ニュースアプリ疲れしてない?不安を煽る系ニュースを除外する方法


ニュースアプリ疲れだと・・・?

昨今、ニュースアプリがたくさんリリースされて、新しい情報を取得するコストがかからなくなってきましたね。

ニュースアプリの登場前ならば、月額高いお金を払って紙の新聞を購読していた時代もありますから、明らかに時代が変化してきていると言えましょう。

 

しかしながら、僕自身、この無料ニュースアプリを使いすぎて、

ニュースアプリ疲れ

を起こしてしまったのです。

ニュースアプリでは、

大衆が好むニュース

もしくは

思わず読まずにはいられないネタ

などが取り上げられるやすく、おそらく、読者がよく読むのをアルゴリズム的にピックアップして上位に表示しているからだと思います。

アルゴリズムが精緻であればあるほど、自然と「大衆よりの情報」が増えていきます。

 

特に多いのが、

  • 不安を煽る系
  • 噂話

のようなコンテンツ。

これらのコンテンツは人間の本能に訴えかけるものなので、確かに思わず読んでしまいますが

本当に自分が必要な情報なのか?

と問うてみると、即刻うなずけない人が多いんじゃないですかね。

 

特に、僕は「不安を煽る系のニュース」が嫌い、というか嫌で、例えば

  • 殺人事件
  • 交通事故
  • ミサイル発射

など、人間の防衛本能を揺さぶってくる、生命の危機を煽るようなニュースが多くて、ニュースアプリに正直辟易していました。

これまでなるべく「不安を煽る系のニュース」が少ない

  • Newspicks
  • はてなブックマーク

などを使っていましたが、やはり完全には排除できない。

だって、それが僕らの本能が欲する情報なので、ニュースアプリもダウンロード数を増やすために、これらの情報に頼らざるを得ません。

そこで、これらのニュースアプリを一旦削除し、情報取得の方法を変えてみました。

 

 

不安を煽る系ニュースを除外する方法

「不安を煽る系のニュース」を除外するため、次の2つのツールを活用し始めました。

 

Google アラート

ニュースアプリを削除すると、「不安を煽る系のニュース」に触れなくなりますが、

自分に関係のある重要な情報

も取り逃がす場合もあります。

僕自身、ニュースアプリ経由で重要情報をキャッチして何度か救われた時もありました。

そのような自分に関連性のある重要な情報をとり逃さないようにするため、

Googleアラート

を使うようにしました。

これは言ってしまえば、

特定のキーワードに関連した最新情報を毎日メールで送ってくれるサービス

ですね。

しかも、Googleアラートはキーワードを登録し放題。

 

例えば、「確定申告」を登録すれば「確定申告に関するニュース」を毎日メールで届けてくるのです。

ブロガーならば「SEO」、「アフィリエイト」を登録、ホリエモンのファンなら「ホリエモン」をキーワード登録しておけばいいのですね。

このGoogleアラートを使えば、関心がある最新情報をキャッチアップできて、大衆化されていないニュースアプリを自分で構築できます。

 

使い方も簡単。

キーワードを登録しておけば

Google アラート – + キーワード

という件名のメールが届くので、そのメールをフィルターで分ければいいですね。

 

 

例えば、「ニュース」というラベルのフィルターに入れるようにしておけば、ニュースラベルをクリックするだけで、Googleアラートから届くニュースに素早く目を通せちゃいます。

 

日経新聞電子版

しかしながら、Googleアラートだけだと、

「今自分が興味を持っていること」の最新情報しか追わなくなります。

これでは視野狭窄状態に陥り、最新の政治・経済ニュースなども知らずに毎日を過ごしてしまいます。

そこでおすすめなのが、

日経新聞の電子版の購読

です。

月額4,277円かかりますが、このサービスに登録して「日本経済新聞 紙面ビューアー」アプリを使えば、

紙の新聞のようにスマホ上で日経新聞を読めちゃいます。

日本経済新聞 紙面ビューアー

日本経済新聞 紙面ビューアー
posted withアプリーチ

いちいち紙の新聞を読む必要がないにもかかわらず、経済・政治。国際ニュースをまんべんなくキャッチアップできます。

そして、嬉しいのが

日経新聞は不安を煽る系、ゴシップのニュースが圧倒的に少ない!笑

これらが掲載される社会面は、新聞の最後に1ページのみ。気になる人は見てもいいですし、邪魔ならさっとスキップすればいいです。

しかも、この電子版のサービスに登録すれば朝刊だけではなく夕刊も楽しめるのでおすすめ。

 

僕は日経新聞の回し者じゃありませんが、

無料のニュースが増えるこの時代に、有料の情報に触れること

は改めて大事だと感じています。

日経新聞電子版を購読してから、うざったい「不安を煽る系のニュース」や「嫉妬心を煽るゴシップニュース」に接触しなくなり、心が乱れなくなりました。

 

あと個人的に好きなのが広告ですね。

紙の新聞をビューアーアプリで閲覧していると、1面を大きく使った視覚的な広告表現に出くわします。

えげつないウェブ広告になれた僕の目にとって、新聞広告の表現はフレッシュで新しい刺激をもらっています。

 

 

情報取得方法を見直してみよう

っていう感じで、このニュース取得方法は日経新聞の月額4280円かかってしまいますが、おすすめ。

ニュースアプリを使っていた時と比べて消耗しなくなりました。

確か高城剛さんが「ヤバいぜっ! デジタル日本ハイブリッド・スタイルのススメ」のなかで

ひとつめのいわゆるメディアから莫大な情報が入ってくるのをある程度制限し、ふたつめの自身の身体を可能な限りシェイプアップすると、不思議なことに、勘のようなものが冴え渡る。

 

高城剛. ヤバいぜっ! デジタル日本ハイブリッド・スタイルのススメ (Japanese Edition) (Kindle の位置No.1695-1697). Kindle 版.

と言っていて、人が受けられる情報量にも上限があるので精査することをおすすめしていました。

一度ニュースアプリ経由で浴びている情報の流れをせき止め、

これは本当に必要なのか?

と立ち止まって考えてみることは意外に大事かもしれません。

僕と同じようにニュースアプリに疲れてしまった方はよかったら試してみてくださいね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる