Proで有害サイトをブロックする方法【iPhoneもMacも対応】




 

先日、iPad Proを導入したんですが、1つ本格的にやるべきことがありました。

それは、

有害サイトをブロックすること。

 

iPad Proは大型のディスプレイのデバイス。

コンテンツを生成できますし、逆に消費することも可能なのです。

iPad Proは消費デバイスとしても優れているので、気がつくとiPad Proで有害コンテンツを閲覧してしまうではありませんか。

 

せっかく、MacBookで有害サイトをブロックする方法を覚えたのに、iPad Proでその鉄壁が崩れるのは避けたいところです。

そこで、iPad Proでサイト有害サイトをブロックする方法を調べてみたところ、

Appleのデバイス(MacBook、 iPhoneなど)に標準装備されているサイトブロック機能を発見したんです。

その名も、

スクリーンタイム

です。

 

「スクリーンタイム」とは、主にキッズのコンテンツ消費に制限をかけるもの。

アプリの利用時間や制限を設けたり、有害サイト、有害アプリをブロックできたりする機能なのです。

 

残念ながらまだキッズはいませんが、このスクリーンタイムという機能を用いて、iPad Proで有害サイトブロックする方法を模索してみました。

 

スクリーンタイムを開く

まずは設定からスクリーンタイムを開きましょう,。

スクリーンタイム>コンテンツとプライバシーの制限

で、

コンテンツ制限、

 

 

 

制限したいコンテンツを設定する

続いて、閲覧を制限したいWebコンテンツを選択。

Webコンテンツ

から、

まずは

成人向けサイトを制限する

にチェックを入れて、常に許可しないサイトを追加していきます。

制限したいサイトのドメイン名を入力すればいいんですね。

たったこれだけで、指定した有害サイトへのアクセスをiPad Proで制限できますよ。

この状態で制限したサイトにアクセスすると

制限されたサイト

という警告が出て、サイトにアクセスできなくなります。

これはブラウザーを何を使おうが同じで、Chromeだろうが Safariだろうが Firefoxだろうが全てブロック。

ブラウザのシークレットモードでもこのスクリーンタイムは機能しますのでご安心ください。

 

いやあ、素晴らしい機能です。

しかも、スクリーンタイムはiPad Proだけではなく、iPhoneやMacでも利用できる機能ですから活用しない手はありません。

 

スクリーンタイムの欠点

ただし、このスクリーンタイムに1つだけ欠点が!!

それは、

ワンタッチでブロックを解除できること。

 

コンテンツとプライバシーの制限

というタグをオフにすれば、今まで通り有害サイトにアクセスできてしまうではありませんか。

一応、「パスコード」という4桁の番号を設定して、パスワードを入力しなきゃ設定を変更できないようにすることは可能です。

しかし、これは

ペアレンツがキッズ相手に制限をかける場合に有効

であって、

自分で自分を制限する時には不向きです。

なぜなら、パスコードは自分で設定する数字なので、パスコードを知っているからですね笑

 

だから、いくらロックをかけても最終的には自分で解除できてしまうわけです。

うーん、これは何かもっともっとうまい手はないでしょうか。

 

ただ、パスコードをかけておくことで、4桁の数字を入力する手間が発生するので、

アクセス制限を解除しようとする手が一旦止まります。

そこで己の良心に

一体自分は有害コンテンツを消費したいんだろうか

と自問自答できる時間が生まれます。

まあ、パスコードを設定すれば、何もしないよりはマシなので4桁のロックはかけておきましょう。

どうしても、

「パスコードを自分で突破してしまう・・・・」

という方は、

目をつぶってパスコード4桁を設定する

とうう荒業もあります。

これ妥当パスワードは誰も知らない状態になってしまいますので設定を変更できませんが、絶対に有害サイトを閲覧できなくなりますね。

iPad ProでもiPhoneでもMacでも有害コンテンツをブロックして、もっと仕事に、いや、人生に集中したい方はスクリーンタイムを活用してみてください。

 

それでは!

Lin

 

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。