メルカリで稼ぐなら「スピード発送バッジ」をゲットしよう




 

「メルカリで出品してみたけど、想像以上に売れない・・・!」

と悩んでませんか?

そんな方におすすめなのが、

スピード発送バッジを取得すること

です。

発送者としてある条件を過去に満たしていれば、商品詳細ページの出品者の下に

スピード発送

というバッチが表示されるんです。

そして、

この出品者は平均24時間以内に発送しています

という説明まで出るんですね。

 

スピード発送バッチが出現する条件は?

それでは、どんな条件を満たせばスピード発送バッジがもらえるんでしょうか?

そのためには、次の2条件を満たす必要があります。

 

発送までの日数を「1〜2日」にする

まずは商品を出品する際、「発送までの日数」を

1〜2日で発送

に設定します。

なぜなら、この設定になっている商品のみ、バッチ付与の判断材料になるからですね。

例えば、発送までの日数を「2~3日で発送」に設定していた場合、いくら早く発送したとしても、バッジ獲得にはつながりません。

そのため、バッチを獲得したい場合、発送までの日数をまずは「1〜2日で発送」で出品しましょう。

 

購入から24時間以内に発送する

そして、その商品が売れたとします。

購入された時点から24時間以内に発送すると、バッチ獲得に繋がります。

例えば、11月8日の19時50分に商品が購入されたとしましょう。

その場合、その24時間後の

11月9日19時50分

までに発送すればいいのです。

ここでいう発送とは、

発送の通知を完了させること

を意味しています。

 

実際に郵送や配送が始まるタイミングではなく、あくまでも「自分の手から商品が離れた時点」です。

  • ポストに入れた時
  • 配送業者に荷物を託した時

などですね。

購入からその時間までの間が「24時間以内」ならば、バッジ獲得に貢献できます。

 

そして、注目すべきポイントは「購入から」24時間以内ということ。

「売れてから」ではなく「購入されてから」24時間以内なのです。

例えば、コンビニ購入で売れた場合、相手先のコンビニ支払いが完了し、正式に購入手続きが済んでから24時間以内です。

商品が売れても支払いが完了していない場合、焦って発送24時間以内に発送する必要はありません。

 

購入から発送まで平均24時間以内

そして、メルカリのスピード発送バッチが付与されるためには、

購入から発送までの時間を「平均で」24時間以内にする必要があります。

メルカリの公式ページには、

どれぐらいの期間における平均時間かは書かれていません。

平均に関する詳細は定かではないです。

僕の経験上、上の2条件を満たした発送を1〜2回したらスピード発送バッチがつきました。

 

あくまでも「平均」24時間以内なので、すべての発送で24時間以内にする必要はなく、1回ぐらいちょっと遅れても大丈夫。

次で早く発送すれば問題ありません。

ただ、平均で24時間以上かかってしまうと、スピード発送バッジは剥奪されて出品者の欄から表示されなくなってしまうんです。

 

スピード発送バッジのメリット・効果

最後にスピード発送バッジを獲得するメリットを紹介します。

 

アクティブな出品者アピール

バッジを獲得すると、

メルカリにある程度コミットしている出品者である

と対外にアピールできます。

つまり、

購入されたらちゃんと発送するよ

と暗に伝えられるんですね。

これにより「アカウントがアクティブであること」を示せるわけです。

つまり、「休眠ユーザーではない」と。

 

僕自身、メルカリで買い物する時は少し心配です。

なぜなら、出品者が購入後に発送してくれるか定かではないからです。

出品者がスーパー忙しいビジネスパーソンだったり、出品しても売れないからやめてしまった休眠ユーザーならば、購入してもなかなか送ってもらえませにょね?

メルカリの場合、直近のユーザーのコミット具合が可視化されてないので、心配は常に付き纏います。

その点、スピード発送バッチが付いているユーザーならば、メルカリのアプリをアクティブに使っていることがわかります。

なんせ、購入から24時間以内で送っている、という実績があるのですからね。

 

発送を先延ばしにしなくなる

そして、スピード発送バッジが与えられると、自分にも良い効果が生じます。

それは、

メルカリ発送というタスクを先延ばしにしなくなること。

です。

購入者は、24時間以内に発送してくれると信じているかもしれませんので、なるべく早く送ろうと頑張ります。

「メルカリ発送」という小さなタスクを先延ばしにせず、ひょいっとフットワーク軽く発送できるようになるんです。

「えっ、でも24時間以内に発送って大変じゃない?」

と思うかもしれませんが「コンビニのゆうゆうメルカリ便」を使えば余裕です。

24時間オープンしているコンビニ(ローソン)に行くだけで出品できるので、24時間以内に発送するなんて容易なのです。

ただ、逆にいうと、スピード発送バッジが付与されることで、プレッシャーになりストレスを感じる方もいるかもしれませんが。

フリーランスとして自由に活動している僕にとっては、この適度なストレスが心地よいと感じるんです。

 

このスピードを発送バッチが付与された前後で、どのように売れやすさが変化したかは検証できませんが、確かに、最近よく出品した商品が売れているような気がします。

ぜひメルカリで出品している方は、スピード発送バッジの取得を目指して頑張ってみてください。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。