Kindle出版(KDP)のロイヤリティの支払いはいつ?




Kindle出版(KDP)のロイヤリティの支払いはいつ??

誰でも頑張れば電子書籍を出版できる「Kindle出版」。

通称、KDP(Kindle Direct Publishing)

僕自身、これまで

を出版してみましたが、やはり楽しい。

ブログとは異なるフィールドで発信できるのです。

本好きならハマるかもしれません。

 

ただ、Kindle出版で知っておきたいのは「ロイヤリティ支払いのタイミング」です。

つまり、

電子書籍の売上をいつ支払ってもらえるのか?

ですね。

 

KDPのロイヤリティは約2ヶ月後に振り込まれる

こちらの公式ページに「答え」はありました。

5.4.2 支払い期限 別途電子書籍価格設定ページまたはプリント本価格設定ページにおいて定めがない限り、Amazon 当事者は、書籍の販売実績に基づき、販売当月の月末より約60日後にロイヤリティを支払うものとします。支払いに際して、書籍販売の詳細と該当するロイヤリティのオンライン レポートを利用できます。

ズバリ、

販売月の月末から約60日後に支払われるようです。

そして、この報酬は、

  • 書籍の販売の売上
  • Kindle Unlimited(KU)と Kindle Owner’s Library(KOL)の報酬

の合計金額。

本の売上金と、読み放題サービスの分け前分が一気に振り込まれます。

 

例えば、2020年1月の売上を考えてみましょう。

「1月31日」という発売月の月末から、約60日後の3月31日ぐらいに振り込まれますね。

ふむふむ。

 

僕自身、初めてのロイヤリティが2020年1月に発生しました。

先のルールを基に算出すると、約60日後の3月31日付近に振り込まれる予定。

実際の現実世界では、

3月30日にAmazonから振込みがありました。

 

名義は、

アマゾンインク

というカタカナ。

金額はKDPレポート画面の「支払い」で確認できる金額と一致していました。

いやあ、嬉しい!

 

売上月から2ヶ月後に振り込まれる、という金の流れはアフィリエイトと一緒ですね。

すぐに売上があがっても、現金がすぐに手元へこないのです。

売れてから現金獲得まで2ヶ月の開きがあり、始めた当初は成果が見えづらくやめたくなるでしょう。

現金の回転の速さだと、Uber Eatsの配達パートナーの方がいいですね、圧倒的に。

なんせ、Uber Eatsなら売上が出てから「約2週間」で現金を受け取れますから。

キャッシュフローの良さでいうとKDPとは雲泥の差です。

 

ただ、僕としては、電子書籍を作るプロセスがそもそも面白いと感じています。

ぶっちゃけそんな儲かるわけではありませんが、今後もKDP出版もちょくちょくやっていきます。

電子書籍出版に興味がある方はチャレンジしてみてくださいね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。