HDMIにも対応!MacBook ProでもSDカードを使える変換アダプターを導入してみた


MacBook Pro、SDカードさせなくね・・・?

先日、写真表現中村教室のレビュー記事を書いていたら、久しぶりに一眼レフカメラで写真を撮りたくなったので撮影してみましたが、ここで一つ問題が発生。

それは、

新調したMacBookProにSDカードのスロットが付いていない

ことに気がついたのです。

左にも、

右にも、

タイプCのUSBしか付いておらず、前に使っていたMacBookProには当然のように設けられていたSDカード口が見事に消えていたのです。

これでは、いくら一眼レフで写真を撮ってもPCに取り込めず、確認画面でしか写真を楽しめなくなるので、写真の面白さが半減してしまいますね。

 

MacBook ProでもSDカードを使える変換アダプターを導入してみた

そこで導入してみたのが、

USBタイプCに対応しているSDカードの変換アダプター

です。

Type C to USB 3.0 Combo Hub

という商品を使ってみました。

 

基本スペック

基本スペックは次のような通りですね。

縦11 cm 横3 cm 厚み 1 cm

で、

念のために質量を計測したところ、

37.8 g

ありましたね。

この変換アダプターはタイプCのUSBハブを2箇所使うことになります。

 

左側のMacBookProの左側についている2つのタイプCにグサッとさすわけです。ハブに突起物が2つ付いていますからサクッとハマりますね。

このアダプターを使えば、Type Cの口が2つ奪われますがその結果、

  • USBタイプC × 2
  • USBタイプA × 2
  • SDカード
  • マイクロSD
  • HDMI

の計7カ所の差し込み口ができちゃいます。

 

SDカードだけでなく、Micro SDカードもカバーしているし、なんといってもHDMIもいけちゃうのが素晴らしいです。

 

 

実際に変換アダプターを使ってみました。

MacBook Proの左側の2箇所のType Cに、ハブの突起物を2つ差し込むと即認識。

アダプターのライトの部分が緑色に光りました。

実際にその状態でSSDカードを挿してみたところ・・・・・

しっかりと認識されて一眼レフの写真を取り込めましたよ↓

 

タイプCの口が減らない

何よりも嬉しいのがタイプCの口の数が減らないということですね。

このハブはMacBookPro左側の2箇所のタイプC の口を使わなければなりませんが、2箇所タイプCを使っても、新たなに2か所のタイプCが誕生。

MacBookPro全体のタイプCの口数はプラスマイナスゼロで減ったりしません。

しかも、タイプCの口数をキープしたまま、

  • USBタイプA × 2
  • SDカード
  • マイクロSD
  • HDMI

がさせるようになるから驚きです。

 

SDカード・マイクロSDカードに対応

このアダプターはのすごいところは、SDカードとmicroSDの2種類のSDカードに対応していることですね。

大体の一眼レフでは大型のSDカードに保存する場合が多いのですが、例えば、AndroidのスマホでSDカードに保存する際はmicroSDという小さいタイプのSDカードが主流になっています。

この小さいタイプのSDカードに保存した写真でさえも、MacBook Proに取り組めるようになるのがこのアダプターが強みではないでしょう。

 

HDMIもいける

また、HDMIに対応してるのも嬉しいですね。

MacBook Proの画面をプロジェクターに映してプレゼンするケースなんかではHDMIへの対応が必須。

あとなんでしょうかね、複数人で同じ画面を見ながら作業するときや、デュアルディスプレイで仕事をしたい時なんかもHDMIが大活躍です。

最新のMacBook ProにはHDMI端子も省かれてしまっているので、このハブを持っておけばいざというHDMIへの対応もできちゃいますね。

 

USBタイプAのハブとしても使える

先程申しましたが、このハブを使えば、

Type AのUSBの口

が2つ誕生します。

今まで、USBタイプAに慣れ親しんできた方もこのハブさえあれば対応できてしまうのですね。

僕は以前、USBタイプAを使うためだけにUSBタイプA専用のハブを購入しちゃいました。

しかし、このハブさえ思っておけば、USB Type-Aに対応できちゃうことはもちろんのこと、HDMI・SDカードの口を増やせます。

むしろ、最初からこっちで良かったんじゃないかと思うぐらいです笑

 

こんな感じで、MacBook Proはデバイス自体にはUSBタイプCの口しかなくなりましたが、アダプターを使えば色々とカスタマイズが可能です。

時と場合によって必要な差し込み口を増やせるのが魅力だと思います。

必要な時はハブでカスタマイズして、それ以外はタイプCのみで頑張る、というデザインが気に入っています。

何よりもMacBook Pro本体が薄くなりましたし、USBタイプCの差し込み口は裏表がないので随分とさしやすくなりました。

僕と同じようにMacBook Proを使っていて、SDカード・HDMIの差し込み口がなくて困っている方は万能な変換アダプターを使ってスロットを増やしてみてください。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる