申告所得税の納付書の使い方【入手方法から支払いまで】




 

確定申告が終わったら「気の重いイベント」が待っています。

それは所得税の支払いですね。

国税庁ページによると、次のような支払い方法があります。

  • ダイレクト納付
  • インターネットバンキング
  • クレジットカード
  • コンビニ
  • 振替納税
  • 窓口納付

シンプルで原始的なのが最後の

窓口納付

です。

これなら「現金」と「納付書」があれば払えるので、最後の手段として使いたい納税方法です。

ぼく自身、今回は郵送で確定申告書類を提出したので、申告納付書で所得税を支払ってみました。

 

どこで申告所得税の納付書を入手できる?

申告所得税の納付書を入手しましょう。

ここでいう「申告所得税の納付書」とは次のような代物。

 

納付書はどこでゲットできるのでしょうか??

こちらの国税庁のページによると、

金融機関の窓口で納付する場合には、事前に納付書をご用意してください。

納付書(一般用)は金融機関の窓口にも備え付けておりますが、金融機関等においては在庫がない場合等がありますので、その場合は所轄税務署へご連絡ください。

なお、コンビニエンスストアでの納付に使用するバーコード付納付書もご利用できます。

とのこと。

つまり、銀行でもいいですし、なかったら所轄の税務署に行けばもらえるのです。

 

また、開業届を出している方に朗報です。

確定申告シーズンに届けられるあの「確定申告セットの封筒」にも入っています。

封筒の中に入っている申告書はすこぶる便利です。

なんせ、

  • 住所
  • 氏名
  • 税務署名

などがあらかじめ記載されていますから。

確定申告セットの納付書は捨てないようにしましょう。

 

申告所得税の納付書の書き方

書き方はこちらの国税庁の資料をご覧ください。

 

期限内に納める方は

  • 本納
  • 合計金額

を記入するだけでオッケーです。

ただし、「¥の位置」に注意。

こちらの公式資料によれば、「合計金額」の前は¥をつけますが、本納は¥をつけないルールになっています。

 

申告所得税納付書で納税する

近所の銀行で所得税を支払ってきました。

ATMで所得税の現金をおろし、いざ窓口へGO。

 

「所得税を納付したいんですが・・・・」

と切り出し、納付書をチラつかせると

「あ、わかりました。こちらの用紙にも記入してもらえますか」

と、金融機関専用の税金振込表を渡されました。

 

ここでは、

  • 名前
  • 電話番号
  • 納付額

を記入するように言われましたね。

 

記入が終わったら、

  • 申告所得税の納付書
  • 金融機関専用の税金振込票
  • 現金

を窓口に持参して支払います。

窓口のお姉さんは札束をカウントしてくれて、さらに納税金額から引いたおつりも出してくれました。

なお、支払い時に身分確認、および印鑑は必要ありません。

複写式になっているので、下の控えを領収書代わりにもらって終了です。

 

納付書を入手する以外は準備が必要ないので、いざという時に使える所得税の納付手段です。

開業届を出している方は納付書を保管しておきましょう。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。