熱中しすぎ防止!Macの目覚まし時計アプリの使い方


Macで仕事をしていると時間を忘れることがある・・・

Mac で仕事しているとたまに、

「あれ・・・・約束の時間過ぎてるやん・・・」

っていう時がありますよね。

作業に熱中しすぎていて、何時か考える余裕がなくなり、気づいたら約束時間を大幅に過ぎてしまって謝罪を迫られたり信用を失ってしまうこともあるでしょう。

これだと集中力が裏目に出て不利益をこうむったりするので、これは絶対に良くないですね。

そこでおすすめなのが、

Macで仕事をしながら予定の時間に遅れないためにアラームを設定する

という方法ですね。

 

 

Macの目覚ましアプリでアラートを設定する方法

Macには目覚まし時計のアプリがあるみたいですが、僕はWake Up Timeというものを使ってみましたよ。

mac 目覚ましアプリ アラート
Wake Up Time – Alarm Clock
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

このアプリの使い方は次のような感じです。

 

Step1. アラームの時間を設定する

まずはアラームの時間を設定。

「Alarm Time」の時刻にカーソルを合わせてクリックし、長時間の編集できるようにします。

mac 目覚ましアプリ アラート

まずは時間が設定し終わったらタブキーを押して細かい分のところを設定していきましょう。

 

Step2. アラームを設定する

あとは、「Sound」からどアラーム音の種類を選びましょう。

mac 目覚ましアプリ アラート

このアプリでは8種類から選べるようになっていて、音をランダムに設定することも可能ですね。

  • Digital
  • Cosmic
  • Forest
  • Farm
  • Ocean
  • Rooster
  • Computer
  • Cow

 

mac 目覚ましアプリ アラート

右下のボタンを押すと試しにアラームを鳴らせるのでお好みのものを設定してみてください。

mac 目覚ましアプリ アラート

ちなみに、僕のおすすめはCowです。

 

Step3. 目覚ましをオンにする

あとは目覚ましのアラームをオンにするだけですね。

左下の水色のボタンをクリックすると、オンに設定できると思います。

mac 目覚ましアプリ アラート

中央の下の表示が「Alarm set」と書いてあれば目覚ましを設定できていることになりますね。

mac 目覚ましアプリ アラート

 

 

Macの目覚ましアプリでアラームを設定して時間を守ろう

以上が、Macの便利な目覚ましアプリの使い方でした。

ぼくは目覚めるという用途で使うわけではありませんが、これにより時間を気にしながら仕事に取り組め、約束の時間に遅れずに過ごせるようになりました。

いや、むしろアラームが鳴るから遅刻しない、というより、

アラームを設定した緊張感で、時計を頻繁に気にするようになります笑

これにより集中しすぎて時間を忘れて遅刻すると言ったハプニングが起こり得なくなりましたね。

よかったらMacの目覚ましアプリWake Up Timeを試してみてください。

mac 目覚ましアプリ アラート
Wake Up Time – Alarm Clock
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

 

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる