KDPで無料のKindle本を出版する方法〜プライスマッチという抜け道〜




Kindleでは無料で本を出版できないの?

Kindleで本を個人出版すると考えなきゃいけないのが「本の値段」です。

Kindle出版では本の価格を

99〜20,000円までの範囲で著者自身が自由に価格決定できるのです。

 

ただ、ありそうでないのが「0円」の無料出版

無料の本ならば、どこの馬の骨かわからない著者の書籍でも、とりあえずダウンロードしてもらえそうですよね。

あろうことか、Kindle出版では「99円」が最低価格になっているのです。

まあ確かに、0円の本を販売してもAmazonに利益はないわけですから納得です。

 

しかしながら、世の中には抜け道が必ず存在しています。それはKindle出版も例外ではなく、

プライスマッチ

という手法を使えば0円で電子書籍を販売できるのです。

これは電子書籍出版の際に参考にした『さるでもできるKindle電子出版』いう本を読んで知った手法。

プライスマッチについてはAmazon公式の見解も示されており、次のように書いてあります。

「プライスマッチ」とは、ある電子書籍の電子版または印刷版が他の販売チャネルで販売されている場合にその販売価格と整合させるため、またはいずれかの販売可能地域で Amazon が電子書籍の印刷版に設定している販売価格と整合させるために、Amazon が 1 つ以上の販売可能地域において希望小売価格よりも安い価格 (税抜き) で電子書籍を販売することを意味します。

電子書籍にプライスマッチが適用される場合、Amazon での価格は最低 70% の希望小売価格の要件を下回り、35% のロイヤリティとなります。

 

なるほど。

Amazonとしては、他の店舗より価格が高いのは「癪に障る」ので、その店舗で同じ値段で販売してもらえるとのこと。

これはよく家電量販店とかでありますよね。

「へ〜、〇〇電機さんでは1000円安かったですよ?」

といえば他の店舗と同じ値段になる現象ですね。

 

この家電量販店と一緒の現象が、Kindle出版でも起きているというわけ。

早速、「プライスマッチ」という手法で無料でKindle本を出版できるか挑戦してみました。

 

 

Kindle出版におけるプライスマッチのやり方

ようは、Amazonよりも安い価格「0円」で、他の電子書籍プラットフォームで同じ書籍を売ればいいのです。

その後にAmazonと価格交渉ですね。

今回使った「他の電子書籍プラットフォーム」は楽天Kobo。

なんせ、ここでは0円でも電子書籍を販売できますから。

 

Kindleで出版(KDPセレクトには登録しない)

まずやるべきことは0円で出版したい本をKindleで出版すること。

出版する際に気をつけるのは「KDPセレクト」に登録しないということです。

 

KDPセレクトに登録すると、

  • ロイヤリティ(印税)は70パーセント
  • Kindle Unlimited・Kindle Owner’s Library読み放題対象になる

などの特典があります。

売れない素人の個人作家ならばぜがひでも登録しておきたいところですが、今回はKDPに登録せずに出版します。

本体価格は99円でいいでしょう。

 

なぜKDPセレクトに登録できないのか?

それはKDPセレクトの登録条件に「KDPでの独占販売」があるからです。先ほどのKDPのヘルプページにも

KDP セレクトに電子書籍を登録すると、登録期間中はその本のデジタル版を KDP で独占販売すると誓約することになります。印刷版の本や、電子版以外の形式の本を配布することは引き続き可能です。

KDP セレクトに登録したコンテンツはすべて、Kindle ストアでのみ販売する必要があります。それ以外の場所 (出版者の Web サイトやブログ、第三者の Web サイトなど) でデジタル版を予約注文、購入、または無料入手できる場合は、その本を KDP セレクトに登録できません。

と書いてありますね。

今回はプライスマッチを適用するために他のプラットフォームで販売するので、KDPへは登録できないのですね。

 

楽天Koboで0円で出版

お次は楽天Koboでで同じ本を出版します。

Koboライティングライフ」に登録し、書籍をアップロードするだけ。

注意すべくはファイル形式ですかね。KoboではEPUBファイルのみ対応なので、違うフォーマットで電子書籍を作った方はEPUB形式に変換しましょう。

実際にKoboで出版してみたところ、KDPよりもシンプルで出版しやすかったですね。

ただ、すぐに出版できますが、審査があるのでしばらく待たなければなりません。

ぼくは2日後ぐらいに出版が開始されましたよ。

ただ、出版を開始しても連絡が入らないので、自分でちまちまとKoboライティングのダッシュボードを確認する必要はありますが。

 

プライスマッチを申請

楽天Koboで0円出版できたら今度はAmazonでプライスマッチの申請。

こちらの問い合わせページから

価格設定>プライスマッチ

と進んで、

次の定型文を送ります。

いつもお世話になっております。
「xxxxx」というペンネームでKDPより電子書籍を出版している者ですが、以下の電子書籍は拡販用のサンプル集につき、楽天Koboにて無料にて販売しております。つきましてはプライスマッチを適用いただき、0円への変更のご検討をお願い申し上げます。

【作品】「○○○○○○○○○」
Kindle ストア: JP
ASIN:△△△△△△△
https://www.amazon.co.jp/dp/△△△△△△△

【楽天ブックスでの販売】
https://books.rakuten.co.jp/rk/▲▲▲▲▲▲
販売価格:0円

返答はすぐすぐでこないので、しばらく待ちましょう。

 

0円で出版が開始される

すると2日後ぐらいに次の返信がありました。

Kindle ダイレクト・パブリッシングをご利用いただきありがとうございます。

このたびは、価格設定について、丁寧にご連絡いただき、誠にありがとうございました。
『○○○○○○○○○』(ASIN:△△△△△△△)の販売価格は、0円 となっております。価格は以下のページでご確認いただけます。
http://www.amazon.co.jp/dp/△△△△△△△

なお、Amazon は独自の判断により小売価格を変更する権利を有します。

価格設定の詳細については、下記を参照してください。
https://kdp.amazon.co.jp/help?topicId=A29FL26OKE7R7B

お客様により満足していただけるサービスをご提供できるように努めてまいります。 今後とも KDP をよろしくお願いいたします。

Amazonさん、ありがとう!!

メールを受け取った後、販売ページを確認してみると本当に0円で出版されているではないですか。

いやー、すごい。本当にプライスマッチが機能するとは驚きを隠せませんね。

 

0円にしたら売れるのか?

ご覧の通り、プライスマッチを屈指すれば禁断の0円で販売できると判明。

しかし、ここで疑問に思うのが、

0円にしたら書籍は売れるのだろうか?

ですよね。

アヒルの子はアヒル、トンビの子はトンビで、所詮0円にしたところで売れるわけなかろう、と。

 

しかし、実際にプライスマッチしてみたら、

本当によく売れています。

飛ぶように売れています。

いや、0円なので売れたもクソもないんですが、レポートが見る限り、これまで出版してきた本と比べるならないほど売れています(0円ですけど)。

0円というだけでここまでダウンロードしてもらえるとは驚きを隠せません。

この売れるスピード感から、Kindle出版における「プライスマッチの重要性」を肌で感じ取ったのです。

ちなみに楽天Koboでは全然売れないのですが笑

 

やってみてわかったのは、Kindle出版の最低価格99円と0円の本では大きな隔たりがあるということ。

人は少しでもお金を払うと、意思決定を躊躇するようです。

そのため、0円で出版するということは、99円の最低価格で出版することよりもはるかに大きな意味があるのです。

いや、本当にすごいです。この0円出版の破壊力はプライスマッチを実際にやってみてわかりました。

 

おそらく、プライスマッチで軽く読める薄い本を0円で出版。

そこでまず自分を知ってもらうのです。

いわば「販促」としてこのプライスマッチを利用すればいいのではないでしょうか。

「釣り」でいうところの「ルアー」がこのプライスマッチの無料本。

まずは自分の書籍をダウンロードしてもらわねば何事も始まりませんから。

 

まだプライスマッチの検証は始まったばかりですが、あまりにも売れているスピード感に驚いています。

よく出版業界では、

「本を出版するのは簡単だけど、売るのが難しい」

と言われますが、このプライスマッチをいかにうまく使うかが本を売るための肝になってくるのかもしれません。

Kindleで本が売れずに腐っている方は0円で出版してみてはいかがでしょう。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。