気泡が入りにくい!MacBook Pro 15インチ用の保護フィルム Screen Protectorの貼り方


MacBook Pro に保護フィルムは必要?不要?

どうも、Linです。カマボコ、見つけました。

 

2019年にマック最新型の MacBook Pro に乗り換えたのですが、やはり心配だったのは

ディスプレイに傷がついてしまう

という事態です。

macbook pro 15 保護フィルム

前に使っていた MacBook Proは保護フィルムなしで使っていたのですが、5年も経つとまさかのディスプレイが傷だらけ。

画面に触ったりクリーナーで拭きすぎたりで、気づいたらMacBook のディスプレイはボロボロになっていてしまったのです。

macbook pro 15 保護フィルム

そこで今回購入した15インチ型の MacBook Pro では、ディスプレイの扱いに気をつけて保護フィルムをはじめから貼ることにしました。

 

 

エレコムの15インチ MacBook Pro 用のスクリーンプロテクターを買ってみた

ビックカメラに行ってみて発見したのは、

エレコムのスクリーンプロテクター。

macbook pro 15 保護フィルム

 

決め手となったのは、

ブルーライトカット機能がない

ということですね。

商品のレビューを見てみたところ、ブルーライトカットの機能がある保護フィルムでは、スクリーン自体の色味が変わってしまうというデメリットがあるみたいでした。

ということもあり、僕はあえて、このブルーライトカット機能はない商品を探していました。

 

このエレコムの保護フィルムはビックカメラのスタッフの方によると、

15インチのMacBook Pro でタッチバー付きタイプなら対応している

とのこと。

商品のラベルには「2016年〜2018年のタイプ」に対応しているとしか記載されていなかったのですが、2019年も通用するようでした。

 

この保護フィルムには

  1. ディスプレイ用フィルム
  2. タッチバー用フィルム

の2種類のフィルムが付いていて、

内容物は

  • ディスプレイ用のフィルム
  • タッチバー用のフィルム
  • クリーナー
  • 空気を抜くためのヘラ

がセットになってましたね。

macbook pro 15 保護フィルム

 

 

MacBook Pro 15インチ用の保護フィルムの貼り方

それではこのスクリーンプロテクターの貼り方を見ていきましょう。

 

ディスプレイをきれいにする

まずは付属されているとクリーナーで保護フィルムを貼る前にディスプレイを掃除しましょう。

macbook pro 15 保護フィルム

フィルムがくっつきやすいようにディスプレイについている埃を振り落とすのです。

 

フィルムを貼る

いよいよフィルムを貼っていきましょう。

実はこのスクリーンプロテクターのフィルムは

  1. 表面シール
  2. 液晶保護フィルム
  3. 保護シート

という3層になっています。

macbook pro 15 保護フィルム

「保護シート」はフィルムが張り付いている部分で、真ん中の「液晶保護フィルム」は実際に MacBook Pro に張り付くフィルム部分になります。

一番上の「表面シート」は保護フィルムを貼り付けた後に、ヘラで空気を抜く時、スクリーンプロテクターが傷つかないようにするためのシートになります。

そのため、最終的には真ん中の「液晶保護フィルム」だけが MacBook Pro に張り付くことになりますね。

 

貼り方は簡単。

まずは「保護シート」を剥がして「液晶保護フィルム」がディスプレイに吸着するような状態を作ります。

macbook pro 15 保護フィルム

その状態でディスプレイの右端から順番に貼り付け、て最後に左端まで貼れるようにしていきます。

macbook pro 15 保護フィルム

 

気泡を抜く

ただし、普通にフィルムを貼っただけでは、フィルムとディスプレイの間に気泡が入ってしまいます。

macbook pro 15 保護フィルム

僕自身、ディスプレイの目立つ位置に大きな気泡が入ってしまい、フィルムを貼らなければよかったと後悔した身です笑

実はこのフィルムに入る気泡を抜くための道具が付属されていたのです。

それが「ヘラ」というもので、こちらでのヘラを使ってディスプレイと保護フィルムの間に出てきた気泡を外に出します。

macbook pro 15 保護フィルム

この保護フィルムには「エアーレス加工」というものが施されており、気泡が入っても時間とともに気泡が分散されて小さくなっていく加工がされています。

このフェーズで気泡を全部排除しようとしなくても大丈夫です。

僕自身、いくつか気泡が残ってしまっているんですが、確かに言われてみればあまり気になりません。

作業していると、保護フィルムにできた気泡は目にはいりませんね。

「いや、この気泡の量は無視できねえよ!」

という方はもう1回針直しもありですね。

再吸着フィルムなので何度でもディスプレイに貼り付けられるようです。

 

表面シートを剥がす

ヘラで気泡を少なくしたら、最後に一番上に貼ってある「表面シート」を剥がしましょう。

macbook pro 15 保護フィルム

こちらはヘラを使いやすいように液晶保護フィルムの上に貼ってあったシートなので、気泡なき後は用無し。

macbook pro 15 保護フィルム

はがすことにしましょう。

 

タッチバーも同様に

以上がディスプレイ用の保護フィルムの貼り方でした。

あとは「タッチバー用の保護フィルム」があるんですが貼り方は大体一緒。

保護フィルムをつけてヘラで気泡を抜いて、最後に表面シールを除去すればオッケーですね。

macbook pro 15 保護フィルム

ディスプレイのフィルムよりも小さいので簡単に貼り付けられると思います。

是非試してみてください。

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる