MacBook Proにおすすめ!USB 3.1対応の Type Cの3ポートハブ(Digio2 UH-C3103)


MacBook ProではUSBの端子がType-Cになっている??

2013年の MacBook Pro から2019年最新型の MacBook Pro に乗り換えたんですが、一番大きな違いは、

USB端子の形が異なっている

ということです。

macbook pro usbハブ

以前は USBの中でもType-A というタイプのもので、一般に広く使われている USB の形をしていたので困りませんでした。

が、最新型の MacBook Pro では USB 端子がType-C の端子の形になってしまっているのです。

 

そのため、これまで使ってきた USB メモリをさせませんし、 DVD-ROM も使えませんし、USB 型のマウスも不能になってしまいます。

以前と同じように USB タイプAの製品を使うためには、

タイプ C からタイプ A に変換する必要があるのですね。

そんな時に便利なのが Type-C のハブを使うということです。

 

 

MacBook Proにおすすめ!USB 3.1対応の Type-Cの3ポートハブ

僕は今回 MacBook Pro のために、

Digio2のType-C の3ポートハブ(UH-C3103)

を使ってみました。

macbook pro usbハブ

 

長さが

縦40 mm×横73 mm×厚み10 mm

の大きさになっていて、

ケーブルの長さは10cm。

重さを測ってみたところを

29.4g

ありました。

macbook pro usbハブ

Windows と Mac の両方の OS に対応していて、Windowsなら Vista 以降で Windows 10にも対応しているということです。

Macは OS X以降ならば対応しているみたいですね。

 

この Type-C の3ポートハブの特徴は次の3つです。

 

USB Type-A の端子が2つ

このハブには USB タイプ A の差し込み口が2つ付いています。

macbook pro usbハブ

2つの USB 端子が使えるので、普段2つ以上の USB Type-A のポートを使っている方は重宝するでしょう。

僕自身、まず一つ目のポートをマウスで使ってしまっていて、2つ目のボートを時々利用していたので、2つのハブのポートは助かりますね。

 

USB Type-C のポートもある

しかも、このハブには USB Type-C のポートも1つ用意されています。

macbook pro usbハブ

このハブを使うことによって Type-C のポート数が失われるということはなく、 USB Type-A のポートを増やせることになります。

 

USB 3.1に対応

USB 3.1 に対応しているハブです。

USB3.1とは、簡単に言ってしまうと、

データの転送速度が速いUSBのバージョン

のこと。

USB 2.0と比べると、10倍ぐらいの速度でデータを転送できるようになっているみたいです。

USB メモリでデータを転送する機会が多い方は助かりますね。

 

高い消費電力に対応

あと魅力的だったのが、高い消費電力にも対応していることです。

3ポート合計の消費電力が2700 mA が限度になっていて、それぞれのポートで900 mA 未満が推奨されています。

それ以上の電力を消費してしまうと、動作が不安定になってしまうことがあるみたいです。

ビックカメラでいくつかの USB ハブと比較してみたんですが、このハブが唯一、3つのボート合計で2700 MA まで対応しているものでした。

他のポートは合計で900 mA のものが多かったので、消費電力という面ではこのハブが群を抜いていましたね。

このハブでも対応しきれないほどの高い消費電力を使う場合は、 Mac 純正のアダプタを使うしかなさそうです。

 

 

Type-Cのハブを使えば新型MacBookでも問題なし

以上、僕が購入したUSB Type-Cのハブでした。

このハブをType-C の端子に挿すだけで、2つの USB Type-Aが使えるようになります。

これなら以前使っていた MacBook と同じように、 USB Type-A に対応している製品を使えそうですね。

新しい MacBook を買って USB ポートの違いに戸惑っている方はハブを使ってみてください。

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる