海外から転入後にマイナンバーカードを復活させる方法




海外から転入したらマイナンバーカードを復活させよう

海外在住「非居住者」の状態から、日本へ転入して「居住者」になる時にやるべきこと。

それは、

マイナンバーカードを復活させること

なぜなら、海外へ転出した際、マイナンバーカードは「返納」という形で効力を失うからです。

実際にどうなるかというと、マイナンバーカードの「備考」に

国外転出により返納

という文字が刻まれます。

海外在住時はこれで良いんですが、日本の居住者に戻ってもマイナンバーカードは使えません。

確定申告ではe-Taxしたいので、マイナンバーカードが死んだままだと困っちゃいますね。

 

がしかし、です。

マイナンバーカードを復活させるのは想像以上に大変でした。

想定では、失効手続きと同じぐらいの手間で、

スタンプを押してもらって、はい復活〜

となるはずでした。

 

しかしながら、事態はさらに複雑だったのです。

転入手続きした役所のマイナンバーカードコーナーで相談したところ、

海外から転入したら新しくマイナンバーカードを作り直さなければならない

と宣告されたのです。

個人番号は変わりませんが、マイナンバーカード自体を新しくする必要があるのです。

 

海外から日本へ戻った直後は、マイナンバーカードはただの「個人番号を書いてあるカード」に成り下がってしまいます。

本来マイナンバーカードが持っている「電子証明書」が使えないのですね。

これではe-Taxできませんし、住民票をコンビニで発行することも叶いません。

 

海外から転入後にマイナンバーカードを復活させる方法

それじゃあ、どうやってマイナンバーカードを復活させるのでしょうか?

それは、ズバリ、

新規発行手順をもう一度やり直す、

です。

僕は相談に行った市役所で「個人番号カード交付申請書」を渡されました。

名前や連絡先、住所などを書く用紙。

ちょっとめんどくさいのは、写真を貼るスペースが用意されていることです。

縦4.5 cm × 横3.5 cm

の証明写真を貼らねばなりません。

どうしても写真を貼るのが嫌な方は、右下のQRコードからオンラインでも申し込めるようです。

 

実は、これ、

マイナンバーカードを新規発行で提出した書類の1つ。

 

マイナンバーカード 作り方

 

書類に必要事項を記入し、マイナンバー発行している「地方公共団体情報システム」へ封筒で送らなければなりません。

不幸中の幸いなのは、マイナンバーカード再発行に手数料はかからないということ。

申請書を送る郵送費もかかりません。

 

つまり、まあ、

一度海外に転出したら、マイナンバーカードを作り直せ

ということですね。

マイナンバーカードの返納は一瞬でしたが、復活させるのはこんなに手間がかかるとは思いませんでした。

マイナンバーの「復活」というか、一度カードは死んでしまったので、「生み直す」と言ったほうが近いかもしれません。

残念ながら、この「生み直す」手続きには、書類提出から

2~3ヶ月

かかるようです笑

昨今、コロナ給付金の関係で、マイナンバーカードを発行する方が増え、オペレーションがアップアップしているのでしょう。

以前は1ヶ月で発行できたマイナンバーカード だったのですが・・・

このような事情から、海外から転入直後はマイナンバーカードは使えないのでご注意下さいませ。

 

それでは!

Lin

 

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。