【口コミ・評判】Japan Taxiのアプリでタクシーを配車する使い方


Japan Taxiのアプリでタクシーを呼んでみた

最近、世の中に多くのタクシー配車アプリが誕生していますね。

そのうち、日本でも最大級の規模を誇るタクシーアプリが

Japan Taxi(ジャパンタクシー)

です。

2019年5月21日現在、このJapan Taxiというアプリは日本全国47都道府県のエリアに対応。

 

japan taxi 口コミ 評判

 

898のタクシー事業者と、それらに属する62,455台のタクシーを配車できるアプリになっています。

ぼく自身、Uberを使ってからタクシーアプリでの移動にはまってしまったので、早速このジャパンタクシーというアプリも使ってみることにしました。

今日はそのアプリの使い方と使ってみた感想などの口コミ・評判情報を書いておきたいと思います。

 

 

Japan Taxiのアプリの使い方

まずはアプリの使い方ですね。

初めてジャパンタクシーのアプリを使う方は次の10ステップを踏むといいですよ。

 

Japan Taxiのアプリをインストール

まずはアプリをインストールしましょう。

JapanTaxi(旧:全国タクシー)

JapanTaxi(旧:全国タクシー)
posted withアプリーチ

アプリのインストール時に「B67A4F」というクーポンを使うと、1,000円引きでタクシーに乗車できます。初回限定ですので良かったら使ってみてくださいね。

 

アカウント登録

続いて、アカウント登録になります。

登録時に必要なのは

  • カタカナ氏名
  • メールアドレス
  • 性別
  • 誕生日
  • 携帯電話番号

ですね。

住所など詳しい個人情報は晒さなくていいので、とても簡単に登録できるでしょう。

また、タクシーの乗車料金をネット決済したい方は、事前にクレジットカード情報を登録しておくといいですね。

これは必須ではなく、もちろん現金決済も可能なのでご安心ください。

 

乗車位置を決める

ここまででジャパンタクシーのアプリを使うための準備完了。

 

それでは早速使ってみましょう。

まずはタクシーに乗る「乗車位置」を決めます。

japan taxi 口コミ 評判

アプリ上のマップを移動することで、乗車位置のピンを移動することができますね。「人マーク」のピンが乗車位置を表していますので、こいつをずらしていきましょう。

マップで感覚的に乗車位置を決められますし、住所や建物名などで乗車位置の検索もできます。

japan taxi 口コミ 評判

また、ジャパンタクシーのアプリでは配車を予約することもできます。

「予約日時」をタップしてやると、日にちを決めて予約できますのでよかったら使ってみてください。

 

目的地を決める

乗車位置が決まりましたら、あとは目的地を決めるだけ。

目的地は「旗マーク」で表されていて、先ほどと同様に建物名でも住所名でも検索できますので探してみてください。

japan taxi 口コミ 評判

 

タクシー会社を選ぶ

続いて、どのタクシー会社のタクシーに来てもらうかを決定します。

会社ごとに評価が見れるようになっていて、しかも、ネット決済できるかどうかも分かるので大変便利。

japan taxi 口コミ 評判

ただ、どのタクシー会社にしたらいいのかはわからない方もいるでしょう。

そんな方のために「会社をおまかせ」というコマンドがありますので、これを発動してやるとジャパンタクシーのアプリに会社選びを任せられます。

僕自身、特にタクシー会社のこだわりがなかったので「おまかせ」にしてみました。

 

支払い方法を決める

料金の支払い方法を決めていきますよ。

japan taxi 口コミ 評判

ジャパンタクシーのアプリでは、

  • クレジットカード決済
  • アプリストア払い(Appleストア、Googleストア)
  • 現金払い

という3つの方法があります。

そのうち、「クレジットカード」と「アプリストア」がネット決済にカテゴライズされると思います。

このネット決済を選べば、タクシーから降りる時にお金を払う煩わしさが生じないので200%ぐらいネット決済がおすすめです。

ただ、ネット決済に対応していないタクシー会社もあるようなので、そこはタクシー会社選びのフェーズで決めるといいでしょう。

現金支払いの場合はクーポンが使えないみたいなので注意

 

クーポンを適用する

Japan Taxiのアプリで使えるクーポンお持ちの方はここでクーポンを使います。

配車を決定してタクシーを呼ぶ前にクーポンを使うことになっているので、焦ってクーポン適用前にタクシーを呼ばないようにしましょう。

 

僕もギリギリこの「クーポンを使うフェーズ」に気づきました。

クーポンをお持ちの方は、「クーポンなし」というところの「変更」をタップ。

すると、クーポン適用画面になりますので、ここでクーポンコードを直接入力するか、クーポンを既に取得している方はクーポン一覧から選ぶようにするといいですよ。

japan taxi 口コミ 評判

クーポンを選んだら先ほどの画面に戻って、クーポンがしっかり適用になっているかチェックしてみましょう。

japan taxi 口コミ 評判

まだ、クーポンをお持ちでない方は初回のみ限定ですが「B67A4F」というクーポンを使うと1000円引きになりますのでよかったら使ってみてください。

 

タクシーを呼ぶ

乗車位置、目的地、支払い方法、クーポンの全てを確定したら、後はタクシーを呼ぶだけ。

アプリの下の「今すぐ呼ぶ」をタップしてやると、

付近のタクシーを検索中

と出てきます。

japan taxi 口コミ 評判

この時点でタクシーを呼ぶことが確定して金がかかるので、決心を固めた上でタクシーを呼ぶようにしましょう。

 

タクシーを待つ

1分も経たないうちにタクシーの配車が決定。

マップにはタクシーのアイコンが現れ、

タクシーが向かっています

というセリフがでてくると思います。

japan taxi 口コミ 評判

そこには、「到着予定時刻」が記されていて、僕の場合は9分後になっていましたね。

 

この時点でタクシーの「車両番号」がわかります。

車両番号とはナンバープレートではなく、タクシーの上とかサイドとか後ろについている番号のこと。

japan taxi 口コミ 評判

残念ながら、Japan Taxiのアプリでは、タクシーのドライバーの名前も顔もわからず、タクシー会社だけわかるような状態で配車が決定します。

 

ジャパンタクシーのアプリはタクシーの数が多く、すぐに近くのタクシーが見つかったんですが。乗るまでに結構時間がかかってしまいました。

japan taxi 口コミ 評判

「おーきたきたきた」

と思っていたら、

japan taxi 口コミ 評判

タクシーが通過。

japan taxi 口コミ 評判

「おいおいおい!過ぎちゃっとるやん!?」

 

タクシーはあるところで左折し、

japan taxi 口コミ 評判

もう一度僕の方に向かってきて、ようやく配車確定から10分後に乗ることができました。

japan taxi 口コミ 評判

ちょっと残念でしたが、おそらくこれはジャパンタクシー側のシステムの問題。

ドライバーが予約に気づかなかったんじゃないか、と今では思っています。

 

タクシーに乗る

なにはともあれ、タクシーを呼んで乗ることができました。

japan taxi 使い方

乗る時に自分の名前を告げ照合が完了。

 

乗ってみるとやはり中は普通のタクシー。

japan taxi 使い方

ドライバーはスマホやタブレットを操作しておらず、カーナビで運転しているようでした。

japan taxi 使い方

結構道に詳しいドライバーの方で

「あー今の時間、下校時間で閉鎖されてるからちょっと通れないかもな」

「そうなんですか」

「こっちの道使うけどいいかな」

「ありがとうございます。お任せします」

という感じで、むちゃくちゃ道に詳しいベテランのドライバーの方で頼もしかったです。

 

一方、ジャパンタクシーのアプリを見てみると、バグを起こしていて、

タクシーに乗ったけれどまだ待っている状態

になっていて若干不安でした笑

心配でしたが、タクシー乗って移動し始めてしまったので、流れに身を任せることにしました。

 

タクシーから降りる

何はともあれ、目的地に着いてタクシーを降りることになりました。

僕はクレジットカード払いのネット決済を選択していましたので、料金支払いのやり取りは必要なく、降りるだけでよかったです。

タクシーのドライバーの方がレシートのような領収書を出してくれましたね。

japan taxi 使い方

気になる乗車料金は3km弱 ほど移動して1300円。

初回の1000円引きのクーポンを使わせてもらったので、300円で実質タクシーに乗ることができて大満足です。

 

ただ、アプリが依然としてバグっていたので心配。

「もう降りていいんですか」

と聞いてみると

「多分な。いつも支払いの画面になるはずなんだけど今日はちょっとおかしいなあ」

「そうですか」

「まあ大丈夫だよ」

「ありがとうございます」

という感じで、まだドライバーの方も手探り状態。

ぼくもちょっと不安でしたが、領収書は切ってもらいましたので降りることにしました。

 

ドライバーを評価する

バグが直らなかったのでアプリを再起動。

すると、ちゃんと処理ができていたようで、乗車記録もちゃんと残っていて安心でした。

 

後はドライバーを評価するだけ。

ジャパンタクシーのアプリでは5段階の星で乗車を評価し、

japan taxi 口コミ 評判

さらに詳しい

  1. 乗車できた
  2. 丁寧な運転
  3. 丁寧な接客
  4. 適切な経路
  5. 清潔な車内
  6. スムーズな支払い

6項目の評価をしていきます。

あとは自由なコメントですね。

japan taxi 口コミ 評判

僕の場合、ちょっと不安でしたがbadと言うには及ばなかったので全部goodしておきました笑

 

 

ジャパンタクシーのアプリでタクシーを呼んでみた感想

せっかくなので、Japan Taxiのアプリを使ってみた感想も書いておきます。

 

タクシーの数が多かった

やはり日本最大級のタクシー配車アプリだけあって、タクシーの数が多かったです。

japan taxi 口コミ 評判

僕は新宿でアプリを開いたのですが、周辺に夥しい数のタクシーが走っていて、

「タクシーを呼びやすいというレベルというか、見つからないはずないだろう」

と自信を持って配車できました。

さすが日本全国に展開している配車アプリだけあって、そこの安心感は固かったですね。

 

タクシーを待っている時間は正直不安

今回ジャパンタクシーのアプリを使ってみて一番不安だったのかが、

タクシーに乗車する前の時間でした。

 

ドライバーの情報が少なく、

名前もナンバープレートをわからず、

車両番号しかわからない!

 

また、今回の乗車では1回自分の目の前をタクシーが通り過ぎてしまうというハプニングもあって、乗車までの時間がまた長かったのがで余計に不安になりました。

今後はタクシー乗車前の体験がもっとよくなるといいといい良くなると思いますね。

 

タクシー会社を決められる

ジャパンタクシーのアプリにはタクシー事業者が多く登録されています。

しかも、そのタクシー会社をどれにするかの決定権がアプリのユーザーに委ねられたのが面白いと思いました。

タクシー会社にこだわりがある方は、お気に入りの会社の車両を呼べますね。

ただ、僕のようにタクシー会社にこだわりがない方は、逆に迷ってしまいますので「会社おまかせ」にすればいいと思います笑

 

迎車料金はタクシー会社ごとに違う

Japan Taxiのアプリを使うと、通常の乗車料金と別に迎車料金がかかってしまいます。

この「迎車料金」は利用するまでいくらになるかわからず、しかも、タクシー会社ごとによって異なるみたいでしたね。

僕は今回、日本交通のタクシーに乗ったんですが、この会社では

初乗り料金の410円

が迎車料金でかかっていました。

 

降りるまで料金がいくらかわからなかった

またジャパンタクシーのアプリでは、タクシーが目的地に着くまでいくら乗車料金がかかるのかわかりません。

タクシーに乗りながらも、若干メーターを気にして乗ることになるので、遠くまで移動したい場合はちょっと不安かもしれませんね。

 

支払い方法が多彩でいい

ジャパンタクシーのアプリで良かったのが、乗車料金の支払い方法が多く用意されていたことです。

  • クレジットカード
  • アプリストア決済

というネット決済に加えて、従来の「現金決済」で支払えるようになっていましたので、自分の事情によって支払い方法を変化させることができます。

 

圧倒的な手間削減

タクシーに乗る時に生じる手間がごっそり省けてるのはいいですよね。

タクシーを止める手間に始まり、

  • タクシーの料金を支払う
  • 目的地を伝える労力

なども削減できて幸せでした。

 

 

さあ、Japan Taxiのアプリでタクシーを配車してみよう

以上がJapan Taxiアプリの使い方と使ってみた感想でした。

やはりジャパンタクシーのアプリは日本全国のエリアに対応しているという点がすごくでかい。

タクシーの台数も日本最大級で規模が違います。

まだドライバーの方も手探り感がありましたが、こんなに多くのタクシーをアプリ経由で呼べるのは革命的だと思います。

 

ジャパンタクシーのアプリに興味を持った方は、「B67A4F」というクーポンを使ってみてください。

初回限定ですが1000円引きになるようですのでタクシーのアプリを試してみるには最適です。

よかったら使ってみてくださいね。

JapanTaxi(旧:全国タクシー)

JapanTaxi(旧:全国タクシー)
posted withアプリーチ

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる