MacBook Proを有線LAN接続する方法【USB-Cアダプタを用いた設定方法】




 

最近、ホテルの個室で作業することが常態化していますが、今日、ふと、個室内の「ある物体」の存在に気づきました。

それは、

有線LANケーブル

です。

言われてみれば、ほぼすべてのホテルのデスクに、なぜか有線LANケーブルが標準装備されているではありませんか。

 

こんな感じで机の角にちょこっとLANケーブルがはみ出てるんですね。

無線LANが普及したのに、なぜ有線LANが標準装備されているのか?

その真相は定かではありません。僕の見立ててでは、おそらく、

無線LANがない時代に有線LANが普及していた時の名残り

とみてます。

 

ただし、いまは圧倒的に普及した無線LANのWi-Fiにも欠点がありました。

それは、無線の電波が届きにくいケースがあること。

ホテルの個室の位置によって無線の届き具合が異なってくるのが悩みだったのです。

ホテルのセンターラインから外れた角部屋に配属されると、Wi-Fiの電波が届きにくいためか、ネットの速度が落ちてしまう現象が起きていたんです。

 

そこでもし、ホテルの個室で有線LAN接続する方法を見出だせれば、ネットの速度が安定しそうな気がしてきたんです。

 

MacBook Proを有線LAN接続する方法

ということで、この流れで今日は、MacBook Proの有線LAN接続方法を紹介します。

 

アダプターを用意する

最近のMacBook Proには有線LANの差し込み口がついていません。

まずは有線LANの接続口を確保するところから始めましょう。

そこで使うのが、

USBタイプC型のアダプター

です。

こちらはを使えばUSBタイプCの口にアダプターをさして、アダプターのLAN口にLANケーブルをさせば良いのです。

MacBook ProのようにUSBタイプCしかないデバイスでも、有線LANを使えるようになるでしょう。

 

僕は敬虔なるアップル信者なので、アップル純正のアダプターを探してみました。

MacBook Proに対応している「タイプCから有線LANの差し込み口を作れる」アダプターですね。

しかしながら、そのようなアダプターは純正のもので存在していないようでした。

それと似たようなのに「Thunderboltから有線LANの差込口を作る」アダプターは存在していました。

しかし、最近のMacBook ProにはThunderboltが付いていないので使えません。

Thunderboltの形はタイプCに酷似していますため、買い間違いにご注意くださいませ。

僕自身、危うくThunderboltのアダプターを購入しそうになりましたよ。

 

他にも純正のアダプタでいうとUSB TypeA型のものが発売されていますが、これだとタイプCしかないMacBookでは使いにくいですよね。

アダプタを使うためにアダプタを噛ませる、という事態に発展します。

 

それでは、「タイプCから有線LANの口を作れる」アダプターは存在しないのかというと、そういうわけではありません。

アップル以外の電機メーカーが沢山アダプターを用意してくれています。

 

タイプは大きく上げて2つ。

まずはタイプCから有線LANの口を1つ作り出すシンプルなアダプター。

もう1つは、タイプCから有線LANの差し込み口以外の複数の口も作れるマルチアダプター。

 

僕が今回導入したのは後者のマルチアダプターで、

エレコムのDST-C09WH。

こちらのアダプターは有線LANの差し込み口だけではなく、その他にも

  • タイプC
  • HDMI
  • USBタイプA

も付いています。

合計4箇所を差し込み口があるアダプターですね。

 

「折角なので他の口も増やしてえな」

というふわふわとした理由でこいつを選んでしまったんですが、有線LANの差し込み口だけで満足する方は「LAN-ADURCM」のような有線LANの口だけのアダプターで十分でしょう。

なお、アダプターを選ぶ時には有線の規格にも注意です。

「伝送速度」に、

1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T

や、

10/100/1000Mbps

という書いてあるものならばOK。

どうやらこれはネットワークの通信規格であり、

最新の高速の有線LANにも対応しているみたいなので、パッケージの裏などを見て確認してみてください

1000BASE-T

という記述が、最大データ転送速度が1Gbpsであることを表しています。

 

各種機器を接続する

さて、準備が整いましたので色々接続していきましょう。

まずMacBook ProのタイプCの口にアダプターを差し込みます。

アダプターの有線LANの差し込み口に、LANケーブルを接続。

ホテルの個室の場合、机からニョキッと出ている有線のLANケーブルをアダプターにぶっさすだけで接続が完了。

もし、自宅で家庭用のルーターを使っている方は、アダプターのLANの差し込み口と、ルーターのLANの差し込み口をつなぐといいでしょう。

例えばソフトバンク光ならば、下図のように接続すればOK。

接続が完了すると、アダプターのライトが緑とオレンジに点灯するはずです。

 

接続チェックする

たったこれだけで、MacBook Proを有線LAN接続できました。

何も特別な設定は必要ありません。

アダプターを噛ませてLANケーブルをMacBook Proにぶっさすだけ。

 

ただ、最後に試しにしっかり有線LANの接続ができるかチェックしましょう。

システム環境設定の「ネットワーク」を開いて緑色になっているのが

USB 10/…LAN 2

となっていれば大丈夫。

この場合、Wi-Fiがオンでもオフでも、ネット接続した場合に有線LANの回線が優先して使われます。

Wi-Fiはオンでもオフでもどちらでも構いません。

 

有線LAN接続すると速度はどうなる?

さて、ここで気になるのが、回線速度です。

有線LAN接続すると、ネットの速度は早くなるのか?ということですよね。

ぶっちゃけ、無線LANとはあまり変わらないならば、無線のほうが楽なので、有線なんて使いたくありません。

 

試しにホテルの一室で、無線LANと有線LANの回線速度を比較してみました。

その結果がこちら。回線速度測定には「fast」を用いました。

ご覧の通り、

圧倒的に有線が強い

です。

回線速度でいうと、単純計算、

有線LANを使うと約26倍の速度が出ていたんです。

ありがたい事に「レイテンシ(転送要求からデータが送られてくるまでの遅延時間)」も短くなっていますので、よりストレスフリーにネットライフを楽しめそうです。

ただし、アップロードスピードに関しては無線LANのほうが早くなってしまっていますね。

もしかしたら、これは何かの間違いなのかもしれません。

 

もう面倒くさいので、

有線LANの勝ち

としましょう。

 

ここれまで有線LAN接続を舐めていて、Wi-Fiがあるからいらねえよと思っていましたが、今回の一件で改心。

有線と無線ではまったく回線速度が違うことが判明しました。

今後は有線LANが使える環境では、積極的にLANケーブルをMacBook Proを接続する、と誓ったのでした。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。