【保存版】とりあえず入れておきたい!Macのおすすめアプリまとめ14選


Macでおすすめのアプリってある??

MacBook を2019年に5年ぶりに新調し、新しいMacBook にこれまで使ってきた便利なアプリたちを入れなおすことにしました。

新品の状態だとMacデフォルトのアプリたちしか入っていない空っぽの状態ですからね。

そこで今日は、前に使っていたMacアプリの中で、新しいMacでも使いたい役に立つおすすめのアプリをまとめてみました。

 

 

【保存版】Macのおすすめアプリまとめ14選

僕がついつい入れてしまったのが次のMacアプリたちです。

 

Todoist


Todoist: ストレスフリーのタスク管理
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

To Doリストのアプリですね。

この アプリは何が便利なのかと言うと、

アカウントを同期すればマルチデバイスで利用できる、という点です。

例えば、Macだけでなく、iPhone や Android のスマートフォンでも同じやることリストを管理できます。

そのため、PCで作業中でも移動中でもやることリストを追加したり削除したり閲覧したりできることになります。

使い方もシンプル、。

ワンボタンでタスクを追加し、消すだけです。

初心者でもすぐに使うことができるでしょう。

また、タスクをプロジェクトごとにカテゴライズできるのでTo Doリストを整理しやすいのも魅力です。

 

Be focused


Be Focused – 仕事および勉強用の Timer
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

「25分働いて5分休憩する」というポモドーロメソッドに便利なタイマーになります。

25分タイマーして仕事時間を計測し、時間が来るとアラームがなるようになっています。

その後に5分の休憩のタイマーに切り替わるので、うっかり休みすぎといった現象も防げますね。

しかも、ポモドーロ数を逐次記録してくれますので、

いったい自分がどれくらい仕事をしたのか?

が定量的に把握しやすいですね。

25分計測しながら仕事していると、仕事効率を気にしながら作業できるようになります。

いまいち仕事で集中力が上がらないという方はこのアプリでポモドーロメソッドを試してみるのもいいかもしれません。

 

Gyazo GIF

Gyazo GIF

スクリーン上の指定範囲のキャプチャー動画を簡単に撮影できるアプリ。

無料バージョンだと時間指定があって最大6秒ま でGIF のミニ動画を撮影できます。

有料会員になると、長時間の動画撮影が可能になるみたいですね。

このアプリを使えば、 WordPress の記事中に簡単に 動くGIF画像を挿入できるようになります。

 

Pocket


Pocket
カテゴリ: ニュース
現在の価格: 無料

Web 上で発見した面白いニュースや、ためになる情報をどんどん保存できるアプリになります。

以前は「はてなブックマーク」というアプリを使っていたんですが、最近ではこちらのアプリで情報を保存しています。

ページの保存方法も簡単でわかりやすく、気になったニュースなどをどんどん貯めこんでいってけますね。

このアプリではキーワードで検索できるので、後々情報が必要になった時に探しやすいのがメリットです。

 

Image Optim

画像圧縮に便利なアプリ。

JPEG、PNG などの画像ファイルの画質を落とさず、容量のみ落としてくれるのです。

ウェブサイトなどを運営していて、画像を挿入する機会が多い方は画像を圧縮してからアップロードすると、ページの読み込み速度が速くなると思います。

 

Clipy

ある特定のキーワードを簡単にコピペできるようになります。

スニペットと呼ばれるデータベースに

  • タイトル
  • コピーする内容

を登録してやると、素早くコピペできるのです。

例えば、自分のメールアドレスを登録しておけば、いちいち会員登録の際に自分のメールアドレスを0から打たなくてもよいですね。

あとは、メールの挨拶でよく使う「お世話になっております。」を追加しておけば高速にメールをさばけるでしょう。

 

Sublime Text

Web 系の仕事をしていると、スクリプトを編集する機会が出てくると思います。

例えば、HTML、 CSS、 後は何でしょうね PHP とかでしょうか。

これらのスクリプトを編集するためには、スクリプト編集に特化したテキストエディターがおすすめ。

中でもこの「Sublime Text」はファイルの拡張子ごとにハイライトする部分を変えてくれ、コードがすこぶる書きやすいです。

プログラミングを勉強するときや、 WordPress のファイルを編集するときに活躍しています。

 

Cyberduck


Cyberduck
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥2,900

ウェブサイトを運営していると、サーバーの中にファイルを転送したり、逆にサーバーから取り出したりすることがあると思います。

そういう時に便利なのが FTPソフト。

中でも僕はサイバーダックというソフトを使っています。

こちらは有料になりますが、使い方が簡単で分かりやすく、よく使うサーバーのパスを保存できたりするので、 サイトを管理しやすいので重宝しています。

 

Rescue Time

作業効率を測定するアプリ。

自分がどれくらいの時間をどのソフトにさいているのか?

をグラフで可視化してくれます。

しかも、Macだけでなくスマートフォンにもアプリがありますので、スマホ・ PC 両方とも自分が何に時間を使っているのか?生産的なことをしているのか?を計測できちゃうのがいいですよね。

 

Lightshot


Lightshot Screenshot
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

Mac でスクリーンキャプチャを簡単に取れるアプリ。

SHIFT + command + 9

を押してやると、簡単にスクリーンショットがとれてしまいます。

スクリーンショットのサイズの変更も簡単で、画像も保存しやすいです。

また、コピーするだけもできるので、イラストレーターなどとの相性が良く重宝しています。

 

Flux

f.lux

こちらはブルーライトカットアプリになります。

ブルーライトのカット量を調整できることはもちろん、このアプリでは時間帯によってブルーライトのカットの量を自動で調整してくれるのです。

例えば、寝る前の時間帯はブルーライトを大幅にカットする、という設定もできちゃいます。

これならばブルーライトを見すぎて眠れないというハプニングが起きにくいですね。

 

Kindle


Kindle
カテゴリ: 辞書/辞典/その他
現在の価格: 無料

Amazon の Kindle のアプリになります。

なぜMacでもKindleアプリが便利なのでしょうか?

やはりこのアプリがMacに入っていると、

電子書籍からの引用が楽になります。

このアプリでは、書籍中の文章を簡単にコピーして貼り付けられるようになっていて、しかも引用元を自動で取得してくれます。

 

引用が正しく、合法的にしやすいのでおすすめです。

また、プログラミング関係の電子書籍を読むときは、Kindleアプリで読みながら勉強してもいいですね。

 

iMage Tools


iMage Tools
カテゴリ: 写真
現在の価格: 無料

画像の大きさを簡単に変えられるアプリ。

サイズ調整が容易になっているのはもちろん、画像の変換後のネーミングまで自動でやってくれます。

いくつか変数が用意されていて、例えば「Number」という変数を使えば、

画像の出力順に番号を自動で割り振ってくれます。

例えば、

free + number

としてやれば、

free1、free2、freee3・・・・・というように、番号順に画像を自動的にサイズ変更して書き出してくれます。

名前変更の手間が省けて助かります。

 

 

Dropbox

「dropbox」の画像検索結果
クラウドストレージサービスのDropboxのMacアプリ。このアプリを入れておくと何が便利かというと、

スマホで撮影した画像をMacに取り込みやすくなる

という点ですね。

スマホ側でDropboxのアプリに共有してやると、自動でMac上で同期してくれて特定のフォルダにスマホで撮影した写真をアップロードしてくれます。これと先ほど紹介したiMage Toolsを組み合わせてやればサイトに画像を挿入しやすくなるでしょう。

 

 

さあ、Macアプリで作業効率を上げていこう!

以上、僕がおすすめのMacのアプリたちでした。

  • Todoist
  • Be focused
  • Gyazo GIF
  • Pocket
  • Image Optim
  • Clipy
  • Sublime Text
  • Cyberduck
  • Rescue Time
  • Lightshot
  • Flux
  • Kindle
  • iMage Tools
  • Dropbox

Macにどんなアプリを入れたらいいか迷っている方は良かったら参考にしてみてくださいね。

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる