有線LANが使えるUSB Type Cアダプターなら「DST-C09」がおすすめ




 

自宅やホテルでテレワークする時におすすめなのが、

無線LANではなく有線LANでインターネット接続する方法です。

なぜなら、回線速度は有線LANが圧倒的に速いからですね。

 

僕も試したら、なんと、

有線は無線と比べて26倍の回線速度を叩き出していました。

実家に帰った際、現在テレワーク中の父にも同様、有線LAN接続を勧めてみたところ、ネット回線速度が改善し大喜びの様子でした。

やはり昨今、テレワーク人口が急増し、ネットがつながりにくくなったと感じる人が増えているようです。

有線が使える環境ならば、有線でつないだ方が圧倒的に早く作業できるのですこぶるおすすめです。

 

しかしながら、無線LANが普及してきた昨今、MacBook Proを始めとする最近のパソコンには、

有線LANの口が付いていない機種が多いです。

そんな時に使えるのが、有線LANの口がついているUSBタイプCのアダプター。

これならUSBタイプCの口が1つでもあれば、パソコンやタブレットを有線LANで使えるようになるんです。

今回、僕が導入したアダプターはエレコムの「DST-C09」です。

 

色はホワイトなので製品名は「DST-C09WH」ですね。

今日はこちらのアダプターを紹介します。

 

USBタイプCアダプター「DST-C09」の基本スペック

まずはこちらのアダプターの基本スペックから紹介しますよ。

寸法は、

80  × 40 mm(厚み15 mm)

で、

質量は測ってみたところ、

44.5 g

ありました。

アダプターからニョキッと出ているケーブルの長さは30cm。

ケーブル先端子の形はもちろんタイプC。

そして、アダプター本体には有線LANケーブルはもちろんのこと、

  • タイプC
  • HDMI
  • USB タイプA

の口が付いています。

つまり、このアダプターをUSBタイプCの口にさせば、

タイプCの口数を減らさず、かつ、

  • HDMI
  • USB タイプA
  • 有線LAN

の口を作り出せるのです。

 

注目の有線LANの規格は以下の通り。

1000BASE-T / 100BASE-TX / 10BASE-T

という規格まで対応しているので、最大回線速度は1GBまで出るようです。

これなら、LANケーブルのカテゴリー5e以上での高速通信に対応しているんですね。

 

 

USBタイプCアダプター「DST-C09」を使ってみた感想

以上、僕が導入して導入してみたUSBタイプCのアダプターでLANケーブルがさせるものでした。

最後に使ってみた感想を簡単に書いておきます

 

有線LANに対応している

やはりタイプCのアダプタで、有線LANケーブルに対応しているのが最大の魅力。

僕自身、アダプターを導入する際、MacBook Proを使っていたこともあり、

アップル純正のUSBタイプCのアダプタを探していました。

しかし、残念ながらアップル純正なタイプCのアダプターで有線LANに対応しているものは皆無。

似たようなややこしい製品にThunderboltの有線LAN対応のアダプターはありましたが、危ない、これはタイプCではありません。

タイプCのアダプターで有線LANに対応しているものはどこを探してもなかったんです。

 

そこで導入したのが純正ではないエレコムの「DST-C09」でした。

こちらはタイプCの口の1つから有線LANの口を作り出せるので、僕のニーズにがっちりマッチング。

タイプCの口があるデバイスならばなんでも使えますので、MacBook Pro以外にも、iPad Proでも使えましたね。

 

ケーブルの長さは長めで助かる

そして、意外だったのが、アダプターのケーブルが長いこと。

全長約30 cmあるので、アダプターをデバイスの本体から遠ざけた状態で作業できるのです。

つまり、アダプターが作業の邪魔にならず済むんです。

もしアダプターのケーブルが短過ぎると、作業の邪魔になることも考えられます。

例えば、マウスを動かした時にカチカチとアダプターに当たってしまう、なんてことも起こり得るのです。

その点、このアダプターならば、ケーブルが長いので作業スペースを十分に確保して仕事できるでしょう。

 

色々な口を作り出せる

あとはもうこれですよね。

なんと言っても、有線LANの口だけではなく、他の口も同時に作り出せるのがありがたいです。

もちろん、世の中にはタイプCのアダプターの中で、有線LANにのみ対応している製品「EDC-GUC3P」もあります。

こちらは口数が少ない分、費用を抑えられるでしょう。

しかし、これだと本当に有線LANの口しか作り出せませんので、LANケーブルのためにタイプCの口が一つ失われることを意味しています。

 

一方、このアダプターならばタイプCの口を1つ使って、

  • 有線LAN
  • HDMI
  • タイプA
  • タイプC

を作り出せますので、USBタイプCの口を減らさずに利便性を向上させまさせられます。

 

また、他にもエレコムの有線LANに対応したアダプターの中には、VGAの口がある「DST-C10」だったり、

12個の口が誕生するスーパーアダプター「DST-C05」のように、SDカードがさせるものまで色々と揃っています。

USBタイプCから有線LANの口を作り出したい時は「コスト」と「口の数」と相談し、アダプターを選んでみてください。

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。