カラオケ個室で堂々と仕事できる!おしごとパセラを使ってみた




カラオケの個室は超テレワーク向け

カラオケのパセラに新サービスが誕生したようです。

その名も「おしごとパセラ」。

これは

カラオケの個室を「仕事利用」という名目で存分に借りられるサービスですね。

 

僕自身、カラオケルームを仕事・勉強用途で使うことがたびたびありました。

ただ、世間一般的にカラオケルームを仕事で使う文化が定着しておらず、一応「ひとりカラオケをする」という名目でカラオケに入店していたのです。

それがカラオケのパセラでは、とうとう、

仕事利用でカラオケルームを使えるようになったのですね。

 

おしごとパセラを使ってみた感想

先日、試しに「おしごとパセラ」を試してきましたので、その感想を書いておきます。

 

個室を格安に長時間利用できる

「おしごパセラ」の最大の魅力はずばり、

長時間1つの個室を使わせてもらえること。

おしごとパセラで入店すると、カラオケとは別の料金システムで部屋を使えます。

おしごとパセラの料金システムは全店舗統一されており、

  • 1時間 500円
  • 2時間 1000円
  • 3時間 1500円
  • 延長 10分100円

となっています(税込価格)。

 

そして、ありがたい事に、おしごとパセラには1日の上限金額が定められていて、

1日あたり2000円(税込)。

 

例えば、パセラの銀座店で1日MAXで利用した場合、

12:00~23:00

の11時間ぶっ通しでカラオケの部屋を2000円(税込)で借りられるのです。

1つの個室をこんなに長時間お得に借りられるサービスは他にないんじゃないっすかね。

歌わない分だけカラオケ名目で入店するより、料金が安い点は革命的だと思います。

 

フリードリンクあり

そして、このおしごとパセラでもフリードリンクを楽しめます。

1時間に1杯無料になっていて、ドリンクのラインナップはカラオケで飲めるものと同じ。

種類が豊富でまず飽きないでしょう。

ホットからコールド系までありとあらゆるドリンクが勢揃いしていて、外部からドリンクを持ち込む必要すらありません。

 

うるさくない

カラオケで仕事する時にネックだったのが、周囲の騒音。

ノイズと言ったら失礼かもしれませんが、他の利用者の歌声が正直耳障りで確実にストレスになってました。

しかし、おしごとパセラならばそういった周囲の騒音の心配はご無用。

なぜなら、仕事利用とカラオケ利用のゾーンを分離してくれているからですね。

これぞ分煙ならぬ分カラ。

パセラ側の配慮から、仕事中に隣の歌声が聞こえてくるなんてことはまずありえません。

 

ただ、その関係上、仕事目的で入店したらカラオケはできないことになっています。(カラオケマシーンはあるんですけどね)

ただ、このようにカラオケが禁止されている状態で入店できるので、仕事目的で入ったけど、結局カラオケ、なんてことはまず起こりえません。

 

机の高さを変えられる

それからカラオケで仕事する時にネックだったのが、机の高さでした。

カラオケルームの机は広いものの、デスクワークを想定していないので、低いデスクが多い印象でした。

しかし、パセラならばデスクの高さを調整できるようになっています。

足元のペダルを踏んだ状態で机を持ち上げると、高さを自分で調整できるでしょう。

 

電源とWi-Fiもある

そして、電源とWi-Fiももちろん完備されています。

Wi-Fiは各フロアに飛んでいますし、延長コードがデフォルトで標準装備。

カラオケルームの隅から隅まで電源を確保できます。

 

ワンコインランチもある

また、個室にこもっていると腹が減って失速することもあるでしょう。

そんな時もご安心ください。

なんと、おしごとパセラでは「ワンコインランチ」が用意されています。

税込み500円で食べられるランチで、食糧調達にはまず困らないでしょうね。

 

最強の貸出

おしごとパセラでは、仕事に必要なものを随時レンタルできます。

そして、その守備範囲がおそろしいほど広く、

  • Bluetooth対応のスピーカー
  • 低反発のクッション
  • ホワイトボード
  • アイマスク
  • 耳栓

などまで超勢揃い。

さすがパセラです。

 

BGMは調節可能

カラオケルーム内にはデフォルトではBGMがかかっています。

おそらく周囲のカラオケから聞こえてくるノイズを軽減するためにかけてると思うんですが、バリ風の絵癒し系のミュージックがデフォルト。

ただし、このBGMは自分で調節可能です。

音量を下げたり、むしろ電源を切ってBGMをなくしたり、またお気に入りの部屋でかけたりすることだってできるんです。

カラオケルームの一室を仕事利用でレンタルしちゃってるのですからね。

音をちょっとぐらい出してもびくともしません。

 

マスクを外せる

カラオケのパセラでは新型コロナウイルスの対策が徹底されていて、マスクの着用が義務付けられています。

しかし、1人室内で作業する場合、室内ではマスクを外して良いようです。

例えば、カフェやオープン型コワーキングスペースではマスク着用したまま仕事しなければなりませんから「マスクによる息苦しさ」を感じず仕事できるのは魅力ですね。

 

途中退室しにくい

ただし、途中退室はしにくいです。

途中退室は基本的に禁じられていて、超短時間外に出るのは許されていますが、ある程度の時間をお店から離れるなら1度チェックアウトする必要があるようです。

そのため、昼飯を食べに行ったりなどはできませんね。

通話などで一時的に外に出るのは良いみたいですが。

 

スペースが広い

それにしても、パセラのカラオケルームは広いですね。

元々はカラオケルームなので、複数に利用を想定しているので1人で作業するには広すぎます。最高です。

また、複数人で利用しても全く問題なく、ミーティングなどもカラオケルームで十分にできるでしょう。

 

dropinを使うと無料で使える

この素晴らしいコワーキングスペースが、現在キャンペーン中で無料で使える道があるようです。

それは、dropinというアプリを駆使する方法。

dropinを使うと、無料で使えるキャンペーンを2020年9月末まで行っているようです。

しかも、おしごとパセラだけではなく、他のパセラのコワークの店舗まで無料で使えるキャンペーン中。

僕は残念ながらAndroidユーザーだったのでdropinを使えませんでしたが、iPhoneユーザーならば試してみましょう。

 

ディスプレイの映像も良い

カラオケルームにはディスプレイが備わってますよね?

パセラ以外のカラオケ店でちょっと煩わしかったのがディスプレイから流れてくるノイズ。

アーティスト紹介のMVなどが継続的に流れているので、それらをいちいちオフにして無音にし、視界に入ってこないようにする手間が入店ごとに生じていました。

一方、パセラならばそういった手間は不要。

ディスプレイには「水中の映像」が常時流れていて、まるで自分が水深数十mの秘境で作業しているような感覚になり、不思議と集中できました。

また、このディスプレイはHDMIケーブルを駆使すればデュアルディスプレイとしても活用できるようです。

 

 

おしごとパセラなら堂々とカラオケで仕事できる

以上、おしごとパセラを使ってみた感想でした。

カラオケで仕事するのは「個室を確保できる」という点で重宝していましたが、

1人カラオケという名目で入店するのが少し億劫でした。

入店後は基本的に仕事して、息抜きで歌ってきました。

 

おしごとパセラの登場によって、

堂々とカラオケで仕事できるようになった

のはありがたいです。

昨今、コロナウイルスの影響で、作業場所を自分で確保しなければならなくなった方も多いでしょう。

「家では仕事に集中できない」

という方は、おしごとパセラはオススメです。

完全個室で誰にも邪魔されず、1日中仕事できますからね。

独り言を呟いても白目で見られませんし、スクワットもできますよ。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。