【Kindle出版】Pagesで作成した縦書きのEPUBが横書きになる時の対処法




Pagesの縦書き文書がKindleでは縦書きにならねえ

Macで標準装備のテキスト文章作成ツールのPagesはなかなかすごいです。

電子書籍をEPUBで作れることはもちろん、「縦書き」にもできますからね。

 

これまで「横書き」の書籍を作ってきましたが、心機一転、「縦書き」にも挑戦してみました。

しかし、Pagesで作った縦書きファイルは、Kindle側で読み込むと横書きなる現象が発生!

 

具体的にいうと、こうです。

Pages、iBooksなどAppleのアプリケーションでみると「縦書き」。

Kindle側のKindle Previewer 3でチェックすると「横書き」になってしまうのです。

しかも、ページをめくる方向だけは、縦書きの方向ではありませんか。

これではニッチもサッチもいきません。

 

 

Pagesの縦書きEPUBをKindleでも縦書きにする方法

これでは、せっかく作った縦書きファイルが、出版すると横書きになるではありませんか。

そこで調べてみたところ、こちらの神記事を発見。

Life Log
%page_title%
https://sinnosuke.net/kdp-tategaki/
キンドル・ダイレクト・パブリッシング(KDP)で「右から左(縦書き)」を選択したのに縦書きにならない! この現象が解決したので、同じように困っている方がいると思って解決策を記事にしておきます! 特に僕の場合は漫画ではなく、ハウツー本だったので縦書きで出版したかったのですが、どうやら普通にやっても縦書きが反映されないようです。 縦書き出版するまでの流れをまとめると下記の通りです。 今回の作業のまとめ pagesで作った書籍をepubで書き出す epubファイルをThe unarchiverで開く book.cssに縦書きにするコードを追加する...

 

どうやら、次の5つの方法を実践すれば、Kindleでも縦書き表示できるようです。

  1. pagesで作った書籍をepubで書き出す
  2. epubファイルをThe unarchiverで開く
  3. book.cssに縦書きにするコードを追加する
  4. コードを書き換えたファイルをzipに圧縮する
  5. zipの拡張子をepubに変換
  6. 完成したファイルをKDPにアップロードする

実際にやってみたところ、僕も縦書き化に成功。

詳しいやり方を動画にしてみたので参考にどうぞ。

 

簡単にいうと、EPUBを分解した後、その中のCSSファイル(book.css)に

という3行を追加し、上書き保存。

それをzip圧縮して、拡張子を.zipからEPUBの.epubに変更すればいいのです。

EPUBを分解する時に使うのが「The unarchiver」というソフトなのですね。

Macユーザーならば無料で使えるのでご安心ください。

 

EPUBファイルの奥深さに気づく

EPUBファイルを完全ブラックボックスで取り扱ってきましたが、中身がこのような様だとは・・・・!

縦書き対応に限らず、

EPUBの中身をこじ開けて編集する技」は知っておくに越したことはありません。

 

それではなぜ、このようにEPUBの中身が編集できてしまったのでしょうか?

どうやら、EPUBそのものが、もともとzipファイルのようです。

 

 

EPUBの中には、

  • XHTML
  • CSS
  • XML
  • JavaScript

などが詰まっています。

それをzip形式で圧縮してまとめ、最後に拡張子を.zipから.epubに変えたものなのです。

 

「The unarchiver」でもともとzipファイルのEPUBを解凍すると、zip圧縮前の「真の姿」が現れます。

その状態で中身を編集し、最後にまたzipで圧縮。

拡張子を.epubに戻せば、何事もなかったかのように「EPUBの中身」を編集できるのですね。

縦書きの書籍が横書きになってしまう方はぜひお試しあれ。

 

それでは!

Lin




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。