物販アフィリエイトに便利!カエレバの使い方

Sponsored Link


物販アフィリエイトに便利なカエレバを使ってみよう

どうも、Linです。西日を、受けてきました。

 

WordPressなどでブログを運営していると、

ECサイトで購入した商品をアフィリエイトで紹介したい・・・・!

という瞬間があるでしょう。

Amazonの商品だけならば「Amazon JS」というWordPressのプラグインが便利で、ぼくもこのプラグインを使い続けてきました。

が、これだと、

Amazonでしか紹介できない

という問題が発生します。

 

ユーザーごとにお気に入りのECサイトがありますので、できれば同じ商品のリンクを他のECサイトでも同時に貼って紹介したいですよね。

そんな夢を叶えてしまったのが、

ブロガーのかんきちさんが開発した「カエレバ」というツール

です。

 

こちらのツールを使えば、

複数のEC サイトで同時にアフィリエイト紹介できるのです。

もっと具体的に言うと、

  • メイン EC サイトでの商品詳細リンク
  • メインECサイトでの商品写真
  • 他の EC サイトでキーワード検索した結果へのリンク

を同時に貼ることができます。

 

カエレバ 使い方

 

 

例えば、カエレバで作ったこちらのリンク↓

メインECサイトをAmazonとし、サブリンクとして楽天市場の検索結果のリンクを貼れてますね。

このように1商品に対して複数のECサイトのリンクを貼れるのがカエレバの魅力です。

 

 

ECサイトへのリンクが自由自在!カエレバの使い方

カエレバの使い方は次の5ステップ。

 

Step1. カエレバのサイトにアクセス

まずはこちらのリンクからカエレバのサイトにアクセスしてみましょう。

 

カエレバ 使い方

 

Step2. ユーザーデータ入力

アフィリエイトリンクを貼るために必要なユーザーデータを入力していきます。

自分のアフィリエイトリンクであることを示す「アフィリエイト ID」をECサイト、ASPごとに記入していくことになります。

 

カエレバ 使い方

 

それぞれのECサイト、ASPごとにアフィリエイトidを確認する方法は異なりますが、カエレバ上で確認方法が解説されているのでそちらを参考にすればなんとかなるでしょう。

 

カエレバ 使い方

 

もしもアフィリエイトと提携していると、Amazon・楽天市場・ヤフーショッピング・7 netの商品リンクが1つのASPだけで完結するのでおすすめです。

 

 

Step3. メインECストアを選ぶ

さていよいよアフィリエイトリンクを作っていきます。

まずはメインとなるEC サイトを選択しましょう。

カエレバのトップページの上部にある商品キーワード横のタブをクリックすると、

  1. Amazon
  2. 楽天市場
  3. 楽天商品価格ナビ
  4. もしも

の4つからメインECサイトを選ぶことができます。

 

カエレバ 使い方

 

Amazonの商品を紹介したいときはAmazon、楽天市場の商品ならば楽天市場でいいでしょう。あとはよくわかりません笑

ここで選んだEC サイトの商品をメインにリンクを貼っていくことになります。

 

Step4. キーワードで商品を探す

「商品キーワード」に商品名を入れて、メイン EC サイトで商品の詳細ページを見つけましょう。

カエレバ 使い方

この「商品キーワード」は「他 EC サイトでのキーワード検索結果」の検索キーワードになりますので、どこの EC サイトでも引っかかるような普遍的なキーワードにするといいですよ。

 

例えばここで、Fitbit blazeという活動量計のアフィリエイトリンクをAmazonをメインにして貼りたいとしましょう。

この時、キーワードを「Fitbit blaze」とし、Amazonで商品リンクを貼りたい商品を選びます。

すると、メインの詳細リンク以外のストア(例えば楽天市場)で「Fitbit blaze」と商品検索した結果が表示されるのです。

 

Step5. リンク作成

いくつか商品が表示されますので、めぼしい商品がありましたら「ブログパーツを作る」をクリック。

 

カエレバ 使い方

 

すると、先ほどのステップ2で入力したユーザー情報をもとに、自動的にカエレバのリンクを作成してくれます。

あとはリンクの細かい設定を、

  • リンクデザイン
  • 掲載サイト
  • 検索キーワード(サブECサイトでの検索キーワード)
  • 商品タイトル(メインECサイトでの商品名)
  • 商品画像のサイズ
  • 誘導文言(で購入、で探す、などなど)
  • リンクに含めるサブECサイト

を自由にカスタマイズ↓

 

カエレバ 使い方

 

もう好きにしちゃってください。

 

Step6. リンクを貼る

最後にこちらのコードをコピーして記事中に貼れば OK です。

 

カエレバ 使い方

 

WordPress の方はテキスト編集モードにして、ほかのアフィリエイトリンクと同じように貼り付ければいいですね。

すると、こんな感じのカエレバのリンクがサイトの記事内に挿入できるんじゃないですかね。

カエレバ 使い方

 

 

カエレバのリンクはCSSのカスタマイズでもっと良くなる!

がしかし、です。

ありのままにカエレバのリンクを貼ると、シンプルすぎるという悲劇が起こります。

カエレバ 使い方

そんな時はコピペで使えるCSSを使わせてもらいましょう。

なるべくおしゃれなカエレバのリンクを貼りたかったので、こちらの神記事を参考にさせてもらいました↓

 

こちらの記事によると、カエレバリンクのデザインを「amazlet風-2(cssカスタマイズ用)」に設定し、

下のコードをWordPressのstyle.cssに追加で貼り付ければいいんだとか。

 

こちらのカスタマイズコードはカエレバだけでなく、その姉妹サービスのヨメレバでも使えるそうで大変ユビキタス。

早速CSSファイルにコピペさせてもらいました。

その結果、

というカエレバのリンクが貼れるようになりました。

うん、いいですね。

 

このようにカエレバなら複数のECサイトのリンクを一度に掲載できるので、ユーザー好みのECサイトにも対応できるようになります。

まだカエレバを導入したことがない方はよかったら試してみてくださいね↓

 

また、

「カエレバの使い方はマスターしたぜ??」

とスポンジのように吸収してしまった方は本のリンク専門の「ヨメレバ」の使い方もこの際習得しておきましょう。

 

それでは!

Lin

飯橋凛(Ihashi Lin)

新卒で入ったネット広告代理店を1年半で退職。
その後、副業として活動していたウェブメディア運営のフリーランスへ。
現在はプログラミングの勉強に励み、0からフリーエンジニアの道を目指す。最近はキムチをまとめ買いしている


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる