もしかして国民健康保険料を4月・5月に払ってないのは自分だけ??


確定申告は保険料で支払った金額を確認するのが第一歩

どうも、Linです。顔、白いです。

 

確定申告の準備で最初らへんにやらなきゃいけないのが、

社会保険料控除の額を確定させる

ということです。

 

社会保険料控除とは、

国民健康保険や国民年金などで支払った金額を控除できる仕組みのこと。

売上から経費を引いて所得を算出。

その所得から社会保険料控除を差し引けるわけですね。

ゆえに、社会保険料控除額を計算することは、所得税を安くするための「重要な儀式」になのです。

 

 

国民健康保険料を4月・5月で払ってない・・・だと?

早速、社会保険料控除として扱える「国民健康保険」の昨年度の支払額を確定させてようと動き出したのですが・・・・・

「あれ?4月・5月分の納付書が見当たらないぞ・・・!?」

という事態に。。

 

「やべえ!?」

「せっかく保険料払ったのに納税額が高くなっちゃうじゃん!?」

納付した証拠になる「納付書」がないと社会保険料控除としての効力失うんじゃないか・・!?

と焦る焦る。

 

数時間にも及ぶ捜索を経ても4月・5月分の国民健康保険の納付書見当たらなかったので、

「もしかして、自分だけじゃなくてみんなそうなのかも・・・」

と思い、ググってみたところ、

4月・5月は国民健康保険料の納付がない自治体が多いらしかったのです。

僕自身が住んでいる自治体も、4・5月の 納付がないお休みの期間だったのです。

どおりで国民健康保険の納付書が見当たらないわけですね!

支払ってないんですもん。

 

試しに、東京都の中心である新宿区の国民健康保険のページを見てみると次のように書いていました↓

保険料の納め方は、普通徴収(納付書又は口座振替)と特別徴収(年金からの引き落とし)があります。普通徴収の場合は、6月から翌年3月までの10回払いとなります

なるほどね。

1年間1か月ごとに国民健康保険料を12回払うのではなく、6〜3月までの10ヶ月で10回払いにしているようでした。

 

国民健康保険 4月 5月

 

 

なぜ、4月・5月に国民健康保険の支払いはないのか?

それでは、なぜ4月・5月の保険料の支払いはないのでしょうか??

おそらく、

各自治体で今年度の保険料を計算するための期間だと思われます。

 

国民健康保険料の計算式でも学びましたが、国民健康保険料には「所得割」という

昨年の所得に応じた納付額

があるので、前年度の所得がわからないと算出できないようになっています。

 

3月の確定申告が終了して所得が確定。

その所得をもとに国民健康保険料を計算するので、

「3月以降に計算する時間をくれよ」

ってわけです。

 

まあ、ともあれ、

4月・5月の空白の2ヶ月があっても1年分の国民健康保険料が安くなるわけではないですけどね。

お得感はありませんのでそこはご注意ください笑

こんな感じで、国民健康保険は一年中ずっと支払うわけではないので納付書が見当たらない月があっても大丈夫です。

詳しくはお住まいの自治体の国民健康保険についての情報を確認してみてくださいね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる