【口コミ・評判】JapanTaxi Walletでタクシー料金を支払ってみた感想


JapanTaxiタブレットがあればJapanTaxi Walletが使える!

先日、偶然流しで乗ったタクシーが「JapanTaxiタブレット」に対応していました。

タクシーの左後ろの座席前に取り付けられたタブレットのことで、公式ページによると、

決済機とデジタルサイネージを兼ね備える後部座席設置型タブレットです。QRコード決済に対応する「広告タブレット」と、さらに各種カードや交通系IC、電子マネーなどマルチに対応する「決済機付きタブレット」の2種類を展開。グループ会社である株式会社IRISでは、タブレット内で音声付き動画やコンテンツ配信を行う「Tokyo Prime」を開発・提供しています。

だそうですね。

つまり、QRコード決済、交通系ICカード、電子マネーなど多種多様な決済方法に対応できる代物で、ついでに動画広告も流せるタブレットです。

せっかくなのでこのタブレットを搭載したタクシーで使える「JapanTaxi Wallet」という決済サービスで乗車料金を支払ってみましたので使い方と体験談を書いておきますよ。

 

JapanTaxi Walletとはどんなサービスなのか?

まずJapanTaxi Walletの概要から書いておきましょう。

JapanTaxi Walletは先程申しましたように、

JapanTaxiタブレットが搭載されたタクシーで使える支払サービス

のこと。

ジャパンタクシーのアプリでQRコードを読み取るだけで乗車料金の支払いが完了するのですね。

したがって、JapanTaxi Walletを利用すれば、タクシーから降りるだけで乗車料金の支払いが完了します。

タクシーアプリのメリットである「オンライン決済だけ抽出したようなサービス」ですね。

 

 

JapanTaxi Walletの使い方

JapanTaxi Walletはこんな感じで使っていきますよ。

 

ジャパンタクシーのアプリを起動する

JapanTaxi Walletで使うのは、ジャパンタクシーのアプリです。

まだこちらのタクシー配車アプリを使ったことがない方はダウンロードしてみてください。

JapanTaxi(旧:全国タクシー)

JapanTaxi(旧:全国タクシー)
posted withアプリーチ

B67A4F」というクーポンを使うと初回限定500円引きになりますよ。

 

JapanTaxi Walletを使うからといって、JapanTaxi Wallet専用のアプリが存在しているわけではなく、ジャパンタクシーのアプリをそのまま使えるのが助かります。

 

JapanTaxi Walletを選ぶ

ジャパンタクシーのアプリの左メニューから2つ目の

JapanTaxi Wallet

を選んでみてください。

すると、スマートフォンのカメラが起動し、QRコードを読み取る画面に遷移するでしょう。

 

タブレットをいじる

じゃあ、どこをスキャンすればいいのかというと、タブレット上に専用のQRコードを表示させます。

JapanTaxiタブレットの下のメニューから真ん中ら辺の「JapanTaxi Wallet」というメニューを選択。

すると、タブレットの画面上にQRコードが出てきます。

その右上に表示されたやつを先程のアプリで起動したQRコードのカメラで読み取っていきましょう。

 

コードをスキャンするタイミングは目的地に到着する前でオッケー。

無事に支払い手続きが完了すると、

ジャパンタクシーウォレット決済の申し込みを受け付けました

というアナウンスがタブレットで鳴ると思います。

音声が出ると、

「うっお、まだ目的地ついてないに払っちゃった・・・?」

と焦るかもしれませんが大丈夫です。

あくまでもこの時点では決済する準備ができただけで、決済完了したわけではありませんからね。

あとはタクシーが目的地に到着するのを待つだけです。

 

タクシーから降りる

アプリでQRコードをスキャンした時点で乗車料金の支払いは完了しています。

タクシーが目的地に着いたらあとは降りるだけですね。

 

領収書が必要な場合は、降りる前に

「あっ、すいません領収書をお願いします」

といえば発行してもらえますよ。

また、ここでもらえなくても登録メールアドレスに自動で領収書のメールを送ってくれるので安心です。

 

ドライバーを評価する

JapanTaxi Walletで乗車料金を支払うと、ジャパンタクシーのアプリに乗車履歴が残ります。

確認してみるとドライバーを評価できるようになっているではありませんか。

評価方法はジャパンタクシーのアプリと同じ。

問題がなければ5つ星をあげましょう。

 

 

JapanTaxi Walletを使ってみた感想

いや、いいですねぇ、JapanTaxi Wallet、

利用前には完全に見くびっていましたが、素晴らしいサービスです。

 

タクシーから降りるだけでいい

やはり一番気に入っていたのがオンライン決済できるようになることです。

「タクシーアプリ最大の旨み」といって過言ではない「オンライン決済」を後付けで利用できるのがいいですね。

これならばクレジットカードのサインする必要ありませんし、暗証番号入力しなくてもいいし、現金をじゃらじゃらしなくていいです。

QRコードをスキャンするだけで支払いが完了できてしまいますからね。

 

クーポンも使える

あと、助かったのがジャパンタクシーのクーポンも使えたということです。

今回は普通に流しのタクシーを止めたのにもかかわらず、結果的に持っていたジャパンタクシーのクーポンを使えてお得にタクシーに乗れました。

僕と同じように、ジャパンタクシーのクーポンを使いたいということは「B67A4F」という初回限定500円OFFクーポンを使ってみてください。

 

迎車料金はかからない

オンライン決済できて、かつ、クーポンも使えるときていながら、

迎車料金はかかりません。

 

タクシー配車アプリを使うと、タクシーを乗車位置まで呼び寄せる「迎車料金」がかかってしまいます。

が、このJapanTaxi Walletを利用した場合、流しで自分でタクシーを止めたことになるので迎車料金は発生しません。

タクシーアプリを利用する時より安くタクシーに乗れますね。

 

領収書も貰える

また、JapanTaxi Walletで決済すると領収書の記録が残しやすいのがいいですね。

ドライバーの方に頼めば紙のレシート型の領収書をもらえますし、降車すると同時に登録してあるメルアドに

【JapanTaxi】領収書

という件名のメールが届きます。

確実に支払いの記録を残せる点もありがたいですね。

会社の経費で落としたいサラリーマンや、事業用の経費を記録したい事業主の方も重宝するでしょう。

 

操作も簡単で嬉しい

JapanTaxi Walletの話を聞いた時は、JapanTaxi Wallet用のアプリをダウンロードする必要があると思っていました。

しかし、そんな煩わしいことは発生しませんでした。

既存のジャパンタクシーのアプリさえダウンロードしておけばよく、その中の1メニュー「JapanTaxi Wallet」を選ぶだけでJapanTaxi Wallet払いできるのが便利。

QRコードを読み取るだけときていますので、一瞬でタクシーの乗車料金の支払いできちゃうのも助かりますね。

 

個人的にはJapanTaxi Walletはデメリットが見つからないぐらい気に入りました。

流しでたまたま乗ったタクシーにJapanTaxiタブレットが付いていたら是非JapanTaxi Walletを試してみましょう。

初回限定の500円クーポン「B67A4F」も併せてどうぞ。

 

他のタクシーアプリ も気になる方は「タクシー配車アプリまとめ記事」も参考にしてみてくださいね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる