プロっぽい写真が撮れる!撮影ボックスの使い方【メルカリにもおすすめ】




ブログに掲載する商品写真を美しく

 

ブログのレビュー記事で必要なのが、

商品画像

です。

自分で商品をカメラで撮影しないといけないのですね。

写真撮影において、光の確保は大事。

光が十分でないと、画面全体が暗くなり、十分なシャッター速度が確保できません。

結果的に、ブレた写真に仕上がります。

 

しかも、背景を清潔に保つことも大変困難。

なぜか、無駄なものが後ろに写ってしまうではありませんか。

 

「商品の撮影、どうにかならんかのう・・・・」

と思っていたところ、Amazonで

撮影ボックス

というアイテムを発見。

簡単にいうと、

物体の写真を美しく撮るための箱。

ボックス内には反射素材が張り巡らされており、スタジオ撮影のような商品画像を撮影できちゃうのです。

今日は、撮影ボックスを使ってみたので簡単に紹介しますね。

 

 

撮影ボックスの基本スペック

僕が購入した撮影ボックスはこちら↓

縦・横・高さが40cmの撮影ボックスで、組み立て式です。

発送重量が998 gなので、ボックス本体はそれほど重くありません。

できれば自分で計測したかったのですが、サイズが大きすぎて断念

 

 

撮影ボックスの構造をさらっと説明しましょう。

ボックスの天井にLEDライトが付いています。

反射素材がすべての内面についていて、商品を載せる部分には「スクリーン」と呼ばれるシートを取り付けます。

スクリーンの色は、

  • ベージュ

の3色から選べ、被写体の色によって使い分けられるのです。

最終的にこのようなボックスが完成し、箱内で写真撮影できるでしょう。

 

若干、Uber Eatsの配達バッグに似ていますね

 

撮影ボックスの使い方

詳しく使い方を紹介しましょう。

 

立体にする

撮影ボックスは最初から立体ではなく、「平面」として存在しています。

サイコロの立方体を展開したような感じ。

これを立体に組み立てねばなりません。

 

左右のパネルを立て、そして奥も立て、左・右・奥をそれぞれマジックテープで止めます。

これで3面が立ち上がったので、一応「立体」として機能するようになりました。

 

スクリーンをつける

次はボックス内にスクリーンを取り付けます。

奥にスクリーン用のマジックテープがあるので、そちらにスクリーンをつけましょう。

スクリーンは

  • ベージュ

の3色。

被写体の色に応じて、お好きなものを選んじゃってください。

 

LEDライトをつける

次は、上の面にLEDライトをつけます。

上の面とは「丸い穴が開いている面」ですね。

LEDライトをマジックテープで付けてやります。

僕の撮影ボックスは2箇所LEDライトをつける場所がありました。

 

電源を準備

そして、LEDライトの明るさをどうやってコントロールするのかというと、こいつをいじっていきます。

LEDの端子に付けてプラグを電源に接続。

LEDから出ているプラグを上の穴から出して、それをコントローラーに接続すればいいですね。

 

前面を閉じてキューブ状に

最後に前面(手前側)を閉じて立方体にしましょう。

前面に窓がついているので、そちらをホイッとあげて、内部に撮影したい物体を入れるのです。

 

LEDライトをつける

つまみをひねってボックス内に明かりをつけましょう。

驚くべきことに、36段階で明るさを調整できます。

明るすぎると、写真に変な色味がつくのでご注意ください。

適度な明るさを保ちましょう。

 

撮影する

あとはボックス内で商品を撮影するだけ。

撮影ポイントは2つ。

 

まず1つ目は、手前の穴から、物体を正面から撮る方法。

もう1つは、天井の丸い穴から撮影する方法。

物体を真上から影なしで、俯瞰的に撮れます。

 

撮影ボックスで写真を撮ってみた感想

さて。準備完了しましたので、実際に撮影してみました。

いやあ、すごい。

影はできませんし、背景は清潔。

自分で言うのもあれですが、

まさにプロ仕様。

すばらしいです。

 

撮影ボックスを用いれば、メルカリやヤフオクなどで「商品を誰かに売りたい時」にも活躍するでしょう。

商品画像はキレイな方が売れるに決まっていますから。

 

もちろん、ブログ用の商品写真でも構いません。

ただ、実際にやってみたところ、少し違和感が。。

あまりにも背景が綺麗すぎるため、単調な写真に仕上がるとも言えます。

写真は背景に「複雑さ」を持たせることで、オリジナリティが出てくるもの。

撮影ボックスを用いると、背景に何も映りません。

あまりにもピュアすぎ、素人感というとか、商品の使用感が出にくいですね。

 

とはいえ、撮影ボックスはありがたいです。

ブログの写真を撮る時に、血眼になって光を確保していましたから。

ブログはもちろんのこと、フリマアプリで副業収入を得ている方にオススメです。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。