意外に少なかった!海外転出届に必要な書類


海外転出届に必要な書類ってあるの?

住民票を抜くために必要な書類である「海外転出届」。

かなり重要な手続きなので、

  • 一体この書類を出すためには何が必要なのか?
  • 海外渡航日の何日前から出せるのか?

ということが気になるかもしれませんね。僕自身、初めての海外転出だったので手続きする前はビクビクしながら一寸先の闇をうろうろしていました。

 

この海外転出届の管轄はお住まいの市区町村の役場なので、住んでいる地域ごとにルールが異なるかもしれませんが、

僕は全く書類が必要なく、すこぶる簡単に海外提出届を出せました。

 

いや、むしろ、「海外転出届」という書類があったわけではなく、

「転出届」という住民票を抜くための書類を提出しただけでした。

 

その「転出届」に、

  • 転出予定日→ 海外に出発する日
  • 転出先 → 国名

を記載しただけ。

 

 

「いや、転出先、国名だけでいいのかよ!?」

「なんか証明書見せなくていいの?汗」

と、正直あまりにも簡単に海外転出できたので度肝を抜かれましたね。

 

調べてみると、市区町村によっては、航空券を見せたり、留学の証明書を見せたりするところもあるみたいです。

また、海外転出のタイミングも、出発の2週間後などの縛りつきの市区町村もあるみたいです。

ってことで、住んでいるところによりけりなので、お住まいの市区町村の役場でルールを確認した方がいいと思います。

 

 

海外転出届を出すときに持っていった方がいいものはある

海外転出届を出す時に必要な書類を特にありませんでしたが、一緒に持って行った方がいい書類もありました。

それは、

  1. マイナンバーカード
  2. 国民健康保険証

です。

 

マイナンバーカード

まずマイナンバーカードですね。

実は海外に転出して日本から住民票を抜いてしまうと、

マイナンバーカードが失効することになります。

 

写真付きのマイナンバーカード、もしくは通知カードをお持ちの方は失効手続きが必要です。

僕はたまたま海外転出届を出したときに持っていましたので、住民票を抜いたと同時にマイナンバーカードの失効手続きもやってもらいました。

 

国民健康保険証

また、国民健康保険証を持っていくといいでしょう。

国民健康保険は日本から住所を抜いてしまうと支払う必要がなくなり、保険から脱退することになります。

当然ながら、国保に守られなくなります。

 

ただ、日本に住民票を置いていた当月の前月までの保険料は支払わなければならないので、町役場で残りの金額を一気に生産することになります。

例えば、8月29日に日本を出発する予定だったら、前月7月までの保険料は支払わなければなりません。

 

役場に国保の保険証を持っていけば、残りの保険料を支払えるの納付書を発行してもらえます。

その納付書を使ってコンビニで支払うか、もしくは、モバイルレジでオンライン支払いしましょう。

また、保険証自体はその場で返却する必要はなく、出発直前まで使えますのでご安心ください。

封筒で郵送返却できるように手配してもらえるはずです。

 

年金について

また年金に関しては、住民票を抜くと自動的に失効します。

国民健康保険と同じで、当月の前月までの料金だけ支払えばOKです。

 

 

という感じで、海外転出届は簡単に提出できますが、マイナンバーカードと国民健康保険証を持っていくと、その後の手続きがスムーズになるのでおすすめですね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる