有線LANが使えるUSB Type Cアダプターなら「DST-C09」がおすすめ




 

自宅やホテルでテレワークするなら、

有線LANによるインターネット接続をおすすめします。

なぜなら、有線LANの回線速度は圧倒的に速いからですね。

試したら、なんと、

無線と比べて「26倍」の回線速度を叩き出しました。

 

実家に帰った際、テレワーク中の父に有線LANをすすめてみたところ、回線速度が改善したと大喜び。

昨今、テレワーク人口が急増し、ネットがつながりにくくなった、と感じる人が増えているようです。

有線が使える環境ならば、有線でつないだ方がいいに決まっていたのです。

 

しかしながら、無線LANが普及してきた昨今、MacBook Proを始めとする最近のパソコンには、

有線LANの口は付いていません。

そんな時に使えるのが、有線LAN対応のアダプターです

例え、有線LANの口がなくてもパソコンやタブレットを有線LAN接続できますね。

今回わたしが導入したアダプターはエレコムの「DST-C09」です。

色はホワイトなので製品名は「DST-C09WH」。

今日はこちらのアダプターを紹介します。

 

USBタイプCアダプター「DST-C09」の基本スペック

寸法は、

80  × 40 mm(厚み15 mm)

で、

質量は

44.5 g

ありました。

アダプターから出ているケーブル長は30cm。

端子の形はMacBook Pro対応のタイプC。

有線LAN接続口以外にも口が装備されていて、

  • タイプC
  • HDMI
  • USB タイプA

にも対応しています。

つまり、このアダプターをUSBタイプCにさせば、

タイプCの口数を減らさず、

  • HDMI
  • USB タイプA
  • 有線LAN

と接続できるのです。

 

有線LANの規格は以下の通り。

1000BASE-T / 100BASE-TX / 10BASE-T

最大回線速度は1GBまで出るようです。

LANケーブルの「カテゴリー5e以上」の高速通信に対応しているのですね。

 

 

USBタイプCアダプター「DST-C09」を使った感想

最後にアダプターを使った感想を書いておきます。

 

有線LANに対応している

タイプCのアダプタで、有線LANに対応しているのが最大の魅力。

アダプターを導入する際、MacBook Proユーザーということもあり、

アップル純正のUSBタイプCアダプタを探しました。

しかし、残念ながらアップル純正のタイプCアダプターで有線LANに対応しているものは皆無。

よく似たややこしい製品に「Thunderbolt向けの有線LAN対応のアダプター」はありましたが、危ない、これはタイプCではありません。

 

そこで導入したのが純正ではないエレコムの「DST-C09」でした。

タイプC1つから有線LANの口を作り出せるので、わたしのニーズにがっちりマッチング。

タイプCの口があれば使えるので、MacBook Pro以外にも、iPad Proでも使えましたね。

 

ケーブルの長さは長めで助かる

意外だったのが、ケーブルが長いこと。

全長約30 cmあるので、アダプターをデバイスの本体から遠ざけた状態で作業できるのです。

つまり、アダプターが作業の邪魔になりません。

ケーブルが短過ぎると、作業の邪魔になることも考えられます。

例えば、マウスを動かした時にカチカチとアダプターに当たる、なんてことも起こり得るのです。

その点、このアダプターはケーブルが長いので、作業スペースを確保できるでしょう。

 

色々な口を作り出せる

有線LANだけではなく、他の口も同時に作り出せます。

もちろん、世の中には「有線LANのみ対応アダプター」の「EDC-GUC3P」もあります。

こちらは口数が少ない分、購入費用を抑えられるでしょう。

しかし、これだと本当に有線LANの口しか作り出せません。

これはつまり「有線LANのためにタイプCが1つ失われること」を意味しています。

 

一方、今回紹介したアダプターならばタイプC1つで、

  • 有線LAN
  • HDMI
  • タイプA
  • タイプC

を作り出せ、タイプCを減らさず利便性を向上させられます。

 

他にもエレコムの有線LANに対応したアダプターには、VGAの口がある「DST-C10」だったり、

12個の口が誕生するスーパーアダプター「DST-C05」まで揃っています。

「コスト」と「口の数」と相談し、アダプターを選んでみてください。

 

それでは!

Lin




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。