フリーランス必見!マネーフォワードで交通費を記録する方法【Suica・PASMO対応】


フリーランスの経理で「交通費」ってめんどくさいよね?

フリーランスは

  • 仕事をする上で使った費用
  • 売上を向上するために使った投資費用

は「経費」になります。

ぶっちゃけ経費の解釈範囲は仕事内容によって異なりますが、どんな職種のフリーランスでも発生する経費があります。

それは、

交通費

ですね。

 

例えば、家から仕事場までに移動するまでの電車の運賃。

例えば、取引先の企業に打ち合わせに行く時のタクシー代。

これらは仕事上に必要な交通費なのでまず経費にできるでしょうね。

 

ただ、そんな経費にしやすい交通費も、少額な取引がちまちま発生するので、正直、

記録するのがめんどくさい費用でもあります。

 

そんなフリーランスの交通費を記録するためにおすすめなのが

Suica・PASMOとマネーフォワードを利用する方法です。

 

 

マネーフォワードで交通費を記録する方法

準備するものは

  1. Suica・PASMO(IC交通カード)
  2. マネーフォワード(有料会員の方が望ましい)
  3. FeliCa対応のスマホ

の3つ。

 

スマホでSuica・PASMOを読み取る

まずはスマートフォンに「ICカードリーダー」というアプリをインストールしましょう。

ICカードリーダー by マネーフォワード

ICカードリーダー by マネーフォワード
開発元:Money Forward, Inc.
posted withアプリーチ

このアプリはマネーフォワードが運営するもので、Suica・PASMOなどのICカードの情報を読み取れるのです。

アプリをインストールした上で、Suica・PASMOをスマートフォンの背面にタッチ。

 

すると、カード情報が読み取られるでしょう。

そこで、矢印マークをタップすると、いくつかメニューが出てきます。

今回はその中から

マネーフォワード ME / マネーフォワード クラウド経費へ送信

を選びましょう。

「CSV形式で送信」を選んでもいいのですが、これだと読み取った直近の取引記録しか読み込まれないので、逐次ICカードを読み取らないといけないので面倒です。

すると、自分のマネーフォワードのアカウントにSuica・PASMOの決済履歴が読み込まれますよ。

 

マネーフォワードで情報をチェックする

あとは、先程送信した情報をマネーフォワードで見てみましょう。

まず「家計」から月ごとの取引の詳細を閲覧。

そして、「交通費の記録を抽出したい月」を選びます。

下にスクロールしていくと、

家計簿データの出力

と言う欄がありませんか?

ここでは

  • CSV
  • EXCEL

のいずれかで取引記録をダウンロードできます。

 

 

どっちでもいいのですが、ぼくはスプレッドシート で開きやすいCSVを選びました。

データの出力は有料会員しかできないみたいです。

 

ダウンロードしたCSVファイルをスプレッドシート にインポートして新しいシートにデータを追加してみてください。

 

 

 

経費になる交通費を記録する

ここまででSuica・PASMOで使ったすべての取引を記録できましたね?

しかしながら、Suica・PASMOでは交通費以外のものも購入できてしまいます。例えば、コンビニ・スーパーでの買い物とかですかね。

交通費以外でもSuica・PASMOを使っている方は決済の履歴が残っていると思います。

 

そこにはSuica・PASMOパスの情報以外の取り引きも記されているので、まず情報をソート。

  • 保有機関名 → PASMO・Suica
  • 大項目 → 交通費

に該当するセルだけ表示します。

その上で、絞った情報を以外を削除しておきます。

うん、これで一月分の交通費シート完成ですね。

 

あとは、仕事に関係した交通費の仕分け。

1つ1つの取引をチェックして、

本当に仕事の移動だったのか?

をジャッジしながら仕事の取引だけを残していきます。

ここはもう、たぶん、アナログでゴリゴリやっていくしかないです笑

スプレッドシートにプライベートのでの移動は含まれないように気を配ります。

 

月ごとに集計する

あとは月ごとに交通費の合計を集計。

僕は取引の記録として、月ごとにシートを分けて記録しています。

そして、月ごとの合計金額をシートごとに算出。

その合計金額をクラウド会計ソフトfreee

〇〇月の交通費

として計上するようにしています。発生日時は当該の月末日でいいので、例えば1月の交通費は1月31日の末尾づけで計上。

交通費の記録はちまちましていて面倒くさいので良かったら試してみてください。

 

それでは!

Lin

 

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる