iPad でもMacでも使える!ロジクールのBluetoothキーボードK380の使い方


ロジクールのBluetoothキーボードK380を使ってみた

どうも、Linです。アンティーク、目覚めそうです。

 

先日、 MacBook のdeleteキーが突如効かなくなってしまい、代替のキーボードを探してみました。

すると、以前に買いだめしておいた iPad 用の Bluetooth キーボードを発見。

その名も

ロジクールの K 380。

 

今日はこちらのキーボードの使い方と、あとは使い心地などをレビューしてみますね。

 

 

ロジクールのBluetoothキーボードK380は何者??

まず基本スペックからみていきましょう。

サイズとしては、

  • 縦12cm
  • 横28 cm
  • 厚み1~3cm

 

厚みは一定ではなく、前から後ろにかけて傾斜がついている構造になっています。

 

注目の質量をはかってみたところ413gでしたね。

 

 

いきなりステーキの400gステーキぐらいの重さだと思ってもらえればオッケーです。

 

軽いので荷物に入れてもそれほど支障がないのが嬉しいですね。

キーボードを動かすためには単4電池が2本必要。

背面に電池ボックスが用意されていますので、こじ開けて電池を挿入し、命を吹き込んでみましょう。

 

 

ロジクールのBluetoothキーボードK380の使い方

それでは使い方を見ていきますよ。

 

Step1. 電源オン

まずは電源を入れてみます。

電源はキーボードの左上にあるものでして、前方にスライドすると電源が入ると思います。

電源が入るとボタン横のライトが緑色に光るのでチェックしてくださいね。

 

Step2. Bluetooth接続

続いて、キーボードの左上に注目。

青い異色なボタンが3つありますので、その中から1つを選びとってください。

こちらはBluetooth 接続に使うボタン。3個あるということで3個同時にデバイスに接続できるわけです。

今回は1番左のボタンでBluetooth 接続してみようでありませんか。

 

まず、この1と書かれたところを長押し。

 

 

F 1の上にある LED が点滅し始めるでしょう。

 

 

Step3. 接続設定

接続したいデバイスの Bluetooth 接続をオンにしましょう。

Macの場合、

環境設定>Bluetooth

から設定できますよ。

ブルートゥース接続できるデバイスの一覧の中に

Keyboard K380

が追加されているんじゃないですかね。

今回はこちらのデバイスを選択。

5秒ほどでブルートゥース接続が完了するはずです。

 

Step4. キーボードの動作設定

ここまでで Logicool Bluetooth キーボードの接続は完了しています。

後はキーボードの動作設定を行わなければなりません。

もしかしたらMacだけなのかも

 

まずはシフトキーの横のキーを1回押します。

今度は右側のシフトキーの左にあるキーを1回押します。

最後にキーボードの言語を選択して接続完了です。

これで設定完了で、普通のキーボードと同様に使えるでしょう。

 

僕は MacBook のキーボードとして活用したかったので、こんな感じでロジクールのキーボードを MacBook の上にぽんとおいてます笑

mac キーボード delete 効かない

 

 

ロジクールの Bluetooth キーボード K 380を使ってみた感想

K 380で作業してみた感想も述べておきましょう。

 

MacBookのキーボード配列そのもの

キーボードの配列がMac配列なのがいいですね。

ほとんどのキーボードはWindowsユーザーのために作られたもので、Macとは若干配列が異なるので使いにくいことがありました。

例えば、Macですと、

  • cmd
  • alt
  • control

という3つのキーを使って入力することになるのですが、 Windows のキーボードの場合、

  • コントロールキー
  • オプションキー

しかありません。Macでいうコントロールキーの存在がないのが問題となっています。

 

また、ひらがなと半角英数字の切り替えが難しい。。

Windows のキーボードで試してみましたが、うまく文字の変換が出来なかったのでストレスが溜まったことがありました。

その点、このロジクールのキーボードは最初からMacの配列になっていますので、Macに慣れ親しんだ方におすすめですね。

 

接続が簡単

思った以上に接続が簡単でした。

Bluetooth のボタンを長押しして、デバイスで Bluetooth 接続設定をするだけで簡単につなげました。

また、2回目以降は設定し直す必要がなく、1秒ぐらいで接続できるのもありがたいですね。

 

キーボードの音が静か

これは意外だったのですが、キーボード音がすごい静か。

正直、エレガント。

ぶっちゃけ MacBook のキーボードよりも静かで、カフェやコワーキングスペースで作業するときに騒音メーカーにならず優雅に仕事できると思います。

 

 

さあ、ロジクールの Bluetooth キーボード K 380を使ってみよう

という感じで、ロジクールの Bluetooth キーボードのレビューは終了です。

このキーボードは、

  • Macの配列になっている
  • 接続が簡単
  • 打音が静か

なのでおすすめですね。

よかったらロジクールの Bluetooth キーボード K 380を使ってみてください。

「えーでも、せっかくだからテンキーが欲しい」

という方は同じタイプのものでK360もありますので試してみてくださいね。

 

それでは!

Lin


1件のコメント

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる