MacBook Proで使えるMOFTのノートパソコンスタンドは割とおすすめ




 

『実践テレワーク完全ガイド』で「ノートパソコン猫背問題」を解決する商品が紹介されていました。

その名も、

MOFTのノートパソコンスタンド

じつは、前々からノートパソコンスタンドを欲していました。

メモリ数の高いMacBook Proに乗り換えてから、ファン回転率が引き上がり、夏場は特にファンが大回転。

ファンも、さぞかし大変だったでしょう。

 

そこでファンを抑止するため、デスクとパソコンの間にメガネケースを差し込み、風を送り込んでいました。

しかし、差し込み続けた結果、メガネケースが徐々に潰れることに。

この事態は割と深刻で、パソコンの画面が横に傾きつつありました。

 

ただ、メガネケースをパソコンスタンドとして使う過程で、パソコンスタンドのメリットに気づきました。

キーボードの高さがアップすると、文字を打ちやすくデスクワークがしやすくなるのです。

冷却効果に加え、デスクワークの姿勢改善になる、と。

そこで今回、メガネケーススタンドを脱するため、「MOFT」のノートパソコンスタンドを導入してみました。

 

MOFTとは何もの?

販売元のMOFTとはどんな会社でしょうか。

アメリカに本社を置く企業の「MOFT」は、

Mobile Office for Traveler

の略です。

その名の通り、移動しながら仕事しやすくするプロダクトを開発しているのですね。

 

ノートパソコンスタンドをはじめ、スマホスタンド、モバイル機器のケーブルを束ねる製品を販売しています。

気になる方はこちらから他製品もチェックしてみてください。

 

MOFTのノートパソコンスタンドの使い方

使い方は至ってシンプルです。

 

スタンドをPC裏に貼り付ける

スタンドをパソコン裏側に貼り付けましょう。

フィルムを剥がし、

接着剤をパソコン裏側につけるだけ。

つける位置は、何気に重要です。

中心軸からズレると、ノートパソコンが揺れる原因にもなります。

なるべく中心に貼るよう、意識してみてください。

 

ただし、失敗しても大丈夫。

「着脱可能な接着剤」を用いているので、付け替えられるのです。

 

高さを調整する

組み立てて「高さ」を出しましょう。

スタンドが演出できる高さは2種類。

バリエーション デスクとPCの角度 デスクからPCまでの高さ
高いモード 15° 5 cm
低いモード 25° 8 cm

 

高いモードはこのように折り畳み、

低いモードは次のように変形します。

初めは慣れず、折り畳み方に戸惑うかもしれません。

最初のうちは説明書を片手にチャレンジしてみてください。

 

 

MOFTのノートパソコンスタンドを使ってみた感想

さて、最後になりますが、私的な感想を書いておきます。

 

空気の通りを良くしてくれる

「接着型スタンド」ときくと、接着部に熱がこもりそうですよね?

じつは、接着部に「穴」があいています。

数えてみたところ、何とその数「87」。

この「穴の存在」がゆえ、パソコンの熱は冷めやすいです。

ちなみに、スタンドを装着してからファンは一度も回っておりません。

 

持ち運びが楽ちん

以前、冷却用ファン付きスタンドの導入を考えたことがありました。

しかし、ファン付きスタンドだと、持ち運びが困難と判明。

荷物が増えて疲れそうなので、断念したのです。

 

一方、MOFTのノートパソコンスタンドならば、持ち運びは自由自在。

厚みが3 mm、質量が89 gで、ノートパソコンと共に運べます。

スタンドをつけても愛用中のMacBook Proケースにすっぽり入りますからね。

スタンドを装着したことで「持ち運びやすさ」が変化していないのがすごい!

 

疲れにくい

やはりいいですね、いいです。身体に良いです。

メガネケースを差し込むよりも、キーボードに高さが出て、デスクワークが疲れにくくなりましたね。

「高いモード」で 8 cm、

「低いモード」で 4 cm、デスクからもちあげられます。

よりキーボードを肩に近づけられるでしょう。

 

初めは「メガネケースの高さ」に慣れていたので、低モードを選んでいたのですが、ある時高いバージョンを試したところ、この高さが病みつきに!

ディスプレイが目の高さに近づき、キーボードも肩に近づきます。

肩も首もこらず、クソ、ハッピーです。

 

揺れない

購入前にレビューを読んだところ、

キーボードを叩くと揺れる

という感想があり、心配でした。

 

しかし、実際に使ってみたところ、キーボードを連打してもパソコンは揺れません。

一応「ブロガー」ですので、書き物を生業としており、キーボードは割と叩きます。

MOFTのスタンドを使っても違和感はなく、キーボードを打ち続けられます。

 

「揺れ問題」は「スタンドを貼る位置」に影響さされるのでしょう。

ノートパソコンの中心に近い位置に貼り付ければ、まず揺れません。

セッティング段階で、ノートパソコンの中心にスタンドをはりつけてみてください。

 

それでは!

Lin




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。