KDP個人出版に必須ツール!Kindle Previewer 3の使い方


Kindle出版に必須のソフトがある??

先日、人生で初めてKindleの電子書籍出版にチャレンジして「はじめてのUber Eats入門」を出版してみました。

初めての経験だっただけに様々な苦労がありましたが、そんなKindle出版の中で役に立ったのが

Kindle Previewer 3

というツールです。

こちらはシンプルに言ってしまうと、

作成した電子書籍ファイルがKindle上でどのように表示されるのか?をチェックできるもの

です。

このツールを使うことで、理想の書籍に近づけるように編集できるのです。

Kindle Previewer 3のダウンロードはこちらからどうぞ

 

 

Kindle Previewer 3の使い方

使い方はいたってシンプル。

 

電子書籍ファイルを読み込む

まず作ってみた書籍のファイルをソフトに読み込んでみましょう。

 

こちらの公式ホームページによると、

Kindle Previewer 3 では、.epub、.mobi、.htm、.html、.xhtml、.mobi、.opf、.kpf、.doc、および .docx 形式の電子書籍を開くことができます。.doc および .docx は、英語のコンテンツの場合のみサポートされています。

と書いてあります。いろいろなファイルが読み込めるのでありがたいのですが、注意はワードファイルの「docおよびdocx」ですね。日本語コンテンツはサポートされていないので文字化けする可能性もあります。

このような仕様もあって、Kindle出版のファイル形式は「.epub」がいいですね。

書籍のファイルをソフト上にドラッグ&ドロップしてもいいですし、
Image from Gyazo
「ファイル開く」から直接指定してもOKです。

 

表示をチェックする

読み込みに成功すると、ソフト上にシミュレーターが立ち上がり、ページをめくれます。
Image from Gyazo
Kindle Previewer 3のソフト上で自分が狙ったような書籍として表示されるか確認してみましょう。

 

条件を変えてみる

というか、ここまでKindle Previewer 3の基本的な使い方は終了。

ファイルを読み込んでチェックするだけですからね。

 

しかしながら、ここからがKindle Previewer 3の真骨頂です。

Kindle Previewer 3では

条件を切り替えて電子書籍の表示を確認できます。

 

一番重宝するのが「デバイスの切り替え」ですね。

Kindle Previewer 3では、

  1. スマホ
  2. タブレット
  3. Kindle端末

の3つのデバイスに切り替え可能です。
Image from Gyazo
Kindleの電子書籍が読まれる環境はこの3つのいずれかなので、Kindle Previewerでデバイスごとの表示もチェックしておけば鬼安心ですね。

その他にも、

  • フォントサイズ
  • フォントの種類(ゴシック or 明朝)
  • 表示向き(縦 or 横)

も変更できます。
Image from Gyazo
電子書籍は紙の本とは異なり、読者によって閲覧環境が異なるので、色々試してみて不具合が生じないか最終確認することは大事です。

 

自動送り機能がすごい

あとはページをめくる時に手動ではなく「自動」で送れる機能がいかしてますね。

左上の「自動めくり」というコマンドをクリックすると、何もせずともページをめくってもらえます。
Image from Gyazo
しかも、なんと、めくる早さも調整できるという特典付き。

いちいちページをクリックしてする手間が省ける点を評価できますね。

 

という感じで、シンプルながら便利なKindle Previewer 3というソフトを紹介しました。

キンドル出版の最終調整、および、新しいデザインの検証にも使えます。

Kindle出版する方なら避けて通れないツールですね。

こちらのリンクからダウンロードして使ってみてください↓

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる