【口コミ・評判】LINEデリマで唐揚げ丼を注文してみた感想




LINEの出前・デリバリーサービスがあるってほんと?

食料調達の時間を削減するため、デリバリーサービスを使いまくっている昨今です。

 

 

今回試してみたのはLINEが運営する

LINEデリマ。

現在47都道府県に対応していて、しかも、LINEポイントが貯まるというおまけ付き。

LINE Payを使えるし、LINEで注文の通知が届きます。

今日はLINEデリマの使い方、感想を書いておきます。

 

スマホで注文できる!LINEデリマの使い方

まずは使い方から。

 

LINEデリマのページを開く

2020年4月現在、残念ながらLINEデリマ専用アプリは存在していません。

次のURLにアクセスして、LINEデリマを使いましょう。

 

「Webアプリ」のため、iPhoneだろうがAndroidだろうが使えますね。

もちろん、PCからも利用可能です。

 

お届け先を指定

届けてもらいたい住所を指定。

右上の「変更」から自分の位置を設定します。

 

  • 郵便番号、住所
  • GPSで現在地
  • 登録履歴

から選べますね。

周辺の店舗を紹介してくれて、そこへ食事を届けてもらえるのです。

ただし、自宅の住所でなくても構いません。

例えば、ホテル、エンターテイメント施設など「食事を受け取れる場所」ならどこでもいいのですね。

 

お店を探す

お店を選びます。

ジャンルから選んでもいいですし、レビューの高い順、ランキングで選ぶのもありです。

店選びで注目すべきは、配達の目安時間。

店までの距離はもちろんのこと、混雑していると、それだけ配達時間がかかります。

時計と相談しながら選びましょう。

 

メニューを選ぶ

次はメニューを選択。

細かいオプションもここで設定します。

 

ここで注意したいのが「最低注文金額」。

お店によって異なりますが、

大体1500円

というハードルが設けられています。

1人で注文すると、超えないケースがあるので注意です。

 

僕自身、当初は760円の弁当を注文しようとしましたが、1500円に楽勝で届かず断念。

 

1120円の丼ぶりに路線変更し、味噌汁を100円で追加。

500mlのお茶140円を2本追加し、ピッタリ1500円にしました。

 

 

送料無料の店が多い分、最低注文金額が設けられているのです。

 

ただし、すべての店で最低注文金額があるわけではありません。

例えば、ココイチだったら送料が408円かかる分、最低注文金額がない仕組みになっていました。

そこはもう、店によりけりですね。

 

支払う

メニューが決まったら、代金を支払うだけ。

 

 

LINEデリマでは

  1. クレジットカード/ LINE Pay
  2. 代金引換

で支払えます。

LINEポイントも使えますね。

 

個人的に、デリバリーサービスのメリットは「オンライン決済」にあると思っています。

受け取り時に金銭のやり取りは発生しないのが魅力でした。

 

もちろん、LINEデリマでもオンライン決済すべく、「クレジットカード」を選択しましたが、

エラー発生!

 

 

どうやら、海外の電話番号を登録していたのがアウトだったみたいです。

泣く泣く「代金引き換え」に。。

どうしてもオンライン決済したい方は事前にLINE Payを開通させましょう。

 

食事を待つ

あとは食事を待つだけ。

目安は「100分」と書いてありましたが、本当に100分でした。

 

注文が完了すると、LINEメッセージが届きます。

11時55分に注文して、100分後の「13時35分」が到着予想時刻。

Uber Eatsのように配達状況を確認できないので、目安時間を信じて待つのみ。

 

食事を受け取る

待っていたところ、配達時刻1分前にノックがありました。

すごい、正確すぎる。

代金引換になっていたので、5000円札を渡して3500円のお釣りをもらうことに成功。

代金引き換えだと煩わしさが発生するので、利用前にLINE Payを開通させておきたいところ。

 

食べる

あとは食べるだけ。

弁当は白い袋に包まれていました。

  • 味噌汁(お湯を注ぐタイプ)
  • お茶が3本

 

お茶は2本注文したはずなのですが、1本サービスで計3本。

 

いやーうまいですね。

高い丼ぶりを注文して正解でした。

精力がつきそうです。

 

味噌汁もお湯を注ぐタイプで、冷めていません。

お茶も3本調達でき、当分、水には困らないでしょう。

いやあ、LINEデリマ大満足です。

 

LINEデリマを使ってみた感想

感想も書いておきます。

 

配達予想時刻が正確すぎる

印象的だったのが、予想配達時間が正確だったことです。

配達状況はわからなかったので、信じて待っていましたが、ものすごく正確でした。

待っている時間を有効活用できましたね。

配達予想時間はお店ごと、天候、注文状況によって変化します。

店選び時に「1つの指標」としてチェックするといいでしょう。

 

LINEポイントを使える

LINEのサービスなので、LINEポイントを使えます。

ただし、注文してもLINEポイントは貯まらないようです。

LINEサービスを多く利用している方は重宝するでしょう。

 

LINEで通知がきた

「さすがLINE」と言ってもいいのでしょうか。

注文すると、注文情報がLINEのメッセージで届きました。

注文すると、LINEデリマアカウントに自動登録。

注文情報をLINEメッセージで確認できました。

 

最低注文金額に注意

「送料無料」の店は多かったのですが、その分「最低注文金額」がありました。

ただ、1人注文は不可能ではありません。

高いメニューを選び、おかず・汁物を追加し、お茶を頼みまくれば最低金額にいずれ達します。

もし、最低注文金額が3,000円だったら詰んでいましたね。

1500円ぐらいなら1人でも注文できるでしょう。

 

全国で使える

嬉しかったのが、全国47都道府県で使えることです。

ただ、エリアによってはお店が少ないかもしれません。

カレーとピザしかない場所もありますが、守備範囲の広さはありがたいところです。

 

 

さあ、LINEデリマで食事をデリバリーしてもらおう

以上、LINEデリマを使ってみた感想でした。

LINEならではの強みである

  • LINEポイントの活用
  • LINEでの通知

が特徴的です。

最低注文金額に注意してオーダーしましょう。

 

他のデリバリーサービスとも比較してみてください。

 

それでは!

Lin

 

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。