【徹底検証】MacBook ProでタイプCのイヤホンは使えるのか?〜ソニーのSTH50Cを試してみた〜




MacでもタイプCのイヤホン使える??

先日、iPad Proのイヤホン向けにソニーのタイプC型のイヤホン「STH50C」を導入しました。

 

iPad Proで使えるか定かではなく、一種の賭けでしたが、無事に使えて一安心。

ただ、ここで気になってきたのが、

MacBook ProでもタイプCのイヤホンを使えるのだろうか?

ということ。

 

ご存知の通り、MacBook Proにはまだ「かろうじて」イヤホンジャックが右上に一箇所ついています。

しかし、タイプCはその4倍の「4箇所」もあるのです。

右2箇所、

左2箇所で合計4つ。

 

この圧倒的なタイプCの多さと、iPad Proでイヤホンジャックが廃止された経緯から、

今後、MacBook Proからイヤホンジャックが廃止される未来もあり得ます。

 

そこで、将来を考えて、MacBook Proに「STH50C」をさしてみました。

その結果、なんと、

MacBook Proでも音を聞けたんです!!!

これは盲点でした。MacBook ProでタイプCのイヤホンが使えるとは・・・!!

 

ただし、イヤホンジャック型イヤホンでは発生しなかった手間が1つ必要である旨、ご了承ください。

システム環境設定から「サウンド」へ進んで

「出力」をみます。

 

タイプCのイヤホンを挿すと、一覧に「STH50C」が加わっているはず。

「STH50C」を選ぶと、MacBook Proの出力(本体からの音)は、STH50Cから出てきます。

少々面倒くさいですが、設定さえ乗り越えれば、普通のイヤホンと同じく使えるのです。

 

ただし、この世のすべてのタイプCイヤホンがMacBookに対応しているとは限りません。

もしかしたら、MacBookに対応していないタイプCイヤホンもあるかもしれないのです。

MacBook Pro対応のタイプCイヤホンを探している方は、とりあえず僕が検証したソニーの「STH50C」がおすすめですね。

 

それでは!

Lin

 

追記:STH50Cのマイクは使えるのか?

読者の方からいただいたリクエストに

MacもSTH50Cのマイクが使えるのか?

がありました。

このイヤホンには、コントローラーの裏側に「全指向性のマイク」が取り付けられています(以下マイクのスペックを公式ページより引用)。

方式 インラインマイクロフォン
型式 エレクトレットコンデンサー型
指向特性 全指向性
有効周波数帯域 50Hz-10,000Hz
開回路電圧レベル(0dB=1V/Pa) -42 dB (0dB=1V/Pa)

果たして、Macでもマイクを使えるのでしょうか?

結論からいってしまうと

全然使えます。

ただし、イヤホン機能を使うときと同様、設定は必要です。

サウンドの「入力」を「STH50C」に設定しますよ。

イヤホンを着用した状態でしゃべると、次のように録音できました。

全指向性のマイクなので、全方向から音を拾ってしまいますが、マイクとしては十分。

STH50Cを使う際は、マイク機能も合わせて試してみてください。

 




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。